三菱 eKスペース 2015年04月~モデルの買取・査定相場

三菱 eKスペース
三菱自動車は新型軽自動車のekスペースを2014年2月13日に発表・発売した。これは日産との合弁会社であるNMKVで企画開発を進めた新型車で、先のekワゴン/ekカスタムに次ぐ第二弾のモデルとなる。外観デザインについてはすでに昨年10月の段階で公開され、11月の東京モーターショーに参考出品されていた。ほかにekスペースカスタムの設定があるため、ekスペースのデザインはややおとなしめの印象。三菱マークを中央に配して左右に広がるフロントグリルから、ヘッドランプを経てボディサイドまで流れるようなデザインが採用されている。フロントからリヤとつながる大きなガラスエリアは、見るからにスペースの広さを感じさせるをものだ。インテリアはインパネからドアトリムにかけてラウンドしたパッド風の形状が乗員を包み込むようなイメージ。タッチパネル式のオートエアコン(Eを除く)やピアノブラック調のセンターパネルなどが質感を表現している。前後のシートは撥水加工を施したものとされており、後席の格納によってかさばる荷物も用意に搭載できる。また豊富な収納スペースを持つなど、使い勝手に優れるのも特徴だ。スーパーハイト系の車両レイアウトは、室内長や室内高でクラストップの数値を得て、軽自動車最大級の室内空間を作っている。またリヤシートもクラス最大の260mmのロングスライドを実現するなど、使い勝手に配慮した設計だ。搭載エンジンは直列3気筒660ccの自然吸気仕様で、36kW(49ps)/59N・mの動力性能を発生し、全車が副変速機付きのCVTのINVECS-IIIと組み合わされる。さらに速度が時速13kmまで低下するとエンジンが停止するアイドリングストップ機構やバッテリーアシストシステムが搭載され、燃費性能を高めている。装備はワンタッチ電動スライドドア、99%UVカットガラス、リヤサーキュレーター、ロール式サンシェード、アラウンドビューモニター、横滑り防止装置のASC、ヒルスタートアシストなどがグレードに応じて標準またはオプション設定されている。同年12月4日には、前方車両への衝突を回避または衝突被害を軽減する低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)と誤発進抑制機能を採用した先進の予防安全技術「e-Assist」搭載車を全グレードに追加設定した。2015年4月23日には一部改良を施し、燃費を改善して全車をエコカー減税対象車としたほか、ボディカラーに「2トーンスタイル」を2色設定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
三菱 eKスペースの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

三菱 eKスペース 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

三菱 eKスペースを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP