アウディ S5 スポーツバック 2017年04月~モデルの買取・査定相場

アウディ S5 スポーツバック
アウディジャパンは、「アウディS5スポーツバック」を2017年4月4日にフルモデルチェンジして同日に受注を開始した。通常のA5 に対して「アウディS5スポーツバック」にはマトリクスLEDヘッドライトが標準装備されている。シングルフレームグリルは、マットトワイライトグレイのラジエターグリルにマットシルバーのダブルスラットを配した専用デザイン。Sスポーツバンパー、マットチタニウムブラック仕上げのハニカムグリル、その上を通る垂直のブレードを備えたサイドエアインレットにより、Sモデルならではの精かんな表情が印象的だ。さらに19インチの大径ホイール、シングルフレームグリルと同色のリヤのデュフューザーインサート、左右に2つずつ並べられたクロームのオーバル型テールパイプなどを装着。ボディカラーは8色が設定され、ナバーラブルーとミサノレッド(いずれもメタリック)はSモデル専用の新色だ。インテリアの基本造形はA5スポーツバックと共通だ。クリーンなデザインでまとめられたことで広々とした印象を与え、実際に室内寸法は従来型よりも広い。乗り込むとS5のロゴを表示したMMIのディスプレイに迎えられる。標準装備のスポーツシートはアルカンターラとレザーのコンビタイプで、オプションでファインナッパレザーの仕様を選ぶこともできる。3本スポークの本革巻きマルチファンクションステアリングはリム底部がフラットな形状だ。内装色はブラックが基調。インストルメントパネルに装着されたデコラティブパネルはカーボン仕上げとなり、Sモデルならではのスポーティな仕上がりを見せている。パワーユニットは新開発の3.0リッターV6直噴ターボを搭載する。従来型のスーパーチャージャーに対して15kW(21ps)、60Nmアップの最高出力260kW(354ps)、最大トルク500Nmを発揮し、アウディが“Bサイクル“と呼ぶミラーサイクルの燃焼方式によりすぐれた燃費効率も実現している。トランスミッションは8速ティプトロニック。クワトロシステムはA5と共通ながら、S5はオプションでリヤのスポーツディファレンシャルを選択することが可能。これに加えてシャシーのCPUに搭載されたソフトウェアによって常時左右後輪間の駆動トルクが配分され、コーナーではアンダーステアが抑えられ、あらゆるシーンにおいて安定感のある走りに貢献。任意でトルクスプリットの調整も可能だ。装備面では、Sモデル専用にチューニングされた「アウディドライブセレクト」を標準装備。新開発のCDC(連続ダンピングコントロール)ダンパーにより、ソフトな乗り心地から引き締まったハンドリングまで好みに応じたセッティングが楽しめる。電動式のパワステは車速と操舵角に応じてステアリングレシオを調整し、クイックなレスポンスの得られる「ダイナミックステアリング」が標準で備わる。ブレーキはA5に対して強化され、前輪には350mmの大径ベンチレーテッドディスクを装着。キャリパーは6ピストンの固定式だ。ESCも改良され、従来に対して速くて正確な反応が得られるようになった。安全装備に関しては、「アウディプレセンスシティ」をはじめ、渋滞時の加減速だけではなくステアリング操作まで行う「トラフィックジャムアシスト」、車線維持をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更をサポートする「アウディサイドアシスト」などを標準で装備する。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ S5 スポーツバックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ S5 スポーツバック 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ S5 スポーツバックを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP