現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > ジムニーの中古車買取事情!買取価格や査定時のポイントは?

買取ガイド

ジムニーの中古車買取事情!買取価格や査定時のポイントは?

ジムニーの中古車買取事情!買取価格や査定時のポイントは?

ジムニーは、スズキが販売する車のなかでもとくに高い人気を集める4WDモデルです。2020年2月現在も市場で多くの中古車が出回っていますが、実際の買取価格がどのくらいになるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、ジムニーの具体的な中古車買取相場をグレード別でご紹介します。買取価格や査定時のポイントもあわせて把握しておきましょう。お得な取引につなげるためのポイントやコツも解説するので、記事を読むことで愛車を高値で売却できます。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

ジムニーの中古車買取相場はいくら?

ジムニーの中古車買取相場はいくら?

具体的な買取価格を知る前に、中古車市場での平均的な数字をチェックしてみましょう。carview!車買取で調査した取引内容では、2020年2月17日時点で34万3,000円が平均的な買取価格となっています。使用年数の平均は15年、走行距離は9万1km~9万5,000kmの範囲です。

・J2(2WD)2001年2月~2002年1月:17万円
・L(2WD)2000年3月~2001年5月:17万円
・XG(4WD)2001年6月~2018年7月:28万円
・クロスアドベンチャー(4WD)2012年5月~2014年8月:78万円
・クロスアドベンチャーXA(4WD)2010年4月~2010年0月:66万円

参考:『ジムニー 買取価格相場表(2月17日更新)』

ジムニーで高値がつきやすいグレード

ジムニーで高値がつきやすいグレード

ジムニーは、1970年代から長い歴史を持つモデルとしても知られています。現在でも多くのユーザーから人気を集めていますが、買取相場を知るためにはグレードによって異なる価値を理解することも大切です。高い金額で取引される傾向にあるXCやXL、クロスアドベンチャーなど3種類のグレードについて詳しく解説します。

XC

「XC」は、4代目モデルのなかでもっとも高いグレードです。新車価格が低グレードと比べると高額なため、売却する際も高い値段がつきやすいといえます。XCの特徴は以下のような装備が標準で搭載されている点です。

・LEDヘッドランプ
・ヘッドランプウォッシャー
・LEDサイドターンランプ付ドアミラー
・車線逸脱警報機能
・ステアリングオーディオスイッチ
・助手席バニティーミラー
・メッキインサイドドアハンドル

ステアリングには本革を使用しています。機能性と安全性のみならずインテリア性を向上させた点が魅力です。2020年2月17日現在の現行モデルでもあるため、状態がよければプラス査定も期待できます。

XL

「XL」は、XCよりひとつ下のグレードにあたるモデルです。XCに比べると買取価格は下がるかもしれませんが、ジムニーのなかでは高い価値がつきやすいグレードといえます。安全装備を強化したセーフティサポート装備車を展開している点が特徴です。標準のXLにはない以下のような機能が搭載されています。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能(4AT車のみ)
・ふらつき警報機能
・ハイビームアシスト
・標識認識機能
・ライト自動消灯システム

標識認識機能は、車両進入禁止・最高速度といった表示を認識するシステムです。車のふらつきや車線の逸脱も警告してくれるため、長時間のドライブも安心性が高まります。標準モデルよりもセーフティサポート装備車のほうが高価買取につながるでしょう。

クロスアドベンチャー(4WD)

「クロスアドベンチャー(4WD)」は、旧モデルである3代目に特別仕様車として発売されたグレードです。現行モデルに比べると安くなりがちですが、現在でも人気が高いため高価買取が期待できます。

特別仕様車ということもあり、他のグレードとは異なるデザインが採用された点が特徴です。とくにフロントデザインはひと目で認識できるほどの個性を発揮しており、「周囲とは少し違ったジムニーに乗りたい」と考えている方にも魅力的なポイントといえるでしょう。

2010年4月にはジムニー誕生から40周年を記念して、クロスアドベンチャーXAとクロスアドベンチャーXCが発売されました。上級グレードを求めるユーザーだけではなく、ジムニーファンの注目を集めたグレードです。

ジムニーの買取査定の特徴とは?

ジムニーの買取査定の特徴とは?

ジムニーは、現行モデル・旧モデルいずれも価値が高い車として知られています。軽自動車で燃費性能も良いため、「コストパフォーマンスを重視したい」と考えるユーザーにも人気です。なかでもホワイト・ブラック・ネイビーのボディカラーはプラス査定をねらえるでしょう。ジムニーに関する中古車市場での傾向をご紹介します。

ジムニーはリセールバリューが高い

中古車の買取価格を左右するのは、年式・走行距離といった要素です。年式が古いほど、走行距離が長いほど価値が下がりやすいといわれています。ジムニーにも同様のことがいえますが、人気モデルであるため大幅な減額を避けられるかもしれません。carview!車買取では、以下の条件で45万円の査定額が出た例もあります。

・グレード:XC
・年式:2007年
・走行距離:6万1km~6万5,000km

2020年1月に査定した価格のため、13年落ちのジムニーでも40万円以上の値段がつく可能性があるといえるでしょう。所有年数に比べて走行距離が短い点も高価買取の理由といえますが、装備品やコンディションでもプラス査定が期待できます。

参考:『スズキ ジムニー 買取・査定相場のクチコミ』

人気カラー3色は高価査定のねらい目

ジムニーのグレードだけではなく、ボディカラーも買取価格を左右する要素のひとつです。2020年2月17日現在の現行モデルでは以下のようなカラーを展開しています。

・キネティックイエロー
・シフォンアイボリーメタリック
・ブリスクブルーメタリック
・シルキーシルバーメタリック
・ピュアホワイトパール

上記の他にも多様なカラーと組み合わせがありますが、特定の色が高く買い取ってもらえるわけではありません。ただし、他の車と同様に人気の傾向は見られます。ジムニーでの人気カラーはホワイト系・ブラック系・ネイビー系の3パターンです。

定番のボディカラーである点も人気の理由といえますが、ジムニーはアイボリー系も人気を集める傾向にあります。市場で人気のカラーが価値を左右することを理解しておきましょう。

ジムニーを高値で売るためのポイント

ジムニーを高値で売るためのポイント

ジムニーの売却を検討している方は、少しでも高額で売るためのポイントをおさえることが大切です。人気モデルの価値をさらに高められるかもしれません。現在売却の予定がない方も、将来に向けてメンテナンスを心がけるとお得な取引を実現できるでしょう。ここからは、ジムニーを高い金額で売るためのコツを4つご紹介します。

走行距離をできる限り抑える

中古車のリセールバリューを決める重要な要素が走行距離です。走行距離が長いほど故障のリスクが高まり、劣化しやすいと考えられています。価値が下がる傾向にあるのは、3万km・5万km・10万kmといったタイミングです。これらの数字を上回ると査定額が大幅に変動する可能性を把握しておきましょう。

走行距離を理由に減額されるリスクを避けるには、なるべく運転する距離を抑えるよう意識することが大切です。査定に出す時期が明確になっている方は、契約が決まるまで距離を増やさないよう気をつけたほうが賢明といえます。

ただし、売却時期が決まっていないのであれば気にする必要はありません。ジムニーは走行性能の高さが魅力的なモデルでもあるため、運転を控えるのは売却を考えはじめたタイミングで良いでしょう。

日々の点検を欠かさない

安全かつ快適に運転し続けるためにはメンテナンスが欠かせません。定期的に点検・整備を行っている車と、車検時の整備のみ行っている車ではリセールバリューも大きく変わります。年式が古い車を高く買い取ってもらうためには日ごろのメンテナンスが重要です。

2年に一度の車検だけでなく、3か月・6か月など決まった周期で点検を依頼しましょう。些細な不備にも気付きやすくなるため、故障による修理費用を節約する結果にもつながります。

点検・整備を行った際は、整備記録簿(メンテナンスノート)に細かく記録しておくのもおすすめです。査定時に買取業者が具体的な整備内容を確認できるため、プラス査定に反映できる部分を把握しやすくなります。ユーザーに対する信頼感を高める効果も期待できるでしょう。

外装・車内をきれいにしておく

査定日が決まっている方は、外装と車内をきれいにしてから業者に渡すのも有益な方法です。「外装がきれいだから」という理由でプラス査定になる可能性は低いものの、中古車やユーザーに対する印象はよくなります。

ジムニーは凹凸の激しい場所や悪路でも運転を楽しめるモデルです。走行する場所によっては、ボディに泥がついたりフロアマットが汚れたりすることもあるでしょう。取り除ける汚れであっても、目立つものほど悪い印象を与えます。

査定日までに時間を確保し、洗車と車内清掃で可能な限り清潔な状態にしておきましょう。普段見逃すような小さなゴミや、タバコ・ペットのニオイもチェックできると安心です。

簡単に直せる傷は直しておく

ボディに傷やへこみがある場合は、直してから査定に出すとプラス査定につながるかもしれません。コンパウンドのように、カー用品店で販売されているものを使えば安価で修理できます。自分で対応できるかどうか見極めたうえで挑戦してみましょう。

あまりに深い傷や大きなへこみはそのまま査定に出したほうが賢明といえます。業者に依頼すると大金を費やす可能性があるためです。買取価格よりも修理費用のほうが高額になった場合、結果的に損失を生むことになります。

従って、修理するかどうかは修理費用を考慮して決めるのがおすすめです。無理に自分で直すと傷を深めるリスクもあるため、不安な方は手を加えないほうが良いでしょう。あくまでも自分で対応できる範囲を知ることが大切です。

中古車売却で損しないため覚えておきたいこと

中古車売却で損しないため覚えておきたいこと

中古車を手放す際には、ディーラー下取りよりも買取のほうが高額になりやすいといわれています。交渉が成立しやすい時期もあるため、売却方法とタイミングについて理解を深めておきましょう。複数の業者を比較するときは一括査定サービスがおすすめです。人気のジムニーを高く売るためのポイントを3つご紹介します。

下取りよりも買取のほうが高く売れる

高価買取を目指したい方には、ディーラー下取りではなく中古車買取業者への依頼がおすすめです。すべての取引が高額になるわけではありませんが、買取のほうが高くなりやすい傾向にあります。以下のポイントをおさえたうえで、自分に合った業者を見つけましょう。

・ジムニーなど、売りたい車種を多く取り扱っているか
・これまでの実績が豊富か
・販売ルートを複数持っているか
・海外に輸出しているか

たとえば、外国メーカーの車を売る場合は外車の取り扱いが多い業者のほうが有利といえます。日本で人気のない車やリセールバリューが見込めない車を売りたい方は、海外に販路を持つ業者を探しても良いでしょう。

ジムニーを売る場合は、スズキ車や軽自動車・オフロード車を多く取り扱う業者を選ぶのも有益な方法です。

高価買取をねらうには時期も大切!

中古車の買取価格は「購入したいユーザーがどれくらい存在するか」によって左右します。市場での需要が高いほど買取価格が高くなりやすい点を理解しておきましょう。ねらい目としておすすめのタイミングは1月~2月です。

3月は多くの業者が決算期としており、4月はライフスタイルが変化しやすい時期でもあります。4月に向けて中古車を購入するユーザーが増えるため、業者も在庫を多く確保しようとするでしょう。

また、7月~8月も高価買取のねらい目です。9月に決算期を迎える業者が多く、売上を伸ばす目的で交渉に応じてくれるかもしれません。車の状態と業者選びも重要ですが、タイミングによって査定額が変動する点を把握することも大切です。

一括査定を利用する

複数の買取業者を比較すると、高価買取が期待できる業者を選びやすくなります。しかし、1社ずつ査定を申し込む必要があるため面倒に感じる方もいるでしょう。

一括査定サービスを利用すると、このような手間が大幅に軽減します。車のデータや個人情報を入力し、希望の業者を選んだうえで査定を申し込む仕組みです。入力した情報は選択した業者すべてに共有されるため、入力・送信作業を何度も繰り返す必要がありません。

carview!中古車一括査定サービスでは、300社以上の買取業者から好みの店舗へ査定を依頼できます。ジムニーのような国産車だけではなく、外車の買取を行う業者も選択可能です。愛車を高く売りたい方や実車査定までの手間を省きたい方は、ぜひこの機会にご活用ください。

まとめ

まとめ

スズキが販売するジムニーは、2020年2月17日現在でも高いリセールバリューを維持する人気モデルです。軽自動車でありながら悪路に対応した走行性能も魅力のひとつといえます。現在ジムニーを所有している方や売却を検討している方は、中古車市場での動向を把握しておきましょう。

高価買取を実現するためには複数の業者を比較することが大切です。依頼方法に悩んでいる方は、carview!中古車一括査定サービスにお任せください。多数の業者からエリアを絞り、最大10社への査定申し込みが可能です。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ