フィアット フィアット500 (ハッチバック) 2019年09月~モデルの買取・査定相場

フィアット フィアット500 (ハッチバック)
FCAジャパンは、「フィアット500」に特別仕様車「500 Super Pop Centoventi(スーパーポップ・チェントヴェンティ)」を設定して、2019年8月28日に発表、同年9月7日に240台限定で発売した。「500 スーパーポップ・チェントヴェンティ」は、フィアットが創業120周年を迎えたことを記念し、ブランドのヘリテージにオマージュを捧げる限定モデル。車名の「Centoventi(チェントヴェンティ)」は、イタリア語で“120”を意味し、ブランドの120周年を祝福するモデルであることを示している。またフロントフェンダーとリアゲートには、ブランドカラーであるボルドーを基調に、「120 Centoventi」の文字とともに、1899年にフィアットが最初に世に送り出したモデル「FIAT 3 1/2 HP」をデザインした専用ステッカーを施した。ベースモデルは「500 1.2ポップ」で、レザーステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付)やマルチファンクションディスプレイ、Apple CarPlay / Android Auto対応の7インチタッチパネルモニター付インフォテインメントシステム「Uconnect」などを標準装備。エンジンは、START&STOPシステム(アイドリングストップ)付の1.2リッター直列4気筒ユニットを搭載し、ATモード付5速シーケンシャル 「デュアロジック」が組み合わされる。同年9月19日には、ブランドの創業120周年を祝う限定車の第二弾となる「500 120th Tuxedo(ワンハンドレッド・ トゥウェンティース・タキシード)」を設定して、180台限定で発売した。「500 120th タキシード」は、バイキセノンヘッドライトやマニュアルエアコン、Beatsオーディオシステム、リアパーキングセンサー、ガラスルーフなどを標準で装備する1.2リッターエンジン搭載モデル「1.2ラウンジ」をベースに、フォーマルな場で着用するタキシードにインスピレーションを受け、ドレッシーな装いをカラーリングで表現するとととに名称にも採用したモデル。3層仕上げのパールペイント、アイスホワイトをベースに、ルーフならびにピラー、ドアミラーをブラック仕上げとしたビコローレ(2トーン)のボディカラーを取り入れ、フォーマルな雰囲気を演出した。ビコローレは通常のものとは異なり、各ピラーの付け根の部分から色が切り替わる特別な配色となっている。エクステリアはこのほか、アクセントカラーとなるブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイールや専用120周年記念バッジを装備して、上質な雰囲気を引き立てた。インテリアは、ブラックのインストルメントパネルや縦ストライプを特徴とする専用ファブリックシートを採用して、シックなイメージに仕上げている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フィアット フィアット500 (ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フィアット フィアット500 (ハッチバック) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

フィアット フィアット500 (ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP