ポルシェ 911 (クーペ) 2020年06月~モデルの買取・査定相場

ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェジャパンは、「911タルガ」に特別仕様車「911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」を設定して、2020年6月2日に予約受注を開始した。社内コードネームと同じ992台限定で生産される。「911タルガ4S ヘリテージデザインエディション」は直近に導入された8世代目の新型「911タルガ4S」をベースに、1950年代と1960年代初頭のデザインエレメントを備えた特別仕様車。歴史的なエクステリアとインテリアのデザインエレメントが、ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーのリミテッドエディションとして再解釈され、最新テクノロジーと組み合わせている。ボディカラーは専用塗装のチェリーメタリックと他の4種類を設定し、ゴールドのロゴをあしらって、1950年代をイメージした外観に仕上げている。エクステリアは、独特な歴史的テーマのホワイトのカラーリングを施した。フロントフェンダーの槍型グラフィックは、ポルシェモータースポーツの黎明期を想起させる。さらなるハイライトは、ラゲッジコンパートメントグリルのポルシェヘリテージバッジで、これは10万kmを走行したときに授与されたポルシェ356のバッジを連想させる。またボンネットやステアリングホイール、ホイールセンターキャップ、車両キーには1963年当時のポルシェクレストをあしらった。この歴史的モチーフは、エンボスヘッドレストとキーポーチにもエンボス加工され、標準装備の20/21インチカレラエクスクルーシブデザインホイールやクラシックな外観のブラック塗装ブレーキキャリパーなどによって、さらに強調されている。インテリアは、ボルドーレッドレザーかブラックレザーとアタカマベージュのOLEAクラブレザーを組み合わせた。またシートとドアトリムへのコーデュロイの使用は、ポルシェ356に使用されていた素材への回帰と、1950年代の時代精神と流行の復活を意味する。。グリーンで照明されるクラシックな外観のレブカウンターとストップウォッチは、マイクロファイバーファブリックによるパンチングルーフライナーや広範なエクスクルーシブマニュファクチャーレザートリムとともに、コンセプトのエモーショナルな特質を強調。ダッシュボードトリムパネルの金属製エンブレムには、リミテッドエディションナンバーを記載した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ポルシェ 911 (クーペ)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ポルシェ 911 (クーペ) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ポルシェ 911 (クーペ)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP