メルセデス・ベンツ Aクラス セダン PHV 2021年05月~モデルの買取・査定相場

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン PHV
メルセデス・ベンツ日本は、プラグインハイブリッドモデルの4ドアセダン「A250eセダン」を2021年5月26日に発表、同日より予約受付の注文を開始した。新たに設定された「A250eセダン」には最高出力118kW(160ps)、最大トルク250Nmを発生する1.4リッター4気筒ターボエンジン「M282」をベースとするプラグインハイブリッドシステムを搭載している。フロア下部には15.6kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されており、電気モーターのみで140km/hまで走行可能。航続距離は70.2km(WLTCモードの等価EVレンジ)とした。充電は3.2kWhまでの交流普通充電と、24kWhまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。ドライブモードは以下の6種類を設定。電力消費率や航続距離は運転スタイルによって変化する。・C(コンフォート):デフォルトのモード。走行状況、走行距離に応じて駆動方式が選択される。・ECO(エコ):電気モーターでの走行が優先されるモード。走行状況と走行距離に応じて最適な駆動方式が選択される。・S(スポーツ):最高のレスポンスによりスポーティな走行性能を実現することを重視したドライブモード。 ・I(インディビジュアル):走行特性、ステアリング特性を個別に設定できるカスタマイズ可能なドライブモード。・EL(エレクトリック):セーリングモードが作動し、140km/hまで電気モーターのみでの走行が可能。・BL(バッテリーレベル):充電量を一定に保つため、ハイブリッドシステムによる駆動方式を選択。ELモード走行時にはステアリングホイール裏のパドルによりバッテリーへのエネルギー回収量を5段階で調整が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなり、以下の段階が設けられている。・D+   :コースティング・D    :軽度の回生ブレーキ・D-   :中程度の回生ブレーキ・D--  :強度の回生ブレーキ(ほとんどの場合、回生ブレーキだけで十分な減速が得られる)・D Auto:前走車との車間距離、登坂、降坂などの道路状況も加味し、最適な強度の回生ブレーキなお、完全に停車させるときは、回生ブレーキの設定に関係なく、これまでと同様にブレーキ操作を行う必要がある。購入者には交流普通充電器本体を無償提供するほか、接地にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施する。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
メルセデス・ベンツ Aクラス セダン PHVの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン PHVを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP