マツダ ボンゴトラック 2020年09月~モデルの買取・査定相場

マツダ ボンゴトラック
マツダは、小型商用車の「ボンゴトラック」を2020年7月17日に全面改良を実施、同年9月11日より販売を開始する。「マツダボンゴ」シリーズは初代ボンゴが発売された1966年以降、2020年5月までの累計で210万台以上が発売されたマツダの小型商用車。5代目はダイハツのインドネシア工場からOEM供給を受け、「ボンゴトラック」としてリリースされるもの。エクステリアはエンブレムの違いのみでトヨタ「タウンエーストラック」、ダイハツ「グランマックストラック」と共通のデザインとなる。ボディサイズは全長4295㎜×全幅1675㎜×全高1920㎜、ホイールベース2650㎜。手頃なサイズと最小回転半径4.9m(4WDは5.3m)の取り回し性を特徴とし、2480㎜の荷台フロア長によるスクエアでフラットな荷台スペースを持つ。アオリ高は360㎜とし、ロープフックは20個が備わる。最大積載量は800kg(4WDは750kg)。荷台にはビールケース(465㎜×365㎜×315㎜)約60個、みかんコンテナ約50個(525㎜×365㎜×305㎜)が積載可能という。パワーユニットは新開発の1.5リッター4気筒エンジンを搭載。最高出力71kW(97ps)、最大トルク134Nmを発生し、可変バルブタイミング機構「デュアルDVVT」により、すぐれた経済性とトルクフルな走りを実現したという。グレードはベーシックな「STD」と「DX」を設定。2WD、4WDともに5速MTと4速ATを設定する。先進安全技術については新開発のステレオカメラを搭載した予防安全装備「スマートアシスト」を全車に標準装備する。夜間の歩行者に対応する衝突回避支援ブレーキ機能、ペダル踏み間違いによる急発進の抑制機能(AT車)、車線逸脱警報機能、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなどにより、安全・安心をサポート。そのほか、VSC&TRC、LEDヘッドランプ、ヒルスタートアシストコントロールなども装備される。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ ボンゴトラックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ ボンゴトラック 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ ボンゴトラックを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP