現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車買取後の帰りはどうする?車買取業者の対応と備えることを紹介

買取ガイド

車買取後の帰りはどうする?車買取業者の対応と備えることを紹介

車買取後の帰りはどうする?車買取業者の対応と備えることを紹介

店舗での買取やネットオークションを利用した場合、帰り道の手段はどうするのか心配になる方もいるでしょう。車の引き渡しが終われば、乗ってきた車は手元にありません。
車買取後の対応は、車買取業者によってさまざまです。中には別途費用を支払うことで送迎サービスなどを提供している場合もあります。あらかじめ車買取業者の対応例を知っておくことで、帰り道の心配をなくすことが可能です。
そこでこの記事では、車買取後の帰りの対応例を紹介しつつ、事前にどのような対策ができるのかを解説します。他にも、車を少しでも高く売却する方法や買取の流れも確認しておきましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車買取業者は売却後の帰り道も対応してくれる?

車買取業者は売却後の帰り道も対応してくれる?

車を買取業者の店舗へ持ち込んで引き渡しを行う場合、売却後の帰りの対応は業者によって異なります。サービスの一部として無償で対応したり、有償で対応したりと内容はさまざまです。ここからは、選ぶ業者によって対応の違いがどれくらいあるのかを確認しましょう。

車買取業者によって対応は違う

車買取後は、送迎したり代車を貸出したりする車買取業者もいます。サービスを無償で提供する業者もいれば、有償で提供する業者もいるため注意しましょう。事前にどのようなサービスを提供しているのか、無償と有償のどちらなのかを確認する必要があります。

一般的には、無償でサービスを提供している業者が多い傾向にあるようです。別途費用を支払うことでサービスを利用する場合は、見積もり書に諸費用が含まれているため確認すると良いでしょう。

帰り手段が必要になる車買取方法

ネットオークションは個人間、あるいは代行業者と個人の間で車の売買を行います。落札されれば落札者が車を受け取りに行くか、出品者が落札者の元に運ぶかして車を引き渡さなければなりません。そのため、落札者か出品者のどちらか一方の帰り道の費用が必要となります。

専用システムを利用してネットオークションを行う場合は、ほとんどは落札者が帰り道の費用を負担する決まりがあることも把握しておきましょう。お互いに近くに住んでいる場合は大きな出費にはなりませんが、自宅が離れている場合は多額の交通費が必要となることも覚えておきましょう。

車買取業者の帰りの対応例

車買取業者の帰りの対応例

どの車買取業者を利用するかによって、売却後の帰りの対応は異なります。自宅と店舗の距離によっても対応できるサービスが違うため、前もって確認しておくと良いでしょう。ここからは、車買取業者の具体的な対応例をご紹介します。

交通費を支給する

店舗から自宅まで帰るのに、電車やタクシーなど何かしらの移動手段を使わないと帰宅できない方もいるでしょう。そのような場合には、交通費を支給する車買取業者もあります。歩いて帰れない距離の店舗を利用する場合は、事前に交通費を支給してもらえるかどうか確認すると良いでしょう。

ただし、距離によっては全額を負担してもらえない可能性もあります。交通費の支給に上限額を設けている場合もあるため確認しておくと安心です。

送迎サービスを行う

店舗から自宅までの距離がそれほど離れていない場合は、送迎を行ってくれる車買取業者もいます。自宅が遠い場合は、近くの駅まで送迎を行うこともあるようです。

送迎サービスは無償で行う車買取業者が多いため、サービスの提案がない場合はそのようなサービスを行っているか確認すると良いでしょう。

引き渡しまで猶予を設ける

車を使用する頻度が高い方に対しては、引き渡しまで猶予を設けてくれる場合もあります。日数は業者によって異なりますが、だいたい2日~3日でしょう。

たとえば、買い替えのために車の売却をした場合、新しい車が手元に来るまで猶予期間がないと移動に困る方もいます。猶予期間の設置は、古い車を引き渡してしまっても移動に支障が出ないようにするための配慮です。

代車を用意するケースもある

買い替えに際して車の売却を先に行い引き渡しが終わってしまえば、新しい車が来るまでの期間は車がないため思うように動けなくなる方もいるでしょう。そのような場合には、無償で代車を用意してくれるケースもあります。

少しでも早く愛車を売りたいけれど新しい車の納車とのタイミングが合わないという場合は、代車を利用できるサービスの有無で車買取業者を選ぶのも良いでしょう。

車買取後の帰りの手段は事前に対策を!

車買取後の帰りの手段は事前に対策を!

いざ愛車を引き渡して帰ろうとなったとき、「帰り道の手段がない」と悩むのは避けたいところです。車買取後のことまではなかなか頭が回らないものですが、当日に困らないためには事前に対策する必要があります。ここからは、車買取後にスムーズに帰るための対策を確認しましょう。

車買取業者に代車の利用を相談してみる

買い換えのために愛車を手放す場合は、新しい車の納車日と古い車の引き渡し日のタイミングが重要です。古い車を引き渡してから新しい車の納車までに何日かある場合は、業者に代車を利用できるか相談すると良いでしょう。

古い車の引き渡しが終わってから急に「手元に車がないから代車を貸してほしい」と相談すると、手配が難しいこともあります。事前に相談することで、新しい車の納車までの間を快適に過ごすことができるでしょう。

出張買取サービスの利用を検討してみる

出張買取サービスであれば、車買取業者が引き取りに訪問してくれるため帰り道の手段を心配する必要はありません。楽に車の売却を行いたい方には、出張買取サービスが良いでしょう。

査定士が提示した金額で納得しており、車を引き渡せる状態、なおかつ必要書類がそろっていれば即日での引き渡しも可能となります。

帰りの手段と一緒におさえておきたい車の賢い売り方

帰りの手段と一緒におさえておきたい車の賢い売り方

愛車を少しでも高く売りたい方は、賢く売るためのコツを知っておくことがおすすめです。知っているのと知らないのとでは、場合によっては買取価格に大きな差が出ることもあります。ここからは、愛車を少しでも高く売ることにつながる賢い売り方をご紹介しましょう。

査定は一括査定サービスを利用する

車買取業者での売却を希望する場合は、1社よりも複数の業者から査定を受けたほうが買取価格は高くなる傾向があります。

自分で複数社に査定を依頼するのは手間がかかりますが、一括査定サービスを利用すれば簡単に依頼ができるため便利です。また、車買取業者同士を競わせることで、買取価格が上がりやすくなります。

carview!中古車一括査定サービスであれば、必要な情報を入力するだけで、一度で最大10社に査定依頼を申し込めます。忙しく時間がない方にはぴったりのサービスだといえるでしょう。

一番の需要期を狙って売る

愛車を少しでも高く売るには、一番の需要期を狙うことが大切です。需要期に愛車を手放したいと考える場合、需要期とはいつのことなのかをまずは確認しましょう。

    愛車が高く売れる時期

  • 1月~2月
  • 7月~8月

決算月の前(1か月~2か月前)である1月~2月または7月~8月に手放すことで、車買取業者が在庫を求めているタイミングと一致しやすくなり、買取相場も高くなる傾向があります。

車の価値が下がる前に売る

車は1日でも早く売却したほうが買取価格は高くなります。車の価値は年式や走行距離、車検の残りの期間、モデルチェンジ前なのかなどによって買取価格に影響を受けやすいからです。

愛車を簡単に手放すのは難しいことですが、「まだ手放したくない」と思っているとあっという間に車の価値は下がってしまいます。

「急にお金が必要になった」「新しい車に乗り換えると決めた」など、愛車を手放す理由がある場合は迷うことなく1日でも早く売却するのが賢い選択だといえるでしょう。

車買取が完了するまでの流れをおさらいしておこう

車買取が完了するまでの流れをおさらいしておこう

車買取が完了するまでの流れをおさらいしておこう

車買取を依頼しようと思ったら、買取までの流れを頭に入れておく必要があります。何度か愛車を手放した経験がある方も、再度おさらいしておくと良いでしょう。ここからは、車買取が完了するまでの流れについてポイントをおさえながら簡単に解説します。

(1)車売却に必要な書類の準備

普通自動車を売却する場合を例にして、必要な書類にはどのようなものがあるか以下にまとめました。

    車売却に必要な書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証書
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • リサイクル券
  • 住民票(印鑑証明書に記載されている住所と異なる場合のみ)

書類には期限があるものや、申請から発行まで日数を要するものもあります。期限が切れている書類については、再発行が必要なものもあるため注意が必要です。そろえるのに時間がかかる書類は、早めに準備しましょう。

(2)車買取業者を選ぶ

一括査定サービスを利用し査定依頼した場合、複数の車買取業者の査定額を簡単に知ることができます。店舗買取サービスと出張買取サービスのどちらを利用するにしても、納得できる査定額なのか、スタッフとのコミュニケーションはとりやすいかなどを基準に業者を選ぶと良いでしょう。

(3)売却

査定額に納得できれば、契約を行い業者と話し合ったうえで引き渡し日を決定します。契約の際は業者から注意事項などの説明を受け、署名・押印を行いましょう。疑問点はその場で解決しておくとトラブルを未然に防げます。

引き渡し日までには、車に忘れ物がないようにチェックしておきましょう。カーナビに入力してある情報も削除しておくと安心です。

(4)入金

必要書類や引き渡した車に不備がない場合は、入金の手続きが行われます。業者に査定依頼してから入金までにかかる期間はだいたい1か月程度です。

入金は、事務処理の関係で時間がかかることもあります。引き渡し日からの期間で考えると、だいたい3日~7日後に入金されるケースが多いようです。振り込み日には、速やかに口座を確認しましょう。

まとめ

まとめ

店舗への買取やネットオークションを利用して売却を行う場合、自分で車を持ち込むため帰り道の手段について事前に確認しておく必要があります。業者によって無償・有償と差はあるものの、送迎サービスや代車サービスなどを提供していることも多いようです。

持ち込み買取後の帰りの手段に不安がある場合は、出張買取がおすすめです。carview!中古車一括査定サービスでは、出張買取に対応している業者と多数提携しています。必要事項を入力するだけで、簡単に複数業者に査定依頼の申し込みができます。

利用者実績は500万人を超えており、提携業者は300社にも及ぶため、愛車の価値を認めてくれる1社が見つかるでしょう。車を少しでも高く売りたい方はぜひ一度、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ