ホンダ アコードハイブリッド 2016年05月~モデルの買取・査定相場

ホンダ アコードハイブリッド
ホンダはミディアムセダンのアコードをマイナーチェンジして、2016年5月26日に発売した。3年ぶりとなるマイナーチェンジは内外装デザインのリニューアル、ハイブリッドシステムのさらなる進化、装備の充実化、安全運転支援装備の標準化、信号情報活用運転支援システムの対応などが行われている。エクステリアはフロントグリルとバンパーのデザインを一新。インラインタイプのフルLEDヘッドランプ、LEDフォグランプ、導光タイプのLEDポジションランプを採用する。リヤも新デザインのLEDストップランプ、LEDテールランプを装着。上級グレードのEXにはサイドシルガーニッシュ、トランクスポイラー、18インチアルミホイールが標準装備されている。インテリアでは木目調パネルの色柄変更が行われ、ミラーブラックパネルをステアリングガーニッシュとエアコンパネルに装着。EXには専用スポーツシートを装着するなど、全体的に質感を向上させている。スポーツハイブリッドi-MMDの進化も注目に値する。アトキンソンサイクルの2.0リッター直4エンジンは最高出力107kW(145ps)、最大トルク175Nmとなり、従来モデルに対して2kW(2ps)と10Nmの向上となった。モーターは従来の丸型銅線を角型銅線に変更し、コイルの巻き線を高密度化。従来のモーターよりも小型化するとともに、最高出力を124kW(169ps)から135kW(184ps)、最大トルクは307Nmから315Nmにそれぞれ高められている。搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量(1.3kWh)は従来どおり。こちらも高密度化や設計変更による小型軽量化が図られている。ハイブリッドシステムを統合制御するパワーコントロールユニットの小型軽量化も行われており、トランクルームの容量も拡大している。経済性はハイブリッドシステムの小型軽量化などにより、LXのJC08モード燃費は31.6km/Lに向上。18インチタイヤを装着したEXは30.0km/Lで変わらない。装備ではレジェンドに採用されるエレクトリックギヤセレクターをアコードにも採用。アクセル操作に対するレスポンスが機敏になるスポーツモードスイッチ、4段階に調節可能な減速セレクター、アップルカープレイ対応ホンダインターナビ、エンジンスタートボタン付きスマートキーシステム(EXのみ)を新たに設定している。安全運転支援システムも充実。従来型では緊急自動ブレーキがEXに装備されていたが、新型ではホンダセンシングとしてLXにも設定されている。また、信号情報活用運転支援システムに対応し、道路に設置された高密度化光ビーコンから得られる信号予定情報と、自車位置の測定に基づいて安全で円滑な走行をサポートする。車線変更や合流時などに死角となる助手席後方の確認を補助する「レーンウォッチ」、狭い場所での駐車を補助する「パーキングセンサーシステム」も装備されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ホンダ アコードハイブリッドの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ホンダ アコードハイブリッド 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ホンダ アコードハイブリッドを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP