三菱 eKスペース 2020年03月~モデルの買取・査定相場

三菱 eKスペース
三菱自動車は、軽スーパーハイトワゴンの「eKスペース」を2020年2月6日にフルモデルチェンジ、同年3月19日に販売を開始した。eKスペースは三菱と日産の合弁会社「NMKV」が企画・開発を行い、昨年デビューした「eKワゴン/eKクロス」に続く、新世代軽乗用車の第2弾。フロントフェイスにはボディ同色のグリルを採用して親しみやすい表情とし、ヘッドライトからボディサイドへと連続するキャラクターラインを採用した。ターボエンジン搭載車ではグリルをブラックとして力強さとスポーティさを演出。ボディカラーは全9色として6通りのモノトーン、3通りのツートーンカラーを用意している。インテリアはライトウォームグレーを基調とし、リラックスして過ごせる空間を追求。シンプルな柄で明るい配色を施すことでスペースの広さを強調した。また、先代に対してホイールベースを65mm延長、後席スライド量をクラストップの320mmを確保して後席足元のスペースを大幅に拡大した。メーカーオプションの前席セパレートシートを設定することで前後シート間の移動がスムーズに行える。スライド式のリヤドアは開口部を拡大、スライドドア下にセンサーを設けて足先を抜き差しすると、自動で開閉するハンズフリーオートスライドドアが設定された。ラゲッジルームは床面長を従来モデルよりも拡大しており、後席スライドを最前端の状態にすると、48Lのスーツケースを4つ積むことが可能。装備では室内の空気を循環させるリヤサーキュレーター(プラズマクラスター付き)を設定して、後席の快適性に配慮した。パワーユニットは自然吸気のNA(最高出力38kW/6400rpm、最大トルク60Nm/3600rpm)と、ターボエンジン(最高出力47kW/5600rpm、最大トルク100Nm/2400~4000rpm)を設定。全車CVTが組み合わされ、ターボ車にはパドルシフトを装着する。加速時にモーターでエンジンをアシストするハイブリッド機構は全車に採用されている。予防安全技術「三菱e-Assist」は全車に標準装備。このe-Assistには新たに自車からは見えない前方の状況変化を察知する「前方衝突予測警報(PFCW)」、「ふらつき警報(DAA)」、「標識検知(TSR)」、「先行車発進通知(LCDN)」の4つの機能が追加されている。さらに「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」、「車線維持支援機構(LKA)」を備えた、高速道路での同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」を設定。さらに先行車にハイビームを照射しないよう、自動で照射範囲を制限する「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」がオプションで用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 eKスペースの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 eKスペース 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 eKスペースを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP