プジョー 308 2013年07月~モデルの買取・査定相場

プジョー 308
プジョーの主力モデルのひとつ308シリーズは、2008年5月に307からのフルモデルチェンジで登場した。デビューした当初は5ドアと3ドアのハッチバック車のみで、追って別掲のSWやCCが追加された。ネコ科の動物をイメージしたという外観デザインは、最近のプジョー車らしくボンネットフード上の大きなライオンのエンブレムや大きなフロントグリルなどが特徴。かなり迫力のある顔つきになった。また逆方向にキックバックしたCピラーのデザインも印象的だ。柔らかくて上質な素材が使われたインテリアは、カーナビを装着するために日本仕様専用パネルが用意される。ボディサイズは従来の307に比べてひと回り大きく、全高はやや低くなった。308プレミアムと308シエロが5ドア、308GTiが3ドアのボディだ。搭載エンジンはプジョーとBMWが共同開発した直列4気筒1.6リッターで、異なるチューニングが施された2種類のターボ仕様がある。標準のターボは103kW(140ps)で4速ATが組み合わされ、GTi用のパワフルなターボは128kW(175ps)で6速MTが組み合わされる。カーナビはオプション設定ながら、各種の快適装備はひと通りのものが標準で装備され、安全装備もESPや全席の3点式シートベルト、運転席ニーエアバッグを含めた7つのSRSエアバッグが標準となるなど充実した仕様となる。2009年2月には308プレミアムに6速MT車を追加した。2009年11月にはエントリーモデルとして、88kW(120ps)を発生する自然吸気エンジンを搭載する308スタイルを追加した。2010年6月には、標準エンジンのパワーを103kWから115kW(156ps)にパワーアップした上で電子制御6速ATと組み合わせた。2011年7月には内外装のデザインを変更するとともに、装備を充実化した上で戦略的な価格を設定する大幅なマイナーチェンジを実施。 2012年1月にはスポーティな装備を付加した特別仕様車「スポーティアム」を限定発売した。同年6月にはプジョーがオフィシャルスポンサーとなっている全仏オープンテニスの開催に合わせて、308CCにライトグレーのレザーシートなど特別仕様が施された限定車「ローランギャロス」を発売した。同年8月には「スポーティアム」の第2弾の発売をした。2013年5月には前年に引き続き、308CCをベースとした「ローランギャロス」を30台限定で発売した。2013年7月1日に車両価格の改定を行い、308CC グリフは4,200,000円から4,250,000円に改定した。同年7月10日には「スポーティアム」の第3弾の発売をした。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
プジョー 308の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

プジョー 308 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

プジョー 308を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP