フェラーリ SF90ストラダーレ 2019年10月~モデルの買取・査定相場

フェラーリ SF90ストラダーレ
フェラーリは、同社では初となるPHEVモデル「SF90ストラダーレ」を2019年5月29日に発表した。スクーデリア・フェラーリ創立90周年を記念したこのモデルには最高出力780psを発生する4.0リッターV8ターボエンジンを搭載。さらに3基のモーター(合計220ps)が組み合わされ、システム合計出力1000psの性能を発揮する。1基のモーターはエンジンと8速デュアルクラッチトランスミッションの間に搭載され、リヤホイールを駆動する。残る2基のモーターはフロントアクスルに搭載され、左右のホイールを駆動する。フェラーリ初となる4WDモデルでもある。ハイブリッドのパワートレインがもたらすパワーウエイトレシオは1.57kg/ps。0-100㎞/h加速2.6秒、0-200㎞/h加速6.7秒という、市販モデルとしては前例のないパフォーマンスを発揮する。4つの走行モードが選べ、「eドライブ」モードではフロントアクスルのみで最高速度135㎞/hで25㎞のバッテリー走行が可能。標準的なドライブモードとなる「ハイブリッド」では全体の効率性を最適化し、出力が管理される。ただし、ドライバーの要求があれば強力なパフォーマンスを発揮する。また、「パフォーマンス」モードでは常にエンジンが回り続け、効率よりもバッテリーの充電が優先される。システム全体の最高出力が発揮される「クォリファイ」モードでは制御ロジックが充電よりもパフォーマンスを優先、電動モーターもポテンシャルを最大化(162kW/h)して稼動する。ハイブリッドシステムを搭載するにあたり、シャシーは新たに開発されている。従来のリブ付きケーシングに代わって採用された中空ケーシング、キャビンとエンジンを隔てるフルカーボンファイバー・バルクヘッド、新しいアルミ合金などにより、剛性を強化しながら車体の軽量化に貢献。また、フロアに用いられた新合金「quiet aluminium(静かなアルミニウム」が、NVHの改善に寄与している。エクステリアはフェラーリ・スタイリングセンターによってデザインされ、エンジンがミッドマウントされたキャブ・フォワード構成を特徴とする。エアロダイナミクスについてもハイレベルのダウンフォースを獲得しながら、先進かつ革新的なデザインが採り入れられている。ボディサイズは全長4710mm×全幅1972mm×全高1186mm、ホイールベース2650mm。インテリアはフェラーリとしては初めて16インチのフルデジタル液晶スクリーンを採用。ドライバー側に湾曲させてF1スタイルのコクピット感覚を強調させたデザインとした。また、あらゆるデータをフロントガラスに映し出す、ヘッドアップディスプレイも採用されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フェラーリ SF90ストラダーレの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フェラーリ SF90ストラダーレを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP