ミニ 2015年11月~モデル(MINI Clubman )の買取・査定相場

ミニ MINI Clubman
BMWはミニの新型車であるクラブマンを2015年11月7日に発売した。新型クラブマンは従来のミニとは一線を画すモデルで、従来のモデルがスモールクラスに位置するのに対し、ひと回り大きなコンパクトクラスに位置するクルマである。ボディサイズは4270mm×1800mm×1470mmで、ホイールベースも2670mmと、いずれもミニの3ドアや5ドアに比べてひと回り大きい。従来のモデルとの比較でも全長が290mm、全幅が115mm大きくなっている。外観デザインはミニのアイコンともいえる丸型のヘッドライトや六角形のフロントグリルを採用してミニらしさを表現した。同時に、横型のテールランプなど、全幅が拡大したことによるゆとりを表現したデザインが採用され、随所にクロームメッキを配することで質感を高めている。ボディタイプは従来のクラブマンが左右に1:2ドアを配置した非対称のボディとしていたが、今回のモデルでは左右に2枚ずつのドアを配置した上で、従来のモデルと同様に後部に観音開きのドアを設けている。インテリアは円をモチーフにしたミニらしいデザインを採用するとともに、メッキリングなどによって質感を高めている。ボディやホイールベースの拡大で、後席には余裕の空間が確保されている。搭載エンジンは2機種。クーパーに搭載されるのは直列3気筒1.5リッターのDOHCターボ仕様で、100kW(136ps)/220N・mを発生し、電子制御6速ATと組み合わされる。クーパーSには直列4気筒2.0リッターのDOHCターボ仕様が搭載され、141kW(192ps)/280N・mを発生して電子制御8速ATと組み合わされる。ミニとしては初の8速ATだ。全車にスタート・ストップ機能が採用されて低燃費を実現し、両モデルともエコカー減税の適用が受けられる。快適装備はカーナビやETC車載器付き自動防眩ルームミラー、2ゾーンフルオートエアコン、17インチアロイホイールなど、充実した仕様が用意される。両手がふさがっているときに軽く足を差し出すだけでリヤのスプリットドアがひとつずつ開く、イージーオープナー機能も備えている。安全装備に関しても、先進の安全装備の前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、ヘッドアップ・ディスプレイ、パーキング・アシストなどが採用されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ミニ MINI Clubmanの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ミニ MINI Clubman 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ミニ MINI Clubmanを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP