BMW Mモデル 2015年01月~モデルの買取・査定相場

BMW Mモデル
BMWは高性能4輪駆動モデルであるX5 MおよびX6 Mをフルモデル・チェンジし、2014年11月6日から注文の受付を開始した。高性能エンジンとブレーキに大量の冷却気を供給するフロント・エプロンの大型エア・インテークやBMW Mモデル特有のダブルスポーク・ホイールのデザインを反映したキドニーグリル、 空力的に最適化されたダブル・ブリッジ・デザインのMドア・ミラーなどが特徴だ。インテリアもスポーティかつ高級感にあふれるもので、スポーティなコックピットを演出するM専用メーター・パネルを始め、ドライバーの手に馴染む太いリムや人間工学に基づいたサムレストとアルミニウム製のシフトパドルを備えたMスポーツ・レザー・ステアリング、最高品質を誇る牛革のみを使用してレザー本来の滑らかな手触りと自然な風合いを実現したメリノ・レザーのMスポーツ・シートなどを装備する。今回の2代目はBMWの4輪駆動モデル史上最もパワフルな新型V型8気筒Mツインパワー・ターボエンジンを搭載し、動力性能は最高出力423kW(575ps)、最大トルク750N・mを発生する。わずか4.2秒で時速100kmまで加速する圧倒的な動力性能を発揮する。同時にスタート/ストップ機能など時代が求める最新テクノロジーの採用で、先代モデルに比べ燃料消費率を20%以上も向上させている。トランスミッションはBMW Mモデルとして初の8速ATが組み合わされている。駆動方式はM専用設定のxDriveで、高速でのコーナリング時にリヤ・アクスルにより大きな駆動力を配分し、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データから、オーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知すると、前後アクスルへの駆動トルクを可変配分し、優れたロード・ホールディングを実現する。装備面においては、万が一の事故発生時に車両の通信機能を介して救急や消防への早急な手配が可能となるBMW SOSコールや、歩行者検知機能付き衝突回避・被害軽減ブレーキ、車速やルート案内など様々な情報をドライバーの視界内のフロント・ウィンドスクリーンに直接表示するBMWヘッドアップ・ディスプレイなど、安全かつ快適なドライブに貢献するドライバー支援システムを標準装備している。2015年1月26日には、ドイツ・ツーリング・カー選手権「DTM」において、2014年シーズンにBMW M4で参戦したマルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンに輝いたのを記念して、そのレース・カーの外観をモチーフとし、19インチ・アロイ・ホィールなど特別装備を施した特別仕様車「M4 DTM チャンピオン・エディション」の受注を開始した。なお限定台数は全世界23台のうち日本では5台となっている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW Mモデルの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW Mモデルを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP