ポルシェ 911 (クーペ) 2017年04月~モデルの買取・査定相場

ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェジャパンは新型となった「ポルシェ911GT3」の予約受注を2017年4月6日より開始した。新型ポルシェ911GT3には最高出力368kW(500ps)を発生する4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。自然吸気の高回転ユニットで、純血種のレーシングカーである911GT3カップのエンジンがほとんど仕様変更されることなく使用されている。リヤアクスルステアを装備し、軽量構造で再設計されたシャシーは特別にチューニングされ、レーシングカーと同じテストサーキットでの開発、かつ同じ生産ラインで製造されることで、ポルシェのモータースポーツテクノロジーがそのまま公道仕様のGT3のパフォーマンスに反映されている。ボディサイズは全長4562mm×全幅1852mm×全高1271mm、ホイールベース2457mm。1430kgの車両重量によりパワーウエイトレシオは3.88kg/kW(2.86kg/kW)となり、7速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)の0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は318km/hに達する。新型には6速マニュアルトランスミッションが設定され、マニュアル装着車の0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は320km/hとなる。向上したドライビングダイナミクスに合わせてシャシーは最適化され、911カレラSに対して車高は25mm低く設定された。先代と同様にリヤアクスルステアが採用され、速度に応じて後輪と前輪を同位相または逆位相に操舵し、俊敏性と安全性を同時に向上させている。さらにダイナミックエンジンマウントとリヤディファレンシャルロックもドライビングダイナミクスの更なる向上に寄与している。エクステリアは軽量設計のフロントエンドとフロントスポイラーがエアフローのさらなる向上を目指して最適化。カーボン製のリヤウイング、新しいディフューザーなどがGT3の個性を強調する。インテリアは「918スパイダー」に由来する360mm径のGTスポーツステアリングを装着。シートは運転席と助手席の両方にサイドサポートが強化された「スポーツシートプラス」が備わる。シートの前後調節は手動だが、高さとバックレストは電動調節となる。さらにすべての調節機能が電動となる「アダプティブスポーツシートプラス」、可倒式バックレスト、内蔵式胸部エアバッグ、手動式前後調節機能を備えた「スポーツバケットシート」、カーボン模様仕上げの軽量な「CFRP製フルバケットシート」の3つの仕様が設定されている。なお、6速マニュアルトランスミッションはオプション装備となり、秋以降の生産開始を予定。すべてのモデルが左ハンドルとなる。同年6月30日には内外装に新色を設定した。また「911 Sモデル」に、22kW(30PS)の出力を増強して、331kW(450PS)にパワーアップするキットをオプション設定した。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
ポルシェ 911 (クーペ)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ポルシェ 911 (クーペ) 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

ポルシェ 911 (クーペ)を一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP