メルセデス・マイバッハ Sクラス 2021年07月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・マイバッハ Sクラス
メルセデス・ベンツ日本は、新型「メルセデス・マイバッハSクラス」の日本導入を2021年7月1日に発表、同日より注文受付を開始した。新型メルセデス・マイバッハSクラスは「メルセデス・ベンツSクラス」のロングホイールベースモデルに対して、ホイールベースをさらに180㎜延長して後席居住性を向上させたショーファードブリン。クロームフィンを中央に配したボンネット、「MYBACH」の文字が刻まれたフロントグリル、クローム仕上げのエアインテークなど、フロントマスクはSクラスとは差別化された仕上がりを見せる。サイドビューでは乗降性の向上も図ったリヤドアと垂直に近い角度のCピラーを採用。リヤにはツーピース型のコンビネーションランプを採用し、リヤバンパーとエグゾーストエンドも専用デザインとすることで落ち着きと重厚感のあるリヤエンドとした。ボディサイズは、全長5469㎜×全幅1921㎜×全高1510㎜、ホイールベース3396㎜(欧州仕様車)。全長についてもSクラスより180㎜ほど長い設定だ。インテリアはデジタルとアナログ、さらにラグジュアリーの融合と調和を図ったもので、大型有機ELメディアディスプレイと高級素材や精巧なクラフトマンシップが独特で上質な室内空間を演出。シートはSクラスを踏襲した上で、ダイヤモンドパターンとダブルシームを加え、前席バックレストの背面にはウッドパネルとアンビエントライトを採用。後席左右のエグゼクティブシートは座面とバックレストを別々に調整出来、バックレストのリクライニングは最大43.5度、もっとも起こした角度は19度に設定される。ファーストクラスパッケージ(4人乗り仕様)を選択すると、後席を包み込むようにインテリアウッドトリムが配置され、クーリングボックスや格納式テーブル、シャンパングラスも装備されるなど、さらなる高級感が演出される。後席ドアには電動開閉機構が標準装備となる。ホイールベースを延長したことでリヤドアは大きく重くなったが、これにより傾斜のある路面でも容易に開閉が可能という。また、アクティブブラインドスポットアシストにより、後方から近づく歩行者を検知すると、ドア機能を停止するなど、開閉時の安全性にも配慮した。パワーユニットは最高出力370kW(503ps)/5500rpm、最大トルク700Nm/2000~4500rpmを発生するISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)付き4.0リッターV8ターボのマイルドハイブリッド「S580 4マチック」、最高出力450kW(612ps)/5250~5500rpm、最大トルク900Nm/2000~4000rpmを発生する6.0リッターV12ターボを搭載する「S680 4マチック」を設定する。トランスミッションは両モデルとも9速ATとなり、四輪駆動システム「4マチック」が組み合わされる。さらに後輪操舵システム「リヤ・アクスルステアリング」により駐車時の取りまわし性や走行安定性を向上させている。静粛性についてもアクティブノイズキャンセレーション機能が採用されたほか、Sクラスの内容に加えてリヤホイールハウスの周辺部に発泡吸音材を追加、Cピラーのクォーターライトに使用する合わせガラスの厚みを増し、さらにノイズ軽減タイヤの採用など、追加のノイズ低減対策が施されている。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・マイバッハ Sクラスの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・マイバッハ Sクラス 買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にカービューが独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

年式
グレード
走行距離
現在1年後2年後
現在の走行距離---
+1万km---
+2万km---

メルセデス・マイバッハ Sクラスを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP