アウディ TT RS 2017年05月~モデルの買取・査定相場

アウディ TT RS
アウディジャパンは、6年ぶりに「アウディTT RSクーペ」をフルモデルチェンジして、2017年3月28日に受注を開始し、同年5月中旬に発売した。「TT RSクーペ」は、アウディのハイエンドスポーツモデルを手掛ける「アウディスポーツGmbH」が開発した「TT」ベースの高性能モデル。パワーユニットは新開発のオールアルミ製2.5リッター5気筒TFSIガソリン直噴ターボを搭載し、先代に対して最高出力は60ps向上した400ps(294kW)、最大トルクは30Nmアップの480Nmを発生する。リッターあたりの出力は161.3psとなり、1700~5800回転の幅広い領域で最大トルクを発揮するおかげで0-100㎞/h加速は歴代TT最速の3.7秒(欧州仕様値)を実現。最高速はリミッターにより250㎞/hに制限されている。トランスミッションは7速Sトロニックを設定。駆動方式のクワトロフルタイム4WDシステムはコンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチをプロペラシャフトの後部に配置することで前後重量配分に配慮している。これをTT RSとしては初めて「アウディドライブセレクト(コンフォート・オート・ダイナミック・インディビジュアル)」の4つの走行モードと協調制御することで、先代モデルよりも緻密な制御が行われる。コーナリング時には狙ったラインをトレースできるようにトルク配分が調節され、ドリフト状態になった場合でもESCが内輪のブレーキを調整。ボタン操作でESCの作動を完全にキャンセルすることも可能だ。環境性能についてはJC08モード燃費11.7㎞/Lを達成している。エクステリアでは、ハニカムメッシュのシングルフレーム、専用フロントバンパー、固定式リヤスポイラーなどを装備。アウディの量産モデルとしては初となるOLED(有機発光ダイオード)を採用したテールライトがオプション設定された。インテリアは、インストルメントパネルに12.3インチのTFTディスプレイを採用。スピードメーターやタコメーターだけではなく、ナビゲーションシステムをはじめとするさまざまな情報を表示できるアウディバーチャルコクピットが標準装備されている。シャシーは4リンク式リヤサスペンションを採用。「TT」に対してスプリングとダンパーはより硬めに設定され、車高も10mmローダウン化された。電子制御の可変ダンパーを用いた「アウディマグネティックライド」が採用されており、ドライブセレクトを介して減衰特性を変化させることが可能だ。ステアリングは舵角が大きくなるほどレシオが速くなるプログレッシブタイプで、RS専用のスポーティなチューニングが施された。ブレーキは前輪が370mm径のベンチレーテッドディスク、後輪は310mm径のソリッドディスクを採用。前輪のブレーキディスクについては、オプションでカーボンファイバーセラミック製を選択することが可能だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ TT RSの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ TT RS 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ TT RSを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP