プジョー 508SW (ワゴン) 2011年07月~モデルの買取・査定相場

プジョー 508SW (ワゴン)
プジョーは407SWの後継モデルとして508SWを投入し、日本では2011年7月に発売。ボディサイズは従来の407SWに比べるとひと回り大きく、全長が40mm、全幅が15mm、ホイールベースは90mmも拡大されたものの、重量は70kgもの軽量化が図られた。外観はプジョーデザインの新しい方向性を示すものとされ、塊感のある面構成、疾走感を感じさせるロングノーズ、小さめのグリルが浮き上がって見えるフローティンググリルなどが特徴となった。ボディサイドはクロームで縁取りされたウインドーグラフィックが印象的で、セダンとワゴンを明確に分けている。508SWパノラミックガラスルーフが標準で装備されている。ボディサイズの拡大に伴って室内空間も拡大され、特に後席のニースペースが広くなった。搭載エンジンはダウンサイジングが図られ、407SWがV型6気筒3.0リッターと直列4気筒2.2リッターの2機種だったのに対し、508SWでは直列4気筒1.6リッターの直噴ツインターボ仕様のみの設定となった。動力性能は115kW(156ps)/240N・mを発生し、フラットなトルクによって余裕のパフォーマンスを発揮する。トランスミッションは改良された電子制御式の6速ATが組み合わされる。プジョー初の装備として、ステアリングスイッチや4ゾーン独立温度調整式オートエアコン、スマートキーなどが全車に標準装備された。HDDナビゲーションも全車に標準だ。安全装備は最新世代のESP8.1を始め、インテリジェント・トラクションコントロール、ヒルスタートアシスタンス、パックソナー、6つのSRSエアバッグ、5名分の3点式シートベルト、4名分のフォースリミッター付きシートベルトなどが装備されている。グレードはアリュールとグリフの2グレードで、アリュールにはファブリックシート、16インチタイヤ、ハロゲンヘッドライトなどが標準。上級グレードのグリフにはレザーシート、17インチタイヤ、キセノンディレクショナルヘッドライト、カラー・ヘッドアップディスプレー、フロントソナー、スーパードアロック、エレクトリックテールゲートなどが標準となる。ほかにSW専用の装備として、スーパーティンテッドガラス、ルーフレール、トノカバー、ラゲッジネットなどが設定されている。2013年7月1日に車両価格の改定を行い、アリュールは3,940,000円から3,970,000円に、グリフは4,370,000円から4,400,000円に改定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
プジョー 508SW (ワゴン)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

プジョー 508SW (ワゴン) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

プジョー 508SW (ワゴン)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP