アウディ A6 2015年07月~モデルの買取・査定相場

アウディ A6
アウディジャパンは中核モデルであるA6に、外観デザインの変更や新エンジンの搭載など、ビッグマイナーチェンジを実施し、2015年7月30日に発売した。外観デザインはフロントのシングルフレームグリルの形状を小変更したほか、ヘッドライト、バンパー、エアインレットなどが変更されている。リヤもテールランプやバンパーが変更され、サイドシルも変更された。ヘッドライトはバイキセノンヘッドライトが基本で、マトリクスLEDヘッドライトがオプション設定された。ハイビームアシストなど自在な制御を実現したマトリクスLEDヘッドライトの装着車は、ウインカーを使うと内側からクルマが向かう外側に向けてイエローのラインが流れる「ダイナミックインジケーター」を内蔵している。搭載エンジンはベースグレードとなるFF車にA6として初めて直列4気筒1.8リッターのDOHC+インタークーラー付きターボ仕様のTFSIエンジンが搭載された。このエンジンは140kW(190ps)/320N・mの動力性能を発生する。また従来の2.8リッターエンジンに変わって搭載された直列4気筒2.0リッターのDOHC+インタークーラー付きターボ仕様エンジンは185kW(252ps)/370N・mの動力性能を発生する。排気量を小さくしながらも、パワーは20%以上、トルクは30%以上向上させながら、燃費も15%以上も向上させている。ほかにV型6気筒3.0リッターエンジンも搭載されている。こちらはDOHC+スーパーチャージャー仕様で、245kW(333ps)/440N・mのパワー&トルクを発生する。このエンジンも動力性能が向上している。各エンジンと組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニックだが、FFの1.8リッターエンジン用の7速Sトロニックは専用設計で、軽量化や効率アップが図られた。安全装備の充実化では、従来からのアウディプレセンスプラスに加え、アクティブレーンアシストやサイドアシスト、セカンダリーコリジョンブレーキなどが全車に標準装備された。このほか、MMIに統合される進化した仕様のアウディコネクトでは、コンシェルジュサービスやグーグルアースとの連携、Wi-Fi対応などが採用された。グレードはセダン/アバントの1.8TSFI、2.0TFSIクワトロ、3.0TFSIクワトロとオールロードクワトロの設定だ。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アウディ A6の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アウディ A6 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アウディ A6を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP