メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2010年08月~モデルの買取相場・査定価格

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン
Cクラスはメルセデス・ベンツの中核モデルで、190から数えて4代目のモデルが2007年6月に発売された。快適性をベースに俊敏性を新しい魅力とするのが特徴で、外観はアバンギャルド系とエレガンス系とでフロントデザインが異なり、タイヤサイズなどシャシー系にも違いがある。搭載エンジンは4機種で、C200系とC250が直列4気筒1.8リッターのDOHC+直噴ターボ仕様で、C300にはV型6気筒3.0リッター、C63 AMGにはV型8気筒6.3リッターの自然吸気DOHCエンジンが搭載される。直噴ターボ仕様のエンジン搭載車にはCGIブルーエフィシェンシーというグレード名が付けられる。1.8リッターエンジンには5速ATが、ほかのエンジンには7速ATが組み合わされる。駆動方式はFRのみ。安全性の高さは大きな特徴で、プロセーフと呼ぶ統合的な安全思想が取り入れられた。HDDカーナビを含んだマルチディスプレイが標準となり、コマンドコントローラーで操作する。C63 AMGは2007年10月に、C250CGIは2009年8月に、C200CGIは2010年2月に1.8リッターのスーパーチャージャー仕様に代えて設定されたモデルだ。当初のセダンに加え2008年4月にステーションワゴンが追加され、2008年7月には仕様の一部を変更するとともに、安全装備を中心に装備の充実化が図られた。2009年8月には前述の直噴エンジン搭載のほか装備の拡充、バリエーションの整理などを行った。2010年8月にはエントリーモデルとしてC200CGIブルーエフィシェンシー・ライトを設定した。また主要モデルにLEDドライビングライトをオプションまたは標準で採用した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴンを一括査定した人のクチコミ・評判

買取カービューの愛車無料一括査定サービスで実際にCクラス ステーションワゴンの買取価格を比較したユーザーのクチコミ・評判です。
見積もり社数と査定比較で得した金額をチェックしましょう!

PICK UP
愛知県 60代男性
査定時期2015年2月
最高売却額
137.5万円
見積り数
6 社:最大7.5万円
査定満足度
5.0
グレード
C200 CGI ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン エレガンス_RHD(AT_1.8)
年式
30,001~35,000
走行距離
2010年/平成22年km
ユーザーコメント

新車の下取りとは、30万円以上の差があったので。

クチコミをもっと見る
Cクラス ステーションワゴンを一括査定すると 29.4万円差が出る!

秘訣は一括査定!見積もり依頼は1分で完了!
利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ