マツダ ボンゴバン 2020年09月~モデルの買取・査定相場

マツダ ボンゴバン
マツダは、小型商用車の「ボンゴバン」を2020年7月17日に全面改良を実施、同年9月11日より販売を開始する。「マツダボンゴ」シリーズは初代ボンゴバンが発売された1966年以降、2020年5月までの累計で210万台以上が発売されたマツダの小型商用車。今回の全面改良では自社生産を終了し、ダイハツのインドネシア工場からOEM供給を受け、「ボンゴバン」としてリリースされる。エクステリアはトヨタ「タウンエースバン」、ダイハツ「グランマックスカーゴ」と共通のデザイン。ボディサイズは全長4065㎜×全幅1665㎜×全高1930㎜、ホイールベース2650㎜。先代に対して全長は215㎜短くなったが、全幅は35㎜拡大、全高も65㎜高くなった。機動力にすぐれるボディサイズであり、最小回転半径も4.9m(4WDは5.3m)を実現している。乗車定員は5名。後席使用時の荷室長/荷室フロア長は1255㎜/1390㎜、後席収納時の荷室長/荷室フロア長は2045㎜/1760㎜を確保。また、床面地上高は620㎜とし、開口幅790㎜の両側スライドドア、開口部のワイドなバックドアによる積載性のしやすさ、使い勝手のよさをアピールポイントとした。最大積載量についても軽商用車を上まわる750kg(4WDは700kg)。5名乗車時でも500kgを確保している。パワーユニットは新開発の1.5リッター4気筒エンジンを搭載。最高出力71kW(97ps)、最大トルク134Nmを発生し、可変バルブタイミング機構「デュアルDVVT」の採用により、すぐれた経済性とトルクフルな走りを実現したという。グレードはベーシックな「STD」と「DX」を設定。2WD、4WDとも5速MTと4速ATが設定されている。先進安全技術については新開発のステレオカメラを搭載した予防安全装備「スマートアシスト」を全車に標準装備する。夜間の歩行者に対応する衝突回避支援ブレーキ機能、ペダル踏み間違いによる急発進の抑制機能(AT車)、車線逸脱警報機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなどにより、安全・安心をサポート。そのほか、VSC&TRC、LEDヘッドランプ、ヒルスタートアシストコントロールなども装備される。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ ボンゴバンの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ ボンゴバン 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ ボンゴバンを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP