アルファロメオ 4C 2014年07月~モデルの買取・査定相場

アルファロメオ 4C
フィアットクライスラージャパンは、アルファロメオブランドのスポーツカー4Cを、2014年7月1日に発売した。4Cは、1930年代の8Cに始まり、1940年代の6Cなどが展開してきたスポーツカーの伝統を今の時代に具現化したモデルで、最高のドライビングパフォーマンスを可能にするため必要とされる要素のみを備え、アルファロメオのレーシングスピリットおよびスポーツカーとしての個性を余すところなく表現した。ボディは全幅こそ1870mmと広いが、全長は3990mmに抑えられ、全高も1185mmと低く構えたスポーツカーデザインを採用する。2シーターの正にコクピット感覚の運転席はスパルタンなスポーツカーを思わせる雰囲気だ。小さめのボディは徹底した軽量化の結果として追求されたもので、ボディにはカーボンファイバー製パッセンジャーセルとアルミニウムサブフレーム、低密度SMC(ガラス繊維強化樹脂)製のボディパネルなど、乾燥重量950kgを実現する超軽量素材を採用した。搭載エンジンは直列4気筒1750ccの直噴ターボ仕様て、アルミ製シリンダーブロック、新世代ターボチャージャー、超高圧式直噴インジェクター、吸気/排気側に備える連続可変バルブタイミング機構、スカベンジング(掃気)テクノロジーを備え、比類なきスポーツパフォーマンスを発揮する。動力性能は177kW(240ps)/350N・mを発生し、パワーウエイトレシオも優れた数値を得ている。軽量ボディを生かして、加速性能は0-100km/hの発進加速4.5秒(欧州仕様参考値)で駆け抜けるという。トランスミッションは乾式デュアルクラッチで6速のアルファTCTが採用される。ATモードとシーケンシャルモードの選択が可能だ。路面や走行状況、ドライバーの意思に応じて走行モードを切り替えるアルファD.N.A.は、ほかの車種に採用される3種類のモードに加え、4C専用のモードしてアルファ・レースも採用された。電子制御式デバイスの介入を最小化することで、すべての操作をドライバーの意思のままにコントロールでき、ABSが作動する緊急回避時を除きESCはOFFの状態になる。またASRも機能しないため、ドライバーのアクセル操作のみでトラクションを自在にコントロールすることが可能となる。2015年3月2日には価格改定を行った。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
アルファロメオ 4Cの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

アルファロメオ 4C 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

アルファロメオ 4Cを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP