BMW 2022年09月~モデル(M4 クーペ )の買取・査定相場

BMW M4 クーペ
BMWは、ハイパフォーマンスクーペ「M4クーペ」に特別仕様車「M4 CSL」を設定して、2022年9月2日に発表、同年9月26日午後11:59までBMWオンライン・ストアにて注文の受付を実施する。全世界1000台の限定生産で、日本には25台が導入される。BMW M社が開発するMモデルには、サーキットでの走行を可能としたMハイパフォーマンスモデルと、サーキットで培われたノウハウをフィードバックして走行性能を高めたMパフォーマンスモデルのふたつがあり、今回発表の「M4 CSL」は、より硬派なMハイパフォーマンスモデルとなる。ニュルブルクリンク北コース(20,832km)にてBMW量産車最速モデルとなる7分20秒207のラップタイムを実現したという。なお車名の「CSL」は、「Competition」、「Sport」、「Lightweight」の頭文字から名付けられたものだ。「M4 CSL」は「M4 コンペティション」をベースに約100kgの軽量化を実現。ボンネットやトランクリッド、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーキャップ、ディフューザーなどにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用し、軽量化を図っている。またリアコンビネーションランプにはイエローのデイライトを備えたレーザーライトやレーザーテクノロジーを採用。トランクリッドなどのモデルバッチは、ブラックをベースにレッドアクセントを施している。インテリアは、センターマーク付きのMアルカンターラステアリングやMカーボンファイバートリム、専用CFRP製センターコンソールなどを装備。シートは、軽量化を図ったMカーボンフルバケットシートを採用している。また軽量化のためリアシートは無く、替わりにヘルメットなどの収納スペースとした。パワーユニットは、「M4」に搭載されるエンジンをベースに、1.7barから2.1barにブーストアップすることでベース車に比べて出力を40PS向上した405kW/550PSとし、0-100km/h加速は3.7秒(ヨーロッパ仕様値)と発表されている。シャシーについては、ベース車に対して路面追従性やキャンバー強度、ダンパーのレスポンスなどを向上させるために、ボールジョイント箇所を4ヵ所増加した14ヵ所とした。また専用サスペンションや専用スタビライザー、レッドハイグロスのMカーボンセラミックブレーキを標準装備している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
BMW M4 クーペの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

BMW M4 クーペ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

BMW M4 クーペを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP