フェラーリ F8トリブート 2019年06月~モデルの買取・査定相場

フェラーリ F8トリブート
フェラーリは、ミッドシップのスポーツカー「F8トリブート」を2019年6月25日に発表した。「488GTB」の後継モデルとなるF8トリブートは、先代モデルに対して最高出力が50cv高められており、ボディのさらなる軽量化(-40kg)を実現。さらにエアロダイナミクス性能を10%向上させたほか、最新バージョン(6.1)のサイドスリップ・アングル・コントロール・システムを搭載した。これらにより現行モデルの中でもトップレベルのパフォーマンスとすぐれたコントロール性を実現している。リヤミッドに搭載される3.9リッターV8ターボは最高出力530kW(720cv)/8000rpm、最大トルク770Nm/3250rpmを発生し、0-100km/h加速を2.9秒、0-200km/h加速7.8秒、最高速度340km/hのパフォーマンスを実現する。ターボラグを感じさせず、自然吸気エンジンに匹敵するレスポンスのよさもこのユニットの特徴となっている。フェラーリ・スタイリング・センターでデザインされたエクステリアは、すぐれたパフォーマンスと卓越したエアロダイナミック効果というフェラーリならではの特徴とし、フロント部には「フェラーリ488Pista」で初めて導入された「s-Duct」を装着。よりコンパクト化されたフラットタイプの新型LEDヘッドランプの採用により、ブレーキ冷却用の新型インテークをバンパー外側のインテークと一体化。これによりホイールアーチ全体の気流を改善することでブレーキシステムのサイズ拡大を避けることが出来たという。エンジンルームは新型レキサン製リヤウインドウから見ることが出来る。これはかつての「F40」の特徴的なデザイン要素を現代的にアレンジ。丸形4灯のリヤコンビランプも「308GTB」など、往年の8気筒クーペのデザインを採り入れたもの。インテリアは基本的にリヤミッドエンジンモデル伝統のコクピットデザインを踏襲しているが、ダッシュボード、ドアパネル、トランスミッション・トンネルなど、個々の要素はすべて再設計されている。新世代HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)に加え、円形エアベント、新型ステアリングホイールおよびスイッチ類、新型7インチのパッセンジャー・タッチスクリーンディスプレイなどを装備している。
実際の買取価格と比較!見積もりは1分で完了!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
フェラーリ F8トリブートの相場価格をもっと詳しく調べる
買取相場シミュレーターに「年式・グレード・走行距離」を入力するだけ!

フェラーリ F8トリブートを一括査定した人の口コミ・評判

選択した車種の口コミが見つかりませんでした

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP