プジョー 508 PHEV 2021年06月~モデルの買取・査定相場

プジョー 508 PHEV
グループPSAジャパンは、プジョーのフラッグシップサルーン「508」のプラグインハイブリッドモデルを2021年6月2日に発表、同日に販売を開始した。新たに導入された508GTハイブリッドには、最高出力133kW(180ps)/6000rpm、最大トルク300Nm/3000rpmの1.6L直4ターボエンジンに、最高出力81kW(110ps)/2500rpm、最大トルク320Nm/500~2500rpmの電気モーターを組み合わせ、システム全体で最高出力225ps、最大トルク360Nm(フランス本社公称値)を発揮する。組み合わされるトランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いたPHEV専用8速AT(e-EAT8)を採用する。駆動力として電動モーター、ガソリンエンジン、その両方をシームレスに切り替え、燃費効率とドライビングプレジャーを両立させたという。ドライブモードは4種類を設定する。エレクトリックモード:システム始動時のデフォルトモードで、電力のみで走行するEV。アクセルを深く踏み込んだ際は自動的にエンジンも稼働する。最高速度は135km/h、EV走行換算距離はWLTCモードで56km。ハイブリッドモード:総合的にもっともエネルギー効率にすぐれた走行モード。バッテリー残量があれば発進時はフロントモーター駆動のみとなる。運転状況に応じてエンジンとモーターがフレキシブルかつシームレスに切り替わる。コンフォートモード:駆動系の制御はハイブリッドモードのまま、アクティブサスペンションの減衰力セッティングをコンフォートにする。よりソフトで快適な乗り心地を提供する。スポーツモード:エンジン主体で走行するスポーツモード。シフトアップタイミングを遅らせてエンジンの出力を引き出し、アクセルレスポンス、ギアシフトタイミング、ステアリングなどをスポーツ走行向けに統合制御する。アクティブサスペンションも減衰力を高め、姿勢変化を抑える。ハイブリッドモードよりも電気エネルギーの依存度は低くなる。容量11.8kWhのリチウムイオンバッテリーは後席下に配置。後席居住スペースやトランクルーム容量に変化はなく、PHEV化による実用性は犠牲になっていない。バッテリーは普通充電のみに対応しており、200V/3kWで約5時間、200V/6kWで約2時間半で満充電となる。また、スマートフォンアプリを活用した「eリモートコントロール」により、充電状態の確認や充電予約のできる「リモートチャージング」、遠隔でエアコンディショニングを作動させる「プリコンディショニング」の操作も可能だ。PHEVの導入に合わせ、すべてのグレードはGTに一本化された。従来オプションだったナッパレザーシートを全車標準装備とした。新パッケージオプションとして、ナイトビジョン、フルパークアシスト、360°カメラ、パノラミックサンルーフのセットも用意されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
プジョー 508 PHEVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

プジョー 508 PHEV 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

プジョー 508 PHEVを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP