アルファロメオ ジュリエッタ 2015年04月~モデルの買取・査定相場

アルファロメオ ジュリエッタ
FCAジャパンは、アルファロメオ・ジュリエッタのラインアップに、新型クアドリフォリオ・ヴェルデを追加し、2015年1月17日に発売した。ジュリエッタのクアドリフォリオ・ヴェルデはこれまでにも設定されたことがあるが、今回の新型クアドリフォリオ・ヴェルデの特徴は、アルファロメオ4Cに搭載された新エンジンを搭載したこと。直列4気筒1750ccの直噴ターボ仕様エンジンは、アルミ製シリンダーブロックの採用で22kgの軽量化が図られると同時に、177kW(240ps)の最高出力を実現している。ジュリエッタのクアドリフォリオ・ヴェルデとして初めてアルファTCTのトランスミッションを搭載し、2ペダルでの走りを可能とした点も見逃せない。外観デザインはダークグレー仕上げのフロントグリルやフォグランプベゼル、ドアハンドルを設定し、専用5リングデザインの18インチアロイホイールを標準装備した。インテリアでは、画面表示アラーム式のフロント&リアパーキングセンサーをアルファロメオ車として初めて搭載したのを始め、オーディオコントローラー付きスポーツレザーステアリング、専用レザー/アルカンターラシート(ホワイト/グリーンステッチ付き)やアルファロメオ純正のメモリーナビゲーションシステムを標準装備した。このほか、サウンドジェネレーターを搭載し、よりスポーティなエンジンサウンドを演出している。あわせて、専用ボディカラーのマットマグネシウムグレーを設定し、エアロパッケージや専用18インチアロイホイールなどを装備した特別仕様車「クアドリフォリオ・ヴェルデ ローンチエディション」を50台限定で発売した。同年1月31日にはKEN OKUYAMA DESIGNとコラボレーションして、スポルティーバをベースにKEN OKUYAMA DESIGNが独自で開発・販売する「Kode7 Clubman(コードセブン クラブマン)」と「Kode9(コードナイン)」の要素を取り入れたうえで特別装備を多数採用した特別仕様車「ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ」と「ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ」を発売した。同年3月2日には価格改定を行った。同年4月16日には奥山清行氏とのコラボレーションモデルとして、スポルティーバに続きスプリントをベースに開発された特別仕様車「ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサバージョン スプリント」と「ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカバージョン スプリント」を発売した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アルファロメオ ジュリエッタの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アルファロメオ ジュリエッタ 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アルファロメオ ジュリエッタを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP