ポルシェ パナメーラ 2012年01月~モデルの買取・査定相場

ポルシェ パナメーラ
パナメーラはポルシェが初めて開発した4ドア(5ドア)のフル4シーターサルーンだ。ワールドプレミア(世界初公開)の場に選ばれたのは2009年5月の上海ショーで、日本には半年遅れの11月に名古屋モーターショーで発表された。単なるサルーンでもでもありふれた4シーターでもなく、既成概念を打ち破り、ポルシェエンジニアリングの粋を結集した紛れもないスポーツカーであるというのがポルシェの主張だ。外観デザインはフロント回りなどは見るからにポルシェであり、サルーンとしては非常に低く構えたワイド&ローのプロポーションがスポーツカーらしさを表現している。全長は5mに近く全幅も2mに近いので、見た目の印象以上に大きなクルマである。インテリアは自然素材の採用などによってラグジュアリーな雰囲気が演出されるとともに、運転席回りはタイトなコクピット感覚が表現される。後席の空間も余裕十分だ。デビューした当初はV型8気筒4.8リッターのみの設定で、パワーは自然吸気仕様が294kW(400ps)、ツインターボ仕様が368kW(500ps)を発生した。後から追加されたV型6気筒の3.6リッターは220kW(300ps)を発生する。全車とも7速PDKが基本で、V型6気筒エンジンの搭載車には6速MTの設定もある。自然吸気エンジン搭載車はFRと4WDがあるが、ツインターボ仕様は4WDのみの設定だ。2011年2月にはベースモデルの装備の一部を標準からオプションに変更して価格を引き下げた。2011年5月には、3.0リッターのV型6気筒エンジン(245kW/333ps)と電気モーター(34kW/47ps)を組み合わせたハイブリッドシステム+8速ティプトロニックSを搭載するパナメーラSハイブリッドの予約受注開始が発表された。同年6月からの2012年モデルでは、410kW(550ps)仕様のエンジンを搭載したパナメーラターボSが追加された。同年11月には316kW(430ps)仕様のエンジンを搭載するGTSの予約受注が追加された。GTSの追加により、搭載エンジンや駆動方式の違いなどによって7モデルがラインナップされている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ポルシェ パナメーラの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ポルシェ パナメーラ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ポルシェ パナメーラを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP