現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の買取査定をメールだけで済ませたい!しつこい営業電話を避ける方法

買取ガイド

車の買取査定をメールだけで済ませたい!しつこい営業電話を避ける方法

車の買取査定をメールだけで済ませたい!しつこい営業電話を避ける方法

車の買取にはさまざまな手続きが必要です。そのため、多忙な方はなかなか行動に移せず、「早くしないと価値が下がってしまう」と焦りを感じてしまうでしょう。また、査定依頼後に営業電話がたくさんかかってきてしまうケースもあります。気後れし、車の買取をメールのみで済ませたいと考える方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の買取をメールのみで済ませて良いのかという点や、メールで一括査定などを行う際に知っておきたいポイントを解説します。ポイントを把握することによって、買取業者とのスムーズなやり取りができるようになるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

中古車買取のやり取りはメールだけでできる?

中古車買取のやり取りはメールだけでできる?

車の買取査定を、メールのみで済ませたいと思う方も多いのではないでしょうか。ここでは、中古車買取におけるやり取りはメールのみで済ませられるのか否かを解説します。

結論からいうと、メールのやり取りのみで車の買取をしてもらうことは、基本的には不可能といえます。理由は、メールのみの場合は現車の確認ができないためです。

メールは「車種」「走行距離」「年式」「カラー」などの基本的な情報や、簡易的な写真でしか車の状態を判断できません。実際に車の査定額を出す際は、「傷」「へこみ」「錆び」「エンジンの状態」などの要素もチェックする必要があります。

メールでは現車の詳しい部分までは査定ができず正確な査定額を出せないため、メールのみのやり取りでは買取は完了できないといえます。

買取業者にとって営業電話が重要な理由

買取業者が電話連絡に力を入れている理由として、「真っ先に連絡が取れると契約にこぎつける可能性が高い」という認識があるためです。実際に、最初に連絡がついた買取業者ほど話を進めやすく、査定を依頼される傾向にあります。

そのため、買取業者の多くは、どの買取業者もより早くユーザーと連絡を取ろうとします。したがって一括査定に申し込んだ後は、数社から営業電話がかかってくるでしょう。一部の大手買取業者では、査定の申し込みが来た瞬間に自動で電話を発信するシステムもあるほどです。

車の買取業者とメールするポイント

車の買取業者とメールするポイント

車の買取に関するメールを買取業者と行う際は、ポイントをおさえることでスムーズなやり取りが可能です。メールは文字として情報を残せるため、不要なトラブルを避けやすいといったメリットがあります。

「車に関する情報を正確に記載する」「疑問点はきちんと質問する」「誤字や脱字のチェック」「査定をしてもらう買取業者をよく考えて選ぶ」の4つのポイントをおさえると、より良いやり取りができるでしょう。

車に関する情報を正確に記載すること

メールを送る際は、車に関する情報の正確性が重要です。車そのものを実際に見る場合は、査定士が直接隅々まで確認できるため、正確な査定額を算出できます。しかしメールの場合は年式や走行距離など、車の一部分のみの情報しか買取業者は知ることができません。その情報が正確でなければ、概算の査定額を算出するのは困難です。

また、車両情報に誤字や脱字があると、正確な情報を伝えられない恐れがあります。たとえば、走行距離が1万kmであるのに対し、誤って10万kmと記載した場合、査定額は大きく異なります。双方で誤解を生まないためにも、メールを送信する前に誤字や脱字がないかチェックしてみてください。

疑問を残さず質問すること

疑問に感じることがあれば、そのままにせずしっかりと質問をしましょう。疑問が生じたままでいると、トラブルにつながるかもしれません。

メールでやり取りする場合のメリットは、文字としてやり取りを残せることです。電話の場合であると、聞いたことを忘れてしまう可能性があります。疑問点を質問しておくことで、買取業者からの回答を文字として残せるため、あとで見返すことが可能です。備忘録としての機能を果たし、トラブル防止にも役立ちます。

受付時間を確認すること

メール連絡であっても、電話連絡と同じように買取業者の営業時間を確認する必要があります。24時間受付となっている買取業者でも、返信の時間は24時間ではないことがほとんどです。

また、買取業者によってはチャットボットなどで機械的に対応しているところもありますが、このような場合も本格的なメールでのやり取りは営業時間になってからでしょう。

電話がしつこい査定申込後の対処法

電話がしつこい査定申込後の対処法

一括査定などの買取方法を選択すると、場合によってはメールのみのやり取りができず、電話が頻繁にかかってくる可能性があります。

電話が頻繁にかかってくる場合の対処法として、「マナーモードに設定する」「落ち着いている時間帯を知らせる」「査定をしてもらう買取業者を必要最小限にする」の3つの方法がおすすめです。3つの方法を使い、電話が頻繁にかかってくる事態を避けましょう。

マナーモードにすること

査定を申し込んだあとは携帯電話をマナーモードにしておき、必要な時に折り返し電話をかけましょう。どの買取業者も自社で売却してほしいため、ライバル業者に先を越されないようにと必死に電話をかけてきます。マナーモードにしていない場合は、集中的に電話の音が鳴り続ける可能性があります。

仕事中に電話が頻繁に鳴ると、集中できないこともあるでしょう。携帯電話をプライベート用と分けずに利用している場合は、仕事の電話と区別が付かなくなる恐れもあります。マナーモードに設定し、休憩時間中などに着信履歴を確認してから電話をかけましょう。

落ち着いている時間帯を買取業者に伝えること

自分が落ち着いている時間帯を買取業者に伝えることで、ゆっくりと話せるでしょう。忙しい時間帯に頻繁に電話がかかってくると、精神的によくないだけではなく仕事の妨げになるかもしれません。

落ち着いている時間帯を指定すれば、買取業者としっかりと話ができます。時間があれば複数の買取業者と電話ができるので、今後頻繁に電話がかかってくることもないでしょう。仕事の昼休みや帰宅後の時間を指定するのがおすすめです。

査定してもらう買取業者を必要最小限にすること

査定をしてもらう買取業者を必要最小限にすれば、頻繁な電話を避けられるでしょう。一括査定を行う場合は、査定を依頼する買取業者を選べるケースがあります。その場合、厳選した数社のみに依頼することで、電話がかかってくる回数を減らせます。

10社以上の買取業者に査定依頼を送った場合は、申し込み後に電話が一気にかかってくるでしょう。忙しいとすべての電話に対応できないかもしれません。ただし、あまり少なくし過ぎると「複数社からの査定額を比較できる」という一括査定のメリットを得られない恐れがあるので注意しましょう。

断る際には「他の業者に決めた」とハッキリ言う

あまりにも繰り返し電話がかかってくる場合は、「もう他の買取業者に決めて話を進めている」と伝えるのが簡単で効果的な断り方です。他の買取業者で話が進んでいることが分かれば、営業担当も引き下がってくれるでしょう。

逆に、断りづらいからといって曖昧な対応をしていると、再び電話をかけてくるので注意が必要です。相手も仕事なので、こちらも割り切ってハッキリと断りましょう。

メール連絡に対応している一括査定サイトを選ぶ

査定依頼から買取までの全ての行程を完全にメールのみで対応するのは難しいでしょう。しかし、一括査定後の査定額をメールで連絡してくれる買取店もあります。一括査定サイトを利用する際に、「電話もしくはメールで連絡を受け取る」といった記載がないか確認してみましょう。

もしくは一括査定サイトであっても、査定申込み時に査定会社を選択できるタイプもあります。そこである程度絞り込めば、着信の頻度を下げられるでしょう。

最低限の電話対応で車を売る方法と注意点

最低限の電話対応で車を売る方法と注意点

車の買取にはさまざまな手続きが必要で、電話対応に抵抗を感じる方も少なくないでしょう。ここでは、最低限の電話対応で車を売却する方法と注意点を紹介します。

LINEやお問い合わせフォームを利用する

買取業者にもよりますが、LINEを利用した査定に対応している場合、チャットのみで査定額が分かることがあります。LINE査定のメリットはその手軽さです。ただし、直接査定士が車を見ていないため、提示されるのはおおよその査定額であることを意識しましょう。

基本的な流れは以下の通りです。

  1. 1.LINEで友達追加
  2. 2.売りたい車の情報を送信
  3. 3.査定結果が届く

また、査定依頼後の営業電話に抵抗がある方は、お問い合わせフォームから事前に電話を控えてもらうように要求するのも一つの方法です。

心に決めた1社のみに査定してもらう

一括査定サービスで依頼する際に、買取業者を1社のみに絞れば、電話連絡も少なくて済みます。「1社に絞るならわざわざ一括査定サービスを使わず、買取業者に直接依頼しても同じなのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし買取業者は、「一括査定サービス経由」での申し込みにはライバル業者がいるものだと考えています。そのため、買取業者側では足元を見た査定額を出しにくくなるのです。

一方、直接買取業者に依頼した場合はライバル業者がいないと判断され、安い値段で買い叩こうとしてくるケースがあります。つまり、1社だけに査定依頼する場合でも、一括査定サービスを経由した方が高く売れる可能性が高いのです。

オークション形式の一括査定を利用

オークション形式の一括査定を利用した場合、全く電話がかかってこないというわけにはいきませんが少なく済む方法です。必要なやりとりはオークションを主催する買取業者とのみとなり、場合によっては電話1本だけで済むこともあります。

オークション形式の場合、車の査定は社員や提携しているガソリンスタンドなどが行い、各買取業者がネットで入札して買取額を決める仕組みです。査定後に交渉をする必要が無く、高値で売却できる可能性が上がるのが利点ですが、自身で交渉不可能な点と、予想よりも低い価格で落札されてしまう点がデメリットでもあるので注意しましょう。

メールや電話で買取業者の印象を下げないポイント

メールや電話で買取業者の印象を下げないポイント

実際に車を査定してもらう際に査定士からの印象がよくないと、査定額が低くなるケースもあるでしょう。これは対面だけでなく、メールや電話でも同様にいえることです。

印象を下げないためのコツは、「修理歴を偽りなく伝える」「無礼な態度は取らない」の2つです。詳しく解説します。

修理歴をウソ偽りなく伝えること

修理歴は、偽りなく伝えましょう。特に、事故に遭ったことがあり「修復歴」があるのに申告しない場合は、大きなトラブルに発展する恐れがあります。

修復歴ありの車とは、車の骨格ともいえる重要パーツの「フレーム」に、損傷を生じた車のことです。フレームが損傷すると、もとの状態に修正するのは困難といえるでしょう。きちんと修理がされていない車は真っすぐ走らなかったり、カーブでフラフラしたりする可能性があるため、中古車市場においての需要は低い傾向にあります。

修復歴ありとなしでは、査定額に大幅な違いを生じます。偽りの申告をしてそのまま買取が進んだ場合、あとで修復歴が判明すると責任を問われる可能性があるので注意しましょう。

横柄な態度を取らないこと

横柄な態度を取ると買取業者からのイメージが悪くなり、査定額に悪影響をおよぼす可能性があります。買取業者は「会社」ではありますが、メールや電話のやり取りをしている相手は「人」です。ロボットではないので感情があり、ユーザーの態度や言動によってユーザーに持つ印象は変わります。

横柄な態度を取るユーザーよりも、丁寧な対応をするユーザーに良い印象を持ちやすく、最終的な査定額に反映されるかもしれません。良いコミュニケーションを取れるように心がけましょう。

連絡が不快にならない買取業者を見極める方法

連絡が不快にならない買取業者を見極める方法

車買取のメールや電話を行う買取業者は、どこでも良いというわけではありません。車の価値が落ちないうちに効率的に売却をするためにも、ポイントをおさえて良い買取業者を選びましょう。「スタッフの対応が丁寧か」「買取の段取りがスムーズか」「評判の高さ」「対応エリア」の4つのポイントをご紹介します。

スタッフの対応が丁寧かどうか

スタッフの対応の丁寧さは、買取業者を選ぶうえで重要なポイントの一つです。スタッフの雰囲気や対応は、そのまま会社の信頼にもつながるでしょう。

スタッフの雰囲気が悪い場合は、会社としての対応自体も悪いかもしれません。スタッフ同士のコミュニケーションがしっかりと取れていないことも考えられます。スタッフの対応が悪いと満足にやり取りができず、結果的にトラブル発生につながるリスクがあるでしょう。

買取の段取りがスムーズかどうか

買取の段取りも重要なチェック要素です。買取の段取りがスムーズではない場合、「ノウハウがない」「スタッフの質が低い」「人手が足りていない」などが考えられます。

イレギュラーなことが発生した際に段取りが滞ってしまうようだと、スムーズにやり取りができません。さらにスタッフの業務レベルが低いと、仕事に遅れが生じます。その場合、取引の途中で車の相場が変動してしまい、トラブルに発展する可能性もあるでしょう。

人手が足りていない場合は、十分なサービスが受けられないかもしれません。スムーズな段取りを受けられる買取業者を選びましょう。

評判の高さ

評判の高さは、入念な調査が必要な要素です。クチコミなどで、実際に買取業者で査定を受けたユーザーの声をリサーチしてみましょう。「丁寧に対応してもらった」「査定がスムーズだった」「高値がつかなかった」「買い取ってもらえなかった」など、できるだけ多くのクチコミを探しましょう。

SNSは、クチコミサイトを介さない直の声を見られるのが特徴です。クチコミの評価と合わせて見ることで、より詳しく買取業者の評判を確認できます。

対応エリア

重要なチェック要素の一つが、買取業者の対応エリアです。依頼したい買取業者があっても、自分の居住エリアに対応していなければ査定依頼ができません。自分で出向くことも可能ですが、遠方に出向くことで燃料代が発生し、効率の良い売却はできないでしょう。

良い買取業者を見つけても、対応エリア外であれば時間を無駄にしてしまいます。信頼性と評判の高さなどは重要項目ですが、対応エリアについても同時にチェックをしましょう。

carview!車買取なら自分のタイミングで査定できる!

carview!車買取なら自分のタイミングで査定できる!

買取査定時に不安を感じたり、不快な気持ちになったりしないために、ネットで事前に情報収集してから査定に臨むことが大切です。carview!車買取の提携査定業者数は300社以上もあり、優良買取店が多く揃っています。また、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)と連携しているため、初心者でも安心して利用できるでしょう。

ステップ1.サイトで相場をチェックしよう

査定を申し込む前に、愛車の売却相場を把握しましょう。事前に相場を調べることは、中古車を売却するうえでとても大切です。おおよその相場価格を知っておけば、査定時に提示された金額が適正なのかを判断でき、交渉の材料にもなります。また、低すぎる値段で買い叩かれてしまうことの防止にもつながるでしょう。

相場を調べる際には、carview!車買取の相場検索がおすすめです。

https://carview.yahoo.co.jp/kaitori/souba/

ステップ2.売る時期をシミュレーションしよう

1~3月と7~9月は、中古車の需要が高くなる時期です。この時期は新生活の準備やボーナスと重なるため、車を購入する方が多くなります。また、3月と9月は多くの買取業者で決算時期に当たるため、中古車者販売店としても在庫を多く確保したい時期です。普段よりも高額査定が見込めます。

ただし、決算期を狙う場合は1日でも遅れると効果がなくなってしまうので注意しましょう。また、車の価値は日に日に落ちていくものなので、売却を決断したときが一番高値を付ける可能性があります。まずは査定を受けて、納得の売却額になるのかチェックしてみても良いかもしれません。

ステップ3.正確な査定を申し込もう

正確な査定額が知りたくなったタイミングで、出張査定の申し込みや見積もりをもらうのがおすすめです。carview!車買取のウェブ申し込みは入力項目が少なく、パソコンに不慣れな方でも簡単にお申し込みができます。入力項目は以下の4つ、約1分で完了します。

  • メーカー
  • モデル
  • 年式
  • 走行距離

パソコン・スマホのどちらからでも、好きな時間に利用可能です。1度のお申し込みで最大10社へ査定を依頼できるため、簡単に査定額を比べることができます。その中から一番高値を付けたところを選ぶだけです。電話に対しては、ここで紹介したコツを実践してみてください。

まとめ

まとめ

車の買取のやり取りは、メールだけで済ませるのは基本的に不可能です。一括査定などを利用すると、メールだけではなく電話がかかってくることもありますが、「マナーモードにする」「落ち着いている時間帯を伝える」といったことを意識すれば問題ないでしょう。

一括査定を行い、その中で評判や対応の良い買取業者を見つければ、スムーズに高額査定をしてくれる可能性が高まります。

carview!中古車一括査定サービスは、利用人数が500万人を突破した実績があり、安心して利用いただけるのが魅力です。提携社数は300社以上を誇り、居住エリアに合った最大10社に査定依頼を送れます。車の売却は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ