プジョー 308CC (カブリオレ) 2013年05月~モデルの買取・査定相場

プジョー 308CC (カブリオレ)
プジョーの主力モデルのひとつ308シリーズは、2008年5月に307からのフルモデルチェンジで登場した。デビューした当初は5ドアと3ドアのハッチバック車(別掲)のみだったが、2009年5月にはクーペとカブリオレのボディを自在に楽しめるフル4シーターの308CCを追加した。Aピラーの傾斜をさらに強めた外観デザインはいかにもスタイリッシュなクーペといった印象で、電動式のスチールルーフはわずか20秒ほどでカブリオレに変身させられる。従来の307SWに比べて全長と全幅を拡大しながら全高を抑えたワイド&ローの新しいプロポーションだ。インテリアはシートだけをレザーにしたレザー仕様と、ドアの内張りやダッシュボードまでレザーにしたインテグラルレザー仕様の2種類がある。前後席には専用にデザインされたスポーツシートが配置され、前席は8ウェイの電動式で後席へのイージーアクセス機能も備えている。オープン走行時に首の周囲を温めるネックウォーマーなど、CCならではの装備も用意される。搭載エンジンはプジョーとBMWが共同開発した直列4気筒1.6リッターのDOHCターボで、103kW(140ps)/240N・mのパワー&トルクを発生し、4速ATと組み合わされる。安全装備は横滑り防止装置のESPや全席の3点式シートベルト、運転席ニーエアバッグを含めた7つのSRSエアバッグが標準となるなど充実した仕様が用意されている。デビュー時点では308CCプレミアムと308CCグリフの2グレードの設定だった。2010年3月には搭載エンジンを115kW(156ps)仕様に変更した上で、電子制御6速ATと組み合わせた。2011年7月のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更するともに、308CCグリフをレザー仕様とインテグラルレザー仕様の2種類とした上で、ファブリックシートで低価格の308CCプレミアムを設定した。2012年6月にはプジョーがオフィシャルスポンサーとなっている全仏オープンテニスの開催に合わせて、ライトグレーのレザーシートなど特別仕様が施された限定車「ローランギャロス」を発売した。この「ローランギャロス」は2013年5月にも30台限定で発売された。2013年7月1日に車両価格の改定を行い、グリフは4,200,000円から4,250,000円に改定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
プジョー 308CC (カブリオレ)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

プジョー 308CC (カブリオレ) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

プジョー 308CC (カブリオレ)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP