メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2015年07月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
メルセデス・ベンツ日本は、アジリティ&インテリジェンスが大きく進化したCクラスをベースに、メルセデスAMG社がモータースポーツで培った独自の技術を惜しみなく投入して圧倒的なドライビングパフォーマンスの高性能モデルとしたメルセデスAMG C63(セダン)を、2015年10月頃に発売すると発表した。なお、これに先立って導入記念限定車のエディション1の受注を5月27日から開始した。外観デザインはV型8気筒エンジンを搭載するために、通常のCクラスに比べトレッドを拡大して左右それぞれ15mm張り出したフロントフェンダーと60mm延長したフロントオーバーハング、さらにボンネットのパワードームが力強いプロポーションを生み出している。エンジンの冷却のため開口部を大きく拡大したフロントバンパーのAウィングとエアインテークがダイナミックな印象を与えている。リアはエグゾーストエンドをディフューザーと一体化させることで、ボディ下部の空気の流れを整えエアロダイナミクスを向上させ、トランクリッドスポイラーリップを備えることで、リアにかかるダウンフォースを増加させロードホールディング性を高めている。インテリアも同様で、ステアリングはグリップ部に吸湿性に優れたDINAMICA素材を採用することで、激しいスポーツ走行でも優れた操作性を発揮する。シートはサイドサポートを張り出して乗員のホールド性を高めたAMGスポーツシートを採用している。搭載エンジンは新開発V型8気筒4.0リッターの直噴ツインターボ仕様で、C63は350kW(476ps)/650N・m、C63 Sは375kW(510ps)/700N・mを発生する。C63 Sの0-100km/h加速は4.0秒とクラストップの運動性能を実現した。C63とC63 Sには排気管内のエグゾーストフラップによってエグゾーストノートを切り替えるシステムが装備される。C63は排気管内に1つの連続可変エグゾーストフラップを備えたAMGスポーツエグゾーストシステムを装備し、トランスミッションモードに応じた2種類のサウンドが味わえる。C63 Sには、3つの連続可変エグゾーストフラップを備えたAMGパフォーマンスエグゾーストシステムを装備し、よりスポーティなサウンドを響かせる。トランスミッションはトルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用し、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式7速スポーツトランスミッションのAMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)が組み合わされる。状況に応じて4種類のモードがチョイスできる。C63 Sではさらにレースモードも設定されている。このほか、サスペンションやリミテッドスリップデフなども含め、さまざまな部分にAMGモデル専用の仕様が用意されている。同年7月16日には、左ハンドル特別仕様車「C200 スポーツエディション」を700台限定で発売した。シートヒーター(前席)、アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)など人気オプションを含むベーシックパッケージを標準装備した「ベース仕様」と、ベース仕様の装備に加え、レザーエクスクルーシブパッケージとパノラミックスライディングルーフなどを標準装備した「本革仕様」が設定されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Cクラス セダンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ Cクラス セダンを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP