メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ 2016年03月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
メルセデス・ベンツ日本はCクラスをベースにした2ドア車のCクラスクーペをフルモデルチェンジし、2016年3月14日に発売した。Cクラスクーペは、セダン、ステーションワゴン、GLCに次ぐCクラスの新しいモデルで、流れるようなルーフラインに代表されるメルセデス・ベンツのクーペが持つ伝統的なプロポーションを採用する。エレガントなルーフラインとは対照的に、フロントデザインはダイヤモンドグリルとその中央に配置された大きなスリー・ポインテッド・スターなどがアグレッシブな雰囲気を表現し、リヤビューも力強さが表現されている。全高はセダンより25mm低く設定され、クーペのスポーティなキャラクターを強調する。ボディの全長は65mm、全幅は30mm拡大され、ホイールベースは80mm延長されてひと回り大きくなった。18インチまたは19インチのホイールが装着される。メルセデス・ベンツのクーペらしく、サッシュレスドアを採用し、サイドミラーはセダンと違ってAピラーではなくドアに備えられている。インテリア回りはCクラス系のデザインで、質感を確保すると同時にクーペならではのスポーティな要素も取り入れている。シートはCクラスクーペ専用に設計されたスポーツシートで、サポートに優れ、ダイナミックな走りを楽しむときにしっかりと体を支えてくれる。搭載エンジンは直列4気筒1.6リッターの直噴ターボ仕様で、115kW(156ps)/250N・mのパワー&トルクを発生する。これに電子制御7速ATの7Gトロニックプラスが組み合わされる。なお、追ってパワフルなエンジンを搭載するAMG仕様のモデルが追加されることも発表された。足回りはフロントが4リンク式で、リヤは伝統のマルチリンク式サスペンションを進化させた5本のリンクによる独立懸架式とし、高い直進安定性を実現した。走行状況に応じてダンパー内のオイル流量を変化させ、減衰力を調整するセレクティブダンピングシステムを備え、通常走行時には快適な乗り心地を、ハードな走行時には最大限の減衰力を発揮する。5種類の走行モードを自由に選択できるダイナミックセレクトも標準装備され、選択したモードに応じてスロットルレスポンスやATのシフトスケジュール、ステアリング特性などが変化し、好みの走りを楽しむことが可能だ。安全装備はCクラスセダンなどに採用されているレーダーセーフティパッケージが標準で装備され、ミリ波レーダーやステレオカメラなどの充実した仕様によって部分的な自動運転を含めた最高水準の運転支援システムである。発売時に設定されたグレードは、C180クーペスポーツとC180クーペスポーツ+の2グレードである。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Cクラス クーペの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP