ランボルギーニ ウラカン (クーペ) 2017年06月~モデルの買取相場・査定価格

ランボルギーニ ウラカン (クーペ)
アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェにおいて量産車として史上最速のラップタイム、6分52秒01を記録した新モデル「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」を2017年6月8日に発表、同年夏にデリバリーを開始した。 同年3月のジュネーブショーで公開されたウラカンの最新バリエーション。カーボンファイバーを多用することで軽量化されたボディに、アクティブ・エアロダイナミクス「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ(ALA)」の採用が最大のポイント。このシステムは走行状況に応じて空力負荷を変化させるシステムで、加速時には空気抵抗を抑えてトップスピードを向上、高速コーナリング時やフルブレーキング時にはリヤフラップを閉じ、ウラカンに対して750%増のダウンフォースを発生させて安定性を高めることができる。 搭載される自然吸気の5.2リッターV10エンジンは8000回転で最高出力470kW(640ps)、6500回転で最大トルク600Nmを発生する。また、1000回転で70%以上のトルクを実現しているため、実用域での柔軟性も高そうだ。トランスミッションにはデュアルクラッチ方式の7速ATが設定されている。 4WDの駆動方式を採用するものの、乾燥重量はわずか1382kgと軽い。2.16kg/psのパワーウエイトレシオにより、0-100㎞/h加速は2.9秒、最高速は325㎞/h以上と公表されている。 足まわりは前後ともダブルウィッシュボーンを採用。ウラカンに対して垂直剛性が10%、ロール剛性で15%向上させており、オプションで磁性体を用いた磁気粘性ダンパー(アクティブサスペンション)を選ぶことができる。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
ランボルギーニ ウラカン (クーペ)の相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

ランボルギーニ ウラカン (クーペ)買取相場シミュレーター

国内のマーケットデータを元にLINEヤフー株式会社が独自に算出した買取相場シミュレーターです。
車のコンディションや時期によって実際の査定額は異なります。正確なお見積もりは愛車査定依頼を利用しましょう。

現在 1年後 2年後
現在の走行距離
+1万km
+2万km

ランボルギーニ ウラカン (クーペ)を一括査定した人のクチコミ・評判

選択した年式のクチコミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ