アウディ RS3 スポーツバック 2015年10月~モデルの買取・査定相場

アウディ RS3 スポーツバック
アウディジャパンは、A3スポーツバックをベースにした本格スポーツモデルであるRS3スポーツバックを2015年10月20日に発売した。RS3は本国では2代目モデルだが、日本へは初導入のモデルとなる。RSスポーツバックはほかのRSシリーズの各モデルと同様、内外装のデザインに専用の仕様が施されており、伝統のハニカムパターンを配したグリルや、張出しを強調したフェンダー、立体感のあるエアインレットやサイドシル、専用デザインの19インチホイールなどにより、視覚的にも、通常のA3スポーツバックとは明確に差別化されたエクスクルーシブな存在であることが強調されている。インテリアは全体がスポーティなブラックでまとめられ、飾りステッチを配した専用デザインのスポーツシート、ステアリングホイール、セレクターレバー、メーターパネルなどにより、RSシリーズならではのスポーティな雰囲気が演出されている。搭載エンジンは直列5気筒2.5リッターのTFSI(ガソリン直噴ターボ)仕様エンジンで、270kW(367ps)/465N・mのパワー&トルクを発生する。組み合わされるトランスミッションは7速のSトロニックだ。RS 3専用のプログラムが施されたフルタイム4WDのクワトロシステムを介することで、0-100km/h加速が4.3秒というスーパースポーツ並みの加速性能を発揮する。電子制御多板クラッチを使ったクワトロシステムは、専用のソフトウェアによって制御され、路面状態を瞬時に判断して後輪へ50%から100%の駆動力を配分する。ドライブセレクトでダイナミックモードを選択し、さらにESCをスポーツにすると、後輪への駆動力の伝達が素早く配分されるようになる。RS 3スポーツバックはA3スポーツバックに比べると、 全高が25mm低くなっているほか、トレッドはフロントが25mm、リヤが10mm拡大されている。サスペンションやブレーキも、パワフルなエンジンに対応した強化が図られている。RS専用デザインのアロイホイールは、サイズが19インチで、235/35タイヤと組み合わされている。またステアリングは、15.3~10.9:1の可変タイプのギアレシオを備えたプログレッシブステアリング(電動パワーアシスト付き)が標準採用され、クイックでダイレクト感のあるステアリング操作が楽しめる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ RS3 スポーツバックの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ RS3 スポーツバック 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ RS3 スポーツバックを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP