シトロエン DS3(総合) 2020年07月~モデルの買取・査定相場

シトロエン DS3(総合)
グループPSAジャパンは、DSブランドのコンパクトSUV「DS3クロスバック」のEVモデルとなる「E-TENSE」を2020年7月29日に設定、同日より販売を開始した。DS3クロスバックE-TENSEはDSブランド初の100%エレクトリックSUV。ボディサイズは全長4120㎜×全幅1790㎜×全高1550㎜、ホイールベース2560㎜。立体駐車場の利用が可能なボディに50kwhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。パワートレインは最高出力100kW(136ps)、最大トルク260Nmを発生するモーターで航続可能距離はJC08モード398km、超高速モードを含む欧州WLTCモードで320kmと公表されている。E-TENSEには3つのドライビングモードが用意され、航続距離の最大化を図る「エコ」と「ノーマル」、パワーとトルクを最大化する「スポーツ」が設定されている。また、フォーミュラEからインスパイアされた「Dモード」と「Bモード」の2つのエネルギー回生システムがあり、Dモードでは内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーションし、なじみのある自然な減速感を実現。Bモードでは最大減速度1.3m/sにより、いわゆるワンペダルドライブに近い運転が可能という。充電はコンセント型普通充電(100%充電:約18時間)、ウォールボックス型普通充電(100%:約9時間)、CHAdeMO急速充電(80%:約50分)の3つの充電方式に対応している。次世代コンパクトプラットフォーム「CMP」をベースとした「eCMP」を採用。ICE(内燃機関)と基本を共用し、居住空間やラゲッジスペースはICEと変わらない。ラインアップは「ソーシック」と「グランシック」を設定し、ソーシックはブロンズダッシュボードにブロンズファブリックシートのBASTILLE(バスチーユ)、グランシックにはダイヤモンドステッチパールグレーのレザーダッシュボードにステアリングホイール、パールグレーナッパレザー&ホワイトファブリックシートのRIVOLI(リヴォリ)を採用する。先進運転支援機能には任意のレーンポジションをキープできるアクティブクルーズコントロールと統合制御するDSドライブアシスト、前走車や対向車の位置や距離を解析し自動制御するDSマトリクスビジョン、ヘッドアップディスプレイ、アクティブセーフティブレーキ、アクティブブラインドスポットモニターがグランシックに標準装備となる。同年8月1日には「DS3クロスバック」の価格改定を実施した。同年9月14日には「DS3クロスバック」価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
シトロエン DS3(総合)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

シトロエン DS3(総合)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP