マツダ 2012年10月~モデル(フレア )の買取・査定相場

マツダ フレア
マツダはスズキからOEM供給を受ける新しい軽自動車フレアを発表し、2012年10月25日から発売した。フレアはスズキのワゴンRをベースにしたハイトワゴンで、実質的にはAZ-ワゴンのフルモデルチェンジとなるが、フレアという新しい名前で登場した。内外装のデザインは親しみやすさを追求したのが特徴で、外観はボリューム感や質感を感じさせる縦型ヘッドランプやシンプルなメッキタイプのフロントグリルを施した。またインテリアは明るく暖かみのあるグレーとベージュの2トーンカラーのパネルを採用した。パッケージングは軽自動車規格の中で長いホイールベースを採用することなどにより、室内長2165mm、前後乗員間距離1000mmの大きな居住空間を確保した。大人4人が快適に過ごせる広さだ。同時にコンパクトな最小回転半径4.4m(14インチタイヤ装着車)を両立させたほか、広い開口部を持つ前後ドアや低めでフラットなドアステップにより、優れた乗降性を実現している。また、減速時の運動エネルギーを回生してリチウムイオン電池に蓄電するエネチャージをはじめ、ブレーキを踏んで時速13km以下に減速するとエンジンが自動停止する新アイドリングストップシステム、アイドリングストップ中の送風を蓄冷材で冷風にしてエンジン停止時間を延ばすエコクールなどの新技術を採用することで、優れた燃費性能を実現した。この結果、FF車だけでなく4WD車にもエコカー減税で免税が適用される。運転中にスピードメーターの照明色で燃費の良い運転状態を表現するエコドライブアシスト照明と、運転終了時にエコドライブ度を100点満点で採点するエコスコアで環境に配慮した運転をサポートする。搭載エンジンは可変バルブタイミング機構付きの自然吸気DOHCで、副変速機付きのCVTと組み合わせることで、力強い走りと低燃費を両立させている。安全装備は、登坂発進時にブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる間、車両の後退を抑制するヒルホールドコントロールを採用した。また、急ブレーキ時の操作性をサポートする4W-ABS(4輪アンチロック・ブレーキ・システム)&EBD(電子制御制動力配分システム)&ブレーキアシストも全車に標準装備される。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
マツダ フレアの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

マツダ フレア 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

マツダ フレアを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

車買取査定のお役立ち情報

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP