アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック) 2021年05月~モデルの買取・査定相場

アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック)
アウディ ジャパンは、高性能コンパクトハッチバックの「S3スポーツバック」を2021年4月21日に発表、同年5月18日より販売を開始する。A3をベースに開発されたS3スポーツバックは2020年3月に欧州で発表され、およそ1年遅れで日本デビューを果たしている。エクステリアはボンネット先端に往年のアウディクワトロを彷彿とさせるデザインのスリットが備わり、ハニカムパターンのシングルフレームグリル、大型のエアインテークを備えたフロントバンパー、専用デザインのリヤディフューザー、左右4本出しのテールパイプを採用する。また、アンダーボディをパネルで覆うなど空力性能にも配慮し、Cd値は0.28を実現している。ボディサイズは全長4350㎜×全幅1815㎜×全高1440㎜、ホイールベース2630㎜。先代に対してわずかに大型化されており、これによりフロントヘッドルームは+7㎜、エルボールームは+6㎜、後席ではショルダールームが+2㎜、エルボールームが+3㎜広くなっている。ラゲッジルームは380Lの容量を確保し、後席を折りたたむことで最大1200Lに拡大する。横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」は高いボディ剛性と軽量化、すぐれた安全性を特徴とするフォルクスワーゲングループと共通のもの。インテリアはセンターコンソールを運転席側に向けたデザインとし、前後への単純な動作でシフト操作を可能とした新形状のシフトスイッチを採用した。メーターパネルには12.3インチの高解像度液晶ディスプレイにメーター類をはじめ、DIS(ドライバーインフォメーションシステム)や地図表示などの機能を統合したアウディバーチャルコクピットプラスを標準装備。インフォテイメントとしては、10.1インチタッチスクリーン式「MIB3」MMIナビゲーションシステムを搭載する。パワーユニットは最高出力228kW(310ps)/5450~6500rpm、最大トルク400Nm/2000~5450rpmを発生する2.0リッター4気筒ターボ。トランスミッションはデュアルクラッチの7速Sトロニックが組み合わされ、電子制御油圧多板クラッチを用いたクワトロシステム(4WD)を採用する。WLTCモードは11.6km/L。サスペンションは前ストラット/後ウィッシュボーン。Sスポーツサスペンションを標準装備し、オプションで電子制御のダンピングコントロールサスペンションが用意されている。最新の安全技術とアシスタンスシステムも採用されており、従来のアダプティブクルーズコントロールとアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した「アダプティブクルーズアシスト」を標準装備。前車の追従機能に加え、車線からのはみ出しを自動で修正する車線維持機能により、ドライバーの疲労を軽減する。ボディカラーは「ターボブルー」、「パイソンイエローメタリック」、「デイトナグレーパールエフェクト」など、全8色を設定。新型モデルの導入を記念して、装備を充実させたS3スポーツバックの特別仕様車「ファーストエディション」が125台限定で用意されている。同年10月1日には価格改定を実施した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ S3 スポーツバック (ハッチバック)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP