売却ガイド

車を高く売るにはディーラー下取りと買取業者どちらがお得?メリット・デメリットを徹底解説!

車を高く売るにはディーラー下取りと買取業者どちらがお得?メリット・デメリットを徹底解説!

車の売却にはさまざまな方法がありますが、特にメジャーなのが「ディーラー下取り」と「買取業者への売却」です。どちらも車を業者に売却するのは同じですが、それぞれが持つメリットやデメリットは大きく異なります。どちらの方法で売却したほうがよりお得なのか、分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を高く売るにはディーラー下取りと買取業者のどちらがお得か解説します。それぞれのメリットとデメリットを把握すれば、より高額で満足度の高い売却ができるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ディーラーと買取業者での車売却は何が違う?

ディーラーと買取業者での車売却は何が違う?

どちらも業者へ車を売却するのは同じですが、細かい部分まで見ていくと大きな違いがあります。ディーラーの場合は購入が前提の「下取り」であるのに対し、買取業者の場合は市場価格をダイレクトに反映した「買取」です。

それぞれ特徴が異なるため、サービスの本質を把握することでより満足度の高い売却ができます。以下で、各サービスの具体的な特徴を見ていきましょう。

ディーラーは新車の購入が前提の「下取り」

ディーラーで車を売る場合は、基本的に新車の購入が前提の「下取り」となります。車の買い替えをせず、ただ車を売却するだけという場合はほとんど利用しません。

ディーラーは引き取った車をチェックし、査定額を算出します。算出された査定額分を、新車購入費用から差し引く仕組みです。基本的に、下取りに出したディーラーにて新しい車を購入します。ディーラーが取り扱うメーカー以外の車でも下取りはできるので安心しましょう。

買取業者は「買取」が本業

買取業者は、車の「買取」が本業です。ディーラーの下取りのように、車の売却と引き換えに新しい車を購入する必要はありません。そのため、「売却後は車を購入しない」という方にもおすすめです。

買取が本業であるため、買取業者には査定士が常駐しています。常に車の買取に携わっているため、中古車市場について詳しく豊富なノウハウを持っていることが特徴です。買取業者についても、メーカーや車種を問わず売却できるので安心しましょう。不動車や廃車を専門とする買取業者もあるのが特徴です。

ディーラー下取りのメリット・デメリット

ディーラー下取りのメリット・デメリット

引き渡した車の査定額を、新しい車の購入費用から差し引いてくれる「下取り」には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。下取りは、新しい車の購入が前提となるため、次に購入する車が決まっている状態での利用がおすすめです。具体的にはどのようなメリットやデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

メリット1.手続きの手間が省ける

下取りの大きなメリットとして、手続きの手間が省けることが挙げられます。車の購入も売却も同じディーラーでできるため、1か所ですべての手続きを済ませられるのが魅力です。

売却と購入の業者が異なる場合、両方の業者とアポイントメントを取り、スケジュール調整をしなくてはいけません。多忙な方だと手続きがなかなか進まず、新しい車が納車されるまでに多くの時間を費やす可能性があります。車の引渡しと納車のタイミングをうまく合わせないと、不便な生活を強いられることもあるので注意が必要です。

メリット2.車の状態に関わらず引き取ってくれることがある

下取りでは、中古車市場であまり価値のない「古い車」や「状態の悪い車」であっても引き取ってくれる可能性が高い傾向にあります。ディーラーの本業は、「車の販売」です。車を購入してくれるのであれば、状態が悪く価値が低い車を引き取っても利益を確保できます。

新しい車の値引き額は、あらかじめ上限額が決まっていることが多いようです。値引き上限額を超えなければ、実際の価値以上の下取り額を付けてくれることがあります。

メリット3.代車がレンタルできる

ディーラーの下取りであれば、ほとんどのケースで代車をレンタルできるのもメリットです。現在所有している車を先に引渡したとしても、新しい車が納車されるまでの期間、代車を利用すればいつもどおりの生活が送れます。

代車のレンタルができない場合、納車までの間に不便な生活を強いられるかもしれません。日々の買い物や通勤に利用していた場合は、公共交通機関を利用するなど慣れない生活でストレスが溜まる恐れがあるので注意が必要です。

デメリット1.新車購入が前提になる

ディーラー下取りの大きなデメリットとして、新車の購入が前提となることが挙げられます。下取り額は実質的に新車購入費用の値引きとなるため、売却代金を自由に使うことはできません。「売却代金を使って旅行に行きたい」「売却代金の一部で車のパーツを買いたい」というような計画がある場合は、ディーラー下取りの利用は適していません。

デメリット2.査定額は低くなる傾向にある

下取りでの査定額は低くなる傾向にあります。査定額を高く見積もり過ぎると、実際の査定額とのギャップで計画が狂ってしまうかもしれません。ディーラーのメイン業務は、車を販売することです。買取を専門とする査定士が常駐していないケースも多く、中古車市場における車の価値を最大限に反映してくれない可能性があります。

査定額は、現金手渡しや口座振込ではなく、新車の値引きとなるのもポイントです。通常の値引き額と下取り額が一緒にされてしまうことも多いため、実際の下取り額が不明瞭となる可能性もあります。結果的に査定額は低く設定されているケースもあるでしょう。

デメリット3.出張査定には対応していない

買取業者の場合は出張査定サービスがあるケースも多いですが、ディーラーでの下取りは、基本的に出張査定はありません。出張査定なら、自宅や会社など売主の都合の良い場所で査定が受けられます。査定を受ける店舗が遠かったり、時間がなかったりする方には便利なサービスです。

多忙な方だと、店舗まで足を運んで査定を受ける時間がなかなか取れない可能性があります。また、不動車は店舗まで乗っていくことができません。出張サービスがないと、査定の時点で陸送費がかかってしまうのも大きなデメリットです。

買取業者に車を売るときのメリット・デメリット

買取業者に車を売るときのメリット・デメリット

ディーラーへの下取りとは、「車を業者へ売却する」という点では同じですが、メリットやデメリットは大きく異なります。ディーラーとは違い、買取業者は「車の買取」がメイン業務だからです。ここからは、買取業者に車を売るメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

メリット1.売却のみも大歓迎

下取りの場合は新しい車の購入が前提となりますが、買取業者は売却のみでも利用可能です。買取業者のメイン業務は「車の買取」であるため、買取と同時に車を販売しなくても利益を得られます。生活環境の変化によって、車が不要になって売却するという方もいるでしょう。新しい車の購入を前提としない買取は、幅広いニーズに対応できます。

メリット2.査定額が高い傾向にある

買取業者での売却は、下取りよりも査定額が高い傾向にあるのも大きなメリットです。買取業者は独自の販売経路や豊富なノウハウを有していることが多いため、買い取った車を高く再販できます。

買取業者は、買取した車を自社で販売するケースも多いのが特徴です。買取した車を自社で販売すれば余計な中間マージンを省ける分、高い買取額を実現できます。

買取がメイン業務であるため、中古車市場に精通した査定士が常駐しているのもポイントです。車種やグレード・オプション品など、現在の中古車市場の価値を最大限に反映してくれるので、買取額が高くなる傾向にあります。

メリット3.メーカーや車種を気にせず売れる

買取であれば、メーカーや車種を気にすることなく売却可能です。ディーラーの下取りでも、基本的にはどの車でも売却はできます。しかし、ディーラーが取り扱うメーカーの車でないと、査定額が下がる可能性もあるようです。

買取であれば、メーカーによって査定額が下がってしまう心配をすることなく、査定に出せます。業者によって得意な車種は異なるため、より高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

メリット4.出張査定が受けられる

買取業者によっては出張査定を受けられるため、手間がかかりません。出張査定は、自宅や職場・近隣の駐車場など自分の都合の良い場所で査定を受けられるサービスです。買取業者の店舗が自宅から遠いと、なかなか査定を受けに行けない可能性があります。出張査定なら、家を空けられない方や多忙な方でも気軽に利用できるのがメリットです。

また、高額査定を狙って相見積もりを取る場合、複数の業者を回るのは手間がかかります。出張査定を利用すれば、多くの買取業者の査定見積もりを手間なくもらえるのもポイントです。

デメリット1.手続きに手間がかかる

買取の大きなデメリットとして、下取りと比較して手間がかかることが挙げられます。下取りの場合、同じディーラーで売却と購入を同時に手続き可能です。買取の場合は、売却はA店、購入はB店と分けて手続きしなくてはいけません。

複数の業者とやり取りするため、多忙な方だとなかなかスケジュールが合わず、進捗が遅れてしまう可能性があります。買い替えする場合は、買取業者への引き渡し日と新しい車の納車日をうまくスケジューリングしないと、車のない不便な生活を強いられる恐れがあるのもデメリットのひとつです。

デメリット2.業者によって査定額に差が出る

買取業者によって、査定額に差が出るケースが多いので注意しましょう。査定するポイントは、どこの業者でも基本的に同じですが、査定額は大きく異なる場合があります。

査定額に差が出る理由は、買取業者の経営スタイルや販売ルートの違いです。たとえば、カスタムされたスポーツカーを専門に取り扱う買取業者は、純正品のみが付いたファミリーカーの査定は不得意かもしれません。

「国内に自社店舗がある」「海外への輸出をメインとしている」など、販売ルートも業者ごとに異なります。どの業者が愛車に高値を付けてくれるか分からないため、買取は1社だけでなく複数社に査定依頼するのが重要です。

あなたにぴったりの売り方はどっち?

あなたにぴったりの売り方はどっち?

下取りと買取どちらにも魅力的なメリットがありますが、同時にデメリットもあります。それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合った売却方法を見つけることが重要です。ここでは、どういった方が下取りあるいは買取に向いているのかを詳しく解説していきます。

手間なく車を乗り換えたいなら「ディーラー下取り」

車の売却と購入を手間なく行いたいのであれば、ディーラー下取りがおすすめです。下取りは、車の売却と購入をひとつの店舗で行えるため、買取よりも手間がかかりません。

車の売却と購入で業者が異なる場合、店舗間の移動や打ち合わせ・スケジューリングなどに手間がかかるので注意が必要です。買取で出張査定を依頼する場合、査定士の都合も考慮しなくてはいけません。スケジュール調整が上手くいかないと、売却が遅れてしまう恐れがあります。

とにかく高く売りたいなら「買取業者」

とにかく高値で売却したいという方は、買取業者での買取がおすすめです。市場価格をダイレクトに反映して、愛車の価値を適切に評価してくれます。さまざまなメーカーや車種の知識も豊富なプロの査定士がおり、安心して任せやすいのもメリットです。

一口に買取業者といっても、販売ルートや得意とするメーカー・車種は異なります。なるべく高く売りたいなら、複数の業者に依頼して愛車を最も高く評価してくれる業者を選びましょう。

損しないための豆知識!車を高く売る方法とは?

損しないための豆知識!車を高く売る方法とは?

「新型車に乗りたい」「車が古くなってきた」など、車を売却する理由は人それぞれですが、「高く売りたい」という思いは多くの方が共通して持っているでしょう。「買取」を選ぶとより高額査定が狙えますが、高く売るコツは他にもあります。

ポイントは、「自分に合った売り方を決める」「買取相場を事前に調べる」「査定前には車をメンテナンスする」「とにかく高く売るなら一括査定を利用する」の4つです。以下で、詳しく見ていきましょう。

自分に合った売り方を決める

まずは、自分に合った売却方法を決めることが重要です。ここまで解説をしてきたように、買取・下取りともにさまざまなメリットとデメリットがあります。どちらがより優れているというわけではないため、自分に合ったほうを選択しましょう。

車の売却では「高値で売る」ことが重要ですが、「満足度の高さ」も重要な要素です。どれだけ高い査定額を出してくれたとしても、契約までのプロセスや売却後のフォローに不満を感じてしまったら、ベストな選択とはいえないでしょう。

買取相場を事前に調べる

下取り・買取のどちらの売却方法を選択するとしても、愛車の買取相場を査定前に調べておくことが重要です。買取相場を把握していないと、提示された査定額が買取相場よりも高いのか低いのかが分かりません。もし買取相場よりも低い価格を提示された場合、相場を知らないと、そのまま売却して損をしてしまう恐れがあります。

買取相場を把握しておけば、価格交渉もスムーズにできるのがポイントです。安く買い叩かれないためにも、査定前に買取相場を把握しておきましょう。

査定前には車をメンテナンスする

査定に出す前に車の洗車や清掃をしておくと、より高値が期待できるでしょう。車がきれいであると、査定士は「大事に乗られてきた車」という印象を持ちます。定期的なメンテナンスもしていると考えられるため、車の品質についても安心感を持ってくれやすくなるでしょう。

実際には、「車をきれいにしているか」「洗車しているか」などの査定項目はありません。しかし、車がきれいなことで査定士が良い印象を持てば、査定額を上げる最後の一押しになる可能性は十分にあります。

とにかく車を高く売りたいなら一括査定がおすすめ

「とにかく高く売る」ことが目的であれば、一括査定を利用しましょう。より高値で売るためには、複数の買取業者を回り、査定見積もりをもらうことが重要です。見積もりを比べて、最も高値を付けてくれる買取業者を見つけられます。

しかし、複数の買取業者を回ると、移動や手続きに多大な手間がかかります。一括査定であれば、車両情報を登録するだけで複数の買取業者へ一括で査定依頼が可能です。複数の店舗を自分の足で回る必要がなく、手間なく簡単に高値を付けてくれる買取業者が分かります。

まとめ

まとめ

ディーラー下取りでは車の売却と購入がワンストップでできるので、手間がかかりません。一方、買取業者での買取の場合は、独自の販売ルートを持つことや査定のプロがいることで下取りよりも高額査定が期待できます。どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法を選択することが重要です。

「より高く売却する」という目的であれば、一括査定を利用した買取を選択しましょう。買取カービューの愛車無料一括査定サービスでは、全国230社もの買取業者と提携しており、住んでいるエリアに合った最大8社に一括で査定依頼が可能です。

インターネットで必要な情報を登録するだけなので、手間なく高値を付けてくれる買取業者を見つけられます。愛車の売却は、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP