メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ 2018年01月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ
メルセデス・ベンツ日本は、新型「Eクラスカブリオレ」を2018年1月19日に発表、納車は同年3月頃を予定している。セダン、ステーションワゴン、クーペに続く第4のボディを纏った4シーターオープンモデル。新型「Eクラスカブリオレ」のエクステリアは、ソフトトップを閉じている状態ではメルセデス伝統のクーペのようなスタイリングを、オープン時にはカブリオレならではの伸びやかなプロポーションがアピールポイントだ。採用されるアコースティックソフトトップは3層構造のアウターそれぞれに遮音性や耐候性にすぐれた素材を採用する。開閉はおよそ20秒で走行中(約50㎞/hまで)の開閉も可能となっている。オープンドライブ時には、ウインドディフレクターとドラフトストップから構成される「エアキャップ」が空気の流れを上方に跳ね上げるとともに、後方からの風の巻き込みを低減。また、前席には温風で首元を暖める「エアスカーフ」を装備する。これにより寒冷時でも快適なオープンドライブが楽しめる。先代に対してボディは大型化されており、居住空間についても後席レッグスペースを44mm、後席ショルダールームについても14mm拡大。インテリアは落ち着きのあるブラック、ディープホワイト/ブラック、クラシックレッド/ブラック、マキアートベージュ/エスプレッソブラウン、マキアートベージュ/ヨットブルーといった多彩な内装色が設定されている。装備はEクラスに準じており、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを設定。ステアリングにはタッチコントロール機能が備わり、ドライバーはインフォテイメントの各機能の操作やシフトレバーなど、アクセルとブレーキ以外のほとんどの操作をステアリングから手を離すことなく操作することが可能だ。インテリジェントドライブ機能についても高速走行中にドライバーがウインカーを点滅させると自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、走行中にドライバーが気を失うなどの万一の場合に自動で車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を搭載する。バリエーションについては2.0リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力135kW/最大トルク300Nm)を搭載した「E200カブリオレ」と「E200カブリオレスポーツ」、3.0リッターV6直噴ツインターボエンジン(最高出力245kW/最大トルク480Nm)を搭載した「E400 4マチック カブリオレスポーツ」を設定。組み合わされるトランスミッションは全車9速ATの「9Gトロニック」となる。ステアリング位置はE200系が右、E400が左となる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP