ホンダ アコードハイブリッド 2020年02月~モデルの買取・査定相場

ホンダ アコードハイブリッド
ホンダは、ミドルクラスセダンの「アコード」を2020年2月20日にフルモデルチェンジ、翌2月21日に販売を開始した。6年8カ月ぶりのフルモデルチェンジで10代目となったアコードは世界120カ国以上、累計2000万台以上を販売するホンダを代表するセダンのひとつ。新型はプラットフォームを一新、ゆとりある室内空間とクラストップの荷室スペースを実現している。エクステリアは最新のホンダ車に共通するフロントフェイスを採用。フロントピラー下端を後方に移動したことでノーズの長さが強調され、高めのベルトラインと後方に向かってなだらかに傾斜するルーフラインが印象的だ。ボディサイズは全長4900㎜×全幅1860㎜×全高1450㎜。従来型に対して45㎜短く、10㎜幅広く、15㎜低くなり、ロー&ワイドの基本骨格にロングホイールベース化によって安定感のあるスタイルを得ている。インテリアはコンサートホールをイメージし、ドアを開けた瞬間から降りた後も心地よい余韻を楽しめるような上質な空間の創出を目指したという。従来型よりも前席ヒップポイントを25㎜下げたことでスポーティな運転姿勢が得られ、ホイールベースの延長によって後席の足元スペースを70㎜、膝まわりを50㎜拡大。インテリジェントパワーユニットを従来のリヤシート背面から後席下に移設、リヤサスにE型マルチリンク式サスペンションを採用することで573Lのトランクスペースを実現。トランク開口部の拡大やトランクスルー&アームレストスルー機構を備えたことで使い勝手は大幅に向上している。パワーユニットはホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載。最高出力107kW(145ps)/6200rpm、最大トルク175Nm/3500rpmを発生する2.0リッターガソリンエンジンに135kW(184ps)/315Nmの走行用モーターを組み合わせたもの。燃費はWLTCモード22.8km/L、JC08モード30.0km/Lの経済性を実現した。50kgにおよぶ車両重量の軽量化に大幅な高剛性化を図ったボディ。さらに低重心・低慣性の新世代プラットフォームの採用は、挙動変化の少ない、すぐれた走行安定性を実現。足まわりについてもダンパーの減衰力を4輪独立で制御する「アダプティブ・ダンパー・システム」をアコードとして初めて採用した。ドライブモードには「NOMAL」、「SPORT」、「COMFORTを設定。状況に応じて走りのテイストを選択することが可能だ。快適性においては振動解析を駆使したノイズ伝達抑制構造や防音材を効果的に配置することでエンジン音やロードノイズを抑制。アクティブノイズコントロール、ノイズリデューシングアルミホイールも採用されている。安全運転支援システムは「ホンダセンシング」を標準装備。後方誤発進抑制機能とオートハイビームが新たに追加されている。ボディカラーは「プラチナホワイト・パール」、「クリスタルブラック・パール」、「ルナシルバー・メタリック」、「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」、「パッションレッド・パール」の5色を設定。インテリアカラーは「ブラック」と「アイボリー」の2色。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ アコードハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ アコードハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ アコードハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP