車検証

新車登録(軽自動車は届出)時に発行され、ナンバー・用途・所有者・使用者や車検満期日などが記載されています。
査定をする際は、クルマ本体とともに査定価格を算出するための最も重要な書類です。紛失してしまった場合は、陸運支局等で再発行してもらうことができます。
手続きはナンバーを発行した陸運支局等で行う必要がありますので、引越し後に登録(届出)時の都道府県外へナンバー変更をしていない場合は、遠く離れた陸運支局等まで行かなければなりません。

自賠責保険

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられており、別名『強制保険』ともいいます。
新車購入時、または車検取得時には必ず加入しています。
自賠責保険の証明書が見つからないときは、再発行してもらうことができます。
加入時、保険証明書と一緒に付いてくる自賠責保険料の領収証がありますが、これは保険証の代わりにはなりません。
再発行の手続きは紛失した保険証と同一の保険会社で行なう必要があります。
加入している保険会社がわからない場合は、クルマを購入した、もしくは車検を取ったお店に相談しましょう。

外装のキズや凹み

ほとんどの買取店には安く修理できる仕組みがあるため、傷や凹みがあるクルマでも、安く修復できます。
そのため、多少の傷・凹みであれば、個人で修理せずにそのまま査定に出してしまうことをおすすめします。

外装のキズや凹みがあってもOK
多少の傷は修理しないで査定に出してもOK

内装、装備品

シートの汚れやへたり、タバコの焦げあとなどが無いかチェックします。
また、臭いに関しては自分では気にならなくても他の人には気になるものなので、査定に大きく関わるものですので、普段からしっかり換気・消臭等をするよう心掛けておくとよいでしょう。

外装のキズや凹みがあってもOK
シートの汚れや焦げ跡は査定に大きく影響します!

社外パーツ、純正品

社外パーツについては好みがあるので、純正品もあるかどうか評価の対象になります。
パーツをとりつけるために穴をあけるなどをした場合、マイナスの評価を受けることもあります。

付属品

購入時に付いていた付属品類は、日頃から大切に保管し、なくさないようにしましょう。
中でも「取扱説明書」「整備手帳(保証書)」「スペアキー」などは大切に保管しておきましょう。

事故歴・修復歴の有無

「事故車」は大幅に価値が下がります。
しかし査定基準では、クルマの骨格などに欠陥が生じているもの、その箇所に対しての修理歴のあるクルマを、「事故車」と呼びますので、軽度の事故(バンパー交換、凹みの補修程度の修理ですんだ事故)は、査定にもあまり影響しません。
大きな事故(車体の骨格部分を損傷、ドア・ボンネットを交換等)を起こしていた場合でも、売却は可能です。
また事故等で動かなくなった車を専門に扱う買取店も存在するので事故車の一括査定を利用して、少しでも高く査定してもらいましょう。

なぜ同じクルマなのに査定額に差が出るの?自宅まで出張査定してもらえるの?

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。