ルノー ルーテシア 2013年09月~モデルの買取・査定相場

ルノー ルーテシア
ルノー・ジャポンは、コンパクトカーのルーテシアをフルモデルチェンジし、2013年9月24日から発売した。新型ルーテシアは4代目に当たるモデルで、5ドアハッチバックのボディは、全長と全幅が従来よりひと回り大きくなると同時に、全高はやや抑えられてワイド&ローのイメージを強めている。ルーテシアは、ルノーが新しいデザインアイデンティティーとして採用した「シンプル」「官能的」「温かみ」の3つのキーワード取り入れた最初のモデルで、メリハリの効いたシャープな線と面で構成される外観デザインが採用され、コンパクトクラスのクルマとして強い存在感を示している。インテリアデザインは、飛行機の翼をイメージさせるような形状を採用し、張りつめた中にも流れるようなラインで作られたダイナミズムがドライバーを包み込んでいる。メーターパネルは、クロームリングで囲まれたタコメーターと燃料計をスピードが表示される楕円形のリングがつないでいて、近未来を感じさせるデザインとしている。センターコンソールは、薄型パネルがダッシュパネルからまるで浮かんでいるかのように見えるフローティングデザインが採用され、運転時でもドライバーの視線移動が少なくなるよう設計されている。搭載エンジンは直列4気筒1.2リッターDOHC16バルブの直噴ターボ仕様で、88kW/190N・mのパワー&トルクを発生する。直噴ターボとすることでパワーは1.6リッター並み、トルクに至っては2.0リッター並みの実力だ。これに6速のEDC(エフィシェント・デュアル・クラッチ)と呼ぶセミATが組み合わされ、滑らかで効率の良い変速を可能とする。また新型ルーテシアには、減速時にオルタネーターを稼働させてバッテリーを充電する回生機構に、バッテリーからの電源供給機会を増やしてエンジン負荷を軽減し、燃料消費を抑えるエナジー・スマート・マネジメント(ESM)も搭載されている。エンジンやトランスミッションは1種類で、装備の違いによってアクティフ、ゼン、インテンスの3種類のグレードが設定されている。さらに内外装やホイールのカラーを自由に組み合わせて自分だけの1台を作るパーソナリゼーションにも対応している。同時に新型ルーテシアの発売を記念して、インテンスをベースにした特別仕様車「クール フレンチ リミテッド」を30台限定で発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ルノー ルーテシアの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ルノー ルーテシア 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ルノー ルーテシアを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP