現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売るならディーラーと買取業者どちらがお得?メリットとデメリットを解説

売却ガイド

車を売るならディーラーと買取業者どちらがお得?メリットとデメリットを解説

車を売るならディーラーと買取業者どちらがお得?メリットとデメリットを解説

車の売却にはさまざまな方法がありますが、特にメジャーなのが「ディーラー」と「買取業者」です。どちらも車を業者に売却するのは同じですが、それぞれが持つメリットやデメリットは大きく異なります。どちらの方法で売却したほうがよりお得なのか、分からない方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を売るにはディーラーと買取業者のどちらがお得か解説します。それぞれのメリットとデメリットを把握すれば、より高額で満足度の高い売却ができるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車をどちらに売る?ディーラーと買取業者の違い

車をどちらに売る?ディーラーと買取業者の違い

どちらも業者へ車を売却するのは同じですが、細かい部分まで見ていくと大きな違いがあります。ディーラーの場合は購入が前提の「下取り」であるのに対し、買取業者の場合は市場価格をダイレクトに反映した「買取」です。

それぞれ特徴が異なるため、サービスの本質を把握することでより満足度の高い売却ができます。以下で、各サービスの具体的な特徴を見ていきましょう。

ディーラーは新車の購入が前提の「下取り」

ディーラーで車を売る場合は、基本的に新車の購入が前提の「下取り」となります。車の買い替えをせず、ただ車を売却するだけという場合はほとんど利用しません。

ディーラーは引き取った車をチェックし、査定額を算出します。算出された査定額分を、新車購入費用から差し引く仕組みです。基本的に、下取りに出したディーラーで新車を購入します。ディーラーが取り扱うメーカー以外の車でも下取りはできるので安心しましょう。

買取業者は「買取」が本業

買取業者は、車の「買取」が本業です。ディーラーの下取りのように、車の売却と引き換えに新しい車を購入する必要はありません。そのため、「売却後は車を購入しない」という方にもおすすめです。

買取業者には査定士が常駐しています。常に車の買取に携わっているため、中古車市場について豊富なノウハウを持っていることが特徴です。買取業者についても、メーカーや車種を問わず売却できるので安心しましょう。不動車や廃車を専門とする買取業者もあるのが特徴です。

ディーラーに車を売るメリット

ディーラーに車を売るメリット

下取りは、新しい車の購入が前提となるため、次に購入する車が決まっている状態での利用がおすすめです。ここでは下取りにどのようなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

手続きの手間が省ける

下取りの大きなメリットとして、ことが挙げられます。車の購入も売却も同じディーラーでできるため、1か所ですべての手続きを済ませられるのが魅力です。

売却と購入の業者が異なる場合、両方の業者とアポイントメントを取り、スケジュール調整をしなくてはいけません。多忙な方は手続きがなかなか進まず、新しい車が納車されるまでに多くの時間を費やす可能性があります。しかし、下取りにはそのような心配は不要です。

車の状態に関わらず引き取ってくれることがある

下取りは、中古車市場であまり価値のない「古い車」や「状態の悪い車」も引き取ってくれる可能性が高い傾向にあります。ディーラーの本業は、「車の販売」です。そのため、新車を購入してくれるのであれば、状態が悪く価値が低い車を引き取っても利益を確保できます。

新車の値引き額は、あらかじめ上限額が決まっていることがほとんどです。値引き上限額を超えなければ、実際の価値以上の下取り額を付けてくれる可能性があります。

代車がレンタルできる

ディーラーの下取りであれば、ほとんどのケースで代車をレンタルできます。現在所有している車を先に引渡したとしても、新しい車が納車されるまでの期間は代車を利用して普段通りの生活が送れるでしょう。

代車がレンタルできない場合、納車までの間に不便な生活を強いられるかもしれません。日々の買い物や通勤に車を利用している場合は、納車まで公共交通機関を使うなど慣れない生活にストレスが溜まる場合があるので注意が必要です。

下取りに出すことで新車の値引き交渉ができる

下取りは、今まで乗っていた車の売り値が新車の購入代金から引かれる仕組みです。上手くいけば割安で新車を購入できます。乗り換え予定の新車の値段が高ければ、価格を調整してもらえる確率は高くなるでしょう。

また「新車のオプション追加」などを材料として、下取り額のアップを狙った交渉も可能です。ディーラーは新車の販売を目的としているため、引き取り値を多少高くしても新車を購入して欲しいと考えています。ディーラー側にもメリットがあるため、有益な交渉ができるでしょう。

ディーラーに車を売るデメリット

ディーラーに車を売るデメリット

ここまでは、ディーラーに車を売る際のメリットを紹介してきました。しかし、メリットだけではありません。続いては、ディーラーに車を売る際に注意したいデメリットを詳しく紹介します。

新車購入が前提になる

ディーラー下取りの大きなデメリットとして、新車の購入が前提となることが挙げられます。下取り額は実質的に新車購入費用の値引きとなるため、売却代金を自由に使うことはできません。「売却代金を使って旅行に行きたい」「売却代金の一部で車のパーツを買いたい」というような計画がある場合は、ディーラー下取りの利用は適していないといえるでしょう。

査定額が低くなる傾向にある

下取りでの査定額は低くなる傾向にあります。査定額を高く見積もり過ぎると、実際の査定額とのギャップで計画が狂ってしまうかもしれません。ディーラーのメイン業務は車の販売であるため、買取を専門とする査定士が常駐していないケースも多く、中古車市場における車の価値を反映してもらえない場合があります。

また、査定額が新車の値引きとなる点もポイントです。通常の値引き額と下取り額が一緒にされてしまうことも多いため、実際の下取り額が不明瞭となる可能性もあります。結果的に査定額が低く設定されているケースもあるでしょう。

出張査定には対応していない

買取業者の場合は、出張査定サービスに対応しているところが多くあります。出張査定なら、自宅や会社など売主の都合の良い場所で査定が受けられます。査定を受ける店舗が遠かったり、時間がなかったりする方には便利なサービスです。

一方、ディーラーでの下取りの場合は、基本的に出張査定はありません。多忙な方だと、店舗まで足を運んで査定を受ける時間がなかなか取れない場合があります。また、不動車は店舗まで乗っていけず、査定の時点で陸送費がかかってしまうのも大きなデメリットです。

社外品パーツは不利になる場合も

社外品パーツを取り付けている場合、ディーラーでは低評価につながる傾向にあります。ディーラーでは「純正状態」で販売することが一般的であり、社外品を付けた状態で再販することはないためです。

純正品は歓迎されますが、社外品パーツはすべてマイナス査定になってしまうことも少なくありません。また、自社ブランドの純正品パーツであればメンテナンスや不具合に対処するのは簡単ですが、社外品では不具合に対応できないこともマイナス査定の要素になるのです。

ディーラー以外に車を売る場合のメリット

ディーラー以外に車を売る場合のメリット

ディーラー以外に車を売る場合、「買取業者に売る」という選択肢があります。新車購入を目的としているディーラーとは違い、買取業者は「車の買取」がメイン業務です。ここでは、買取業者に車を売る場合のメリットを詳しく解説します。

売却のみも大歓迎

下取りの場合は新しい車の購入が前提となりますが、買取業者のメイン業務は「車の買取」であるため、売却のみでも利用可能です。生活環境の変化によって、車が不要になって売却するという方もいるでしょう。新しい車の購入を前提としない買取は、幅広いニーズに対応できます。

また、買取業者に車を売却して受け取った現金は自由に使用できる点が大きなメリットです。生活費や貯金、趣味や新しい車の購入費など、好きなように使用できます。基本的にディーラーよりも買取業者の方が高値になりやすいため、下取りに出すよりもお得に新しい車を購入できるでしょう。

査定額が高い傾向にある

前述したように、買取業者での売却は下取りよりも査定額が高くなる傾向にあります。買取業者は独自の販売経路や豊富なノウハウを有しているため、買取った車を高く再販できることが理由です。

また、買取業者は買取った車を自社で販売するケースが多いことも特徴です。自社で販売すれば余計な中間マージンを省ける分、高い買取額を実現できます。

中古車市場に精通した査定士が常駐しているのもポイントです。車種やグレード・オプション品など、現在の中古車市場の価値を最大限に反映してくれるでしょう。

メーカーや車種を気にせず売れる

買取業者であれば、メーカーや車種を気にすることなく売却可能です。ディーラーの下取りでも、基本的にはどの車も売却はできます。しかし、ディーラーが取り扱うメーカーの車以外は、査定額が下がる傾向のようです。

その点、買取業者は車のメーカーによって査定額が下がる心配がありません。ただし、買取業者によって得意な車種が異なるため、より高く買取ってくれる業者を探しましょう。

出張査定が受けられる

出張査定に対応している買取業者も多くあります。出張査定とは自宅や職場・近隣の駐車場など、自分の都合に合わせて査定を受けられるサービスです。買取業者の店舗が自宅から遠いと、なかなか査定を受けに行けない可能性があります。しかし、出張査定なら家を空けられない方や多忙な方でも気軽に利用可能です。

また、高額査定を狙って相見積もりを取る場合、複数の業者を回るのは手間がかかります。出張査定を利用すれば、多くの買取業者の査定見積もりを手間なくもらえるのもメリットの一つです。

ディーラー以外に車を売る場合のデメリット

ディーラー以外に車を売る場合のデメリット

続いては、買取業者などのディーラー以外に車を売る場合のデメリットを紹介します。デメリットもしっかりと理解した上で、自身に合った方法で車を売却しましょう。

手続きに手間がかかる

買取の大きなデメリットとして、下取りと比較して手間がかかることが挙げられます。下取りの場合、同じディーラーで売却と購入を同時に手続き可能です。買取の場合は、売却はA店、購入はB店と分けて手続きしなくてはいけません。

複数の業者とやり取りするため、多忙な方だとスケジュールが合わず進捗が遅れてしまう可能性があります。買い替える場合は、買取業者への引き渡し日と新しい車の納車日を上手く調整しないと、車のない不便な生活を強いられる場合があるため注意しましょう。

業者によって査定額に差が出る

査定するポイントはどこの買取業者でも基本的に同じです。しかし、買取ケースもあります。

査定額に差が出る理由は、買取業者の経営スタイルや販売ルートの違いです。たとえば、カスタムされたスポーツカーを専門に取り扱う買取業者は、純正品のみが付いたファミリーカーの査定は不得意かもしれません。

「国内に自社店舗がある」「海外への輸出をメインとしている」など、販売ルートも業者ごとに異なります。どの業者が愛車に高値を付けてくれるか分からないため、買取は1社だけでなく複数社に査定依頼するのが重要です。

参考:車の引き取り先は中古車買取業者がおすすめ!出張査定で車を売る手順も紹介

時期によって相場が変動する

中古車市場において、車の買取相場は常に変動しています。季節やモデルチェンジなどの影響で、査定額が数万円下がってしまうケースも少なくありません。そのため、売却のタイミングを意識することが大切です。

また、買取業者によって買取価格に差があるため、愛車の価値を正しく評価し、高く買取ってくれる業者を自分で見つけることも重要なポイントになります。

車を売る時にディーラーが向いているかを判断する基準

車を売る時にディーラーが向いているかを判断する基準

下取りと買取どちらにも魅力的なメリットがありますが、同時にデメリットもあります。それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合った売却方法を見つけることが重要です。ここでは、どういった方が下取りあるいは買取に向いているのかを解説します。

手間なく車を乗り換えたいなら「ディーラー下取り」

車の売却と購入を手間なく行いたいのであれば、ディーラー下取りがおすすめです。下取りは車の売却と購入をひとつの店舗で行えるため、買取業者よりも手間がかかりません。

車の売却と購入で業者が異なる場合、店舗間の移動や打ち合わせ・スケジューリングなどに手間がかかるので注意が必要です。また、買取業者で出張査定を依頼する場合は、査定士の都合も考慮しなくてはいけません。スケジュール調整が上手くいかないと、売却が遅れてしまう恐れもあります。

とにかく高く売りたいなら「買取業者」

少しでも高値で売却したい方は、買取業者の利用がおすすめです。市場価格をダイレクトに反映して、愛車の価値を適切に評価してくれます。さまざまなメーカーや車種の知識も豊富なプロの査定士がおり、安心して任せやすいのもメリットです。

一口に買取業者といっても、販売ルートや得意とするメーカー・車種は異なります。とにかく高く売りたいなら、複数の買取業者に査定を依頼して、愛車をもっとも高く評価してくれる業者を選びましょう。

ディーラー以外で車を売る時のポイント

ディーラー以外で車を売る時のポイント

「新型車に乗りたい」「車が古くなってきた」など、車を売却する理由は人それぞれですが、「高く売りたい」という思いは多くの方に共通しています。買取を選ぶとより高額査定が狙えますが、高く売るコツは他にもあります。

ポイントは、「買取相場を事前に調べる」「査定前には車をメンテナンスする」「一括査定サービスを利用する」の3つです。以下で、詳しく見ていきましょう。

買取相場を事前に調べる

下取り・買取のどちらの売却方法を選択するとしても、愛車の買取相場を査定前に調べておくことが重要です。買取相場を把握していないと、提示された査定額が買取相場よりも高いのか低いのかが分かりません。もし買取相場よりも低い価格を提示された場合、相場を知らないと、そのまま売却して損をしてしまう恐れがあります。

買取相場を把握しておけば、価格交渉もスムーズに行えます。安く買い叩かれないためにも、査定前に買取相場を把握しておきましょう。

査定前には車をメンテナンスする

査定に出す前に車の洗車や清掃をしておくことにより、査定士が「大事に乗られてきた車なんだな」という印象を持ちます。これにより、車の品質についても信頼してくれるでしょう。

実際には、「車をきれいにしているか」「洗車しているか」などの査定項目はありません。しかし、車がきれいなことで査定士が好印象を持てば、査定額を上げる最後の一押しになる可能性は十分にあります。

一括査定サービスを利用する

「とにかく高く売る」ことが目的であれば、一括査定を利用しましょう。車をより高値で売るためには複数の買取業者を回り、査定見積もりをもらうことが重要です。査定額を比較して、もっとも高値を付けてくれる買取業者を見つけましょう。

しかし、複数の買取業者を回ると、移動や手続きに多大な手間がかかります。一括査定であれば、車両情報を登録するだけで複数の買取業者へ一括で査定依頼が可能です。複数の店舗を自分の足で回る必要がなく、手間なく簡単に高値を付けてくれる買取業者が分かります。

参考:車の売却テクニックとは?高額査定のコツから業者の選び方まで徹底解説!

ディーラー以外で車を売るならcarview!車買取を選ぼう!

ディーラー以外で車を売るならcarview!車買取を選ぼう!

ディーラー以外で車をより高く売りたいなら、carview!中古車一括査定サービスがおすすめです。全国300社以上もの買取業者と提携しているため、住んでいるエリアや愛車にぴったりの買取業者が見つかるでしょう。ここでは、中古車査定仲介サービスの老舗であるcarview!車買取の魅力を紹介します。

最大10社に一括査定依頼ができる

carview!車買取が提携している査定事業者数は300社以上あり、全国規模の大手の中古車買取店から中古車販売会社、特定の車種に強い専門店まで幅広く網羅しています。ウェブサイトから一度査定申込をするだけで、一度に最大10社の中古車買取店に一括査定依頼が可能です。一つひとつの店舗を訪問して回る必要はありませんので、忙しい方でも気になった時にすぐ利用できます。

また、carview!車買取はJPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しており、協会と連携して安全・安心なサービスを提供している点も強みです。「愛車をより高く売却したい」というユーザーの要望を実現したいという理念を貫いています。

査定の申し込みは最短45秒で完了

車の査定申し込みにはさまざまな情報が必要で、面倒で時間がかかるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、carview!車買取の査定申し込みはとても簡単で、査定金額を知りたい車の「メーカー」「モデル」「年式」「走行距離」を入力するだけで完了します。

走行距離は5,000km単位での入力なので、入力のためだけに車のメーターを確認しに行く必要もなく、車検証に記載されている情報の入力も不要です。パソコン入力が不慣れな方でも、約45秒で入力が完了します。スマートフォンからでも利用可能なので、好きな時間に好きな場所から申し込み可能です。

まとめ

まとめ

ディーラー下取りは車の売却と購入が同時にできるので、手間がかかりません。一方、買取業者で車を売却する場合は、独自の販売ルートを持つことや査定のプロがいることで、下取りよりも高額査定が期待できます。どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法を選択しましょう。

「より高く売却する」という目的であれば、一括査定を利用した買取がおすすめです。愛車の売却を検討している方は、ぜひcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ