現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 買取ガイド > 車の買取額を上げる交渉のコツは?1円でも高く売るための方法を解説

買取ガイド

車の買取額を上げる交渉のコツは?1円でも高く売るための方法を解説

車の買取額を上げる交渉のコツは?1円でも高く売るための方法を解説

車を高い価格で買い取ってもらうためには、査定後に行う担当者との価格交渉が不可欠です。交渉なしでは業者のいい値が反映される可能性もあるため、「交渉を成立させるコツを知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、価格交渉に関する有益な情報を徹底的に解説します。交渉術のみならず、リサーチ力を深めることで準備段階の材料にも役立てられるでしょう。電話で交渉する際のポイントもピックアップしています。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の買取金額をアップさせる交渉のコツ

車の買取金額をアップさせる交渉のコツ

愛車を高額で売却するためには、「売りたい」という意思を伝えたうえで交渉を進めることが重要です。相場より高い金額でも即決はせず、プラス査定になりそうなポイントをアピールすると値上げにつながる可能性も期待できます。交渉で買取金額を上げるためのコツを6つおさえておきましょう。

売りたい気持ちをアピールする

査定金額の大きさにかかわらず、ユーザー自身が業者への売却を希望している気持ちをアピールします。「希望の金額が出たらすぐに売却を決めたい」といった内容を伝えると、業者の意欲も高まるでしょう。

売る意思があいまいな場合や、業者に気持ちが伝わらない場合は「値上げしても契約できないかもしれない」と認識される可能性があります。意思があっても最大限の値上げにはつながりにくいため、売りたいという気持ちを共有しましょう。

また、具体的な売却時期を伝えておくのも交渉成立に有効です。引き渡し日が早いほど業者の在庫になる時期も早まります。「契約後すぐに引き渡しができる」とアピールすることで、値上げに応じてもらえるかもしれません。

即決はしない

査定前に予想していた金額を上回る結果が出た場合、価格に満足ができても即決は避けたほうがよいでしょう。査定額から値が上がる余地は十分にあるため、高く売りたいのであれば交渉してプラス査定を狙うのが賢明です。

業者によっては、ほかの買取業者に査定を依頼されるのを防ぐために「今売却しなければ価格が下がる」といったトークを行うケースがあります。焦って即決したくなるかもしれませんが、一度こらえてほかの業者と比較しましょう。

買取業者は、ユーザーから価格交渉される事態を想定しています。承認できるものとできないものを見極め、お互いに納得できる金額に導く工程が商談です。1店舗目の査定で満足に感じても2店舗以上に査定を依頼し、じっくり比較してから決めましょう。

他社を意識させる

中古車買取の価格交渉において、同業者の競争心を高めるのは有効な方法です。ほかの買取業者に依頼した際の査定額を提示し、「これより高額なら売りたい」といったかたちで競合他社を意識させてみましょう。

実際の査定額を提示しても問題ありませんが、さらなる高価買取を目指すのであれば少し高めの金額を伝えるのもおすすめです。100万円であれば120万円、150万円であれば170万円など、10%~20%を目安に上乗せした金額がよいでしょう。あまりに高額すぎると業者から怪しまれるため、あくまでも現実的な金額に設定することが大切です。

交渉の際に「他社の見積書を見せてほしい」と求められるケースもありますが、これに応じる必要はありません。提示を強いられた場合は、良好な関係を築きにくいと考えて利用を断るのもひとつの手段です。

希望価格は提示しない

車の具体的な査定額が出ていない段階であれば、希望価格は明確にしないほうがよいでしょう。相場や個人的な感覚のみで希望価格を伝えた場合、正当な価格よりも安価な査定額を提示されるかもしれません。

反対に相場を大きく上回る金額を希望すると「ここでは出せない金額を望んでいる」と認識され、交渉がうまく進まなくなるでしょう。ユーザーが大幅な値下げに対応する結果にもなるため、具体的な金額は他社との比較時のみ活用したほうが安心です。

ただし、中古車市場の動向に詳しい方の場合は、具体的な金額のほうがスムーズに交渉成立までたどり着く可能性もあります。これまでに商談の経験があるのであれば、希望価格を伝えて値上げ交渉に進んでもよいでしょう。

アピールポイントを伝える

査定の際に、標準グレードとは異なる装備やオプションなどをアピールすることで、プラス査定に反映されやすくなるでしょう。具体的には以下のような項目です。

・純正カーナビ
・エアロパーツ
・バックモニター
・サイドモニター
・サンルーフ
・ホイール
・レザーシートやシートヒーター
・電動スライドドア
・自動ブレーキ・車線逸脱警告システムなどの安全機能

電動スライドドアや安全機能は標準装備されているモデルも多くありますが、なるべく漏れがないようメリットを伝えましょう。オプション内容がわからない場合は、メーカーのカタログや説明書をチェックするのもおすすめです。標準グレード以外の場合は、グレード名を伝えておくとプラス査定に有効といえるでしょう。

不具合や修復歴は正直に伝える

査定額に影響するような不具合や骨格部分の修復歴がある場合は、すべて正直に伝えなければなりません。買取額が下がるからという理由で隠したまま契約に進むと、のちにトラブルへと発展するリスクがあるためです。以下のようなパーツの修復歴はすべて共有しましょう。

・フレーム
・インサイドパネル
・クロスメンバー
・ピラー
・ルーフパネル
・ダッシュパネル
・フロア
・トランクフロア

上記のいずれかを修復した場合、車のバランスを不安定にさせたり走行できなくなったりといったリスクを高めます。業者が再販売する際の価格設定を左右する要因でもあるため、伝え忘れがないよう注意が必要です。

骨格部分以外の些細な傷やへこみの修理歴は、共有しなくてもよいでしょう。「何を伝えたらよいかわからない」という方は、念のため細かい修理歴を共有しておくと安心です。

電話で交渉する場合のポイント

電話で交渉する場合のポイント

「わざわざ店舗へ足を運んで査定を依頼するのが面倒……」と感じている方は、電話で問い合わせて概算価格を提示してもらいましょう。一括査定サービスから申し込む場合にも、電話での交渉術が役立てられます。実車査定前の概算見積もりは、あくまでも予想価格である点に注意が必要です。電話で交渉を行う際のポイントを2つご紹介します。

概算価格を出してもらう

中古車買取業者に直接問い合わせると、ほとんどのケースで概算見積もり依頼が可能です。問い合わせ時に「車を売りたい」という希望を明確にしたうえで、大まかな金額の提示を望んでいる旨を伝えましょう。

ただし、電話での問い合わせでは見積もりを出してもらえないケースもあります。理由を尋ねて、対応自体ができない場合は諦めましょう。「当日中には出せない」「担当者が退勤した」といった事情があれば、後日折り返してもらうよう伝えるのも有益な方法です。

電話で伝えられる価格は概算であるため、見積もりが出たあとに本格的な交渉に進むのは好ましくありません。伝えられた金額をメモに控え、実車査定を依頼するかどうか検討しましょう。

積極的に質問をする

「実車査定を依頼したい」という希望が少しでもある場合は、買取に関する質問を積極的に投げかけます。売却の意思を認識してもらうために有効です。質問内容がわからない方は、以下のポイントを参考にしましょう。

・実車査定が可能な日時
・プラス査定やマイナス査定の可能性
・査定時に持って行くもの
・売却手続きに必要な書類
・引き渡し日の最短日数

「プラス査定に有利なものはあるか」を聞いておくと実車査定後の交渉にも役立ちます。売却を決定していない段階でも、手続きを想定して入金までの質問事項をピックアップしておくのがおすすめです。実車査定までに必要書類をそろえ、電話で聞いた情報もしっかり反映していることをアピールしましょう。

希望より低い金額を提示された場合の対策

希望より低い金額を提示された場合の対策

売却予定の車にマイナス要素が多い場合や、市場での人気度が低い場合には、相場より低い金額を提示されるケースがあります。

交渉を重ねても応じてもらえないときは、無理に妥協をせず売却を断ることも重要です。諦めたあとは車をどのように使うのか明確にすると、査定額が上がる可能性も期待できます。査定額が低い場合の対策をおさえておきましょう。

納得できないなら売却は避ける

想定していた金額や希望額と大幅な差がある場合は、無理に契約するのは賢明といえません。慎重に交渉を行った結果納得できる金額まで上がらないのであれば、そのまま売却を断って商談を終えたほうがよいでしょう。

業者によっては、「このまま乗り続けても価値が下がるだけ」といったトークで契約に進めようとすることもあります。間違った言葉ではありませんが、契約後に後悔をしないためには諦める決断力も必要といえるでしょう。

希望を明確に伝える

商談の場では契約を断った場合でも、今後どのような使い方をするのか伝えておくのがおすすめです。選択肢として、査定はなかったことにしてこれまでどおり乗り続ける、いったんは諦めるが希望額に達するのであれば売却を決めるなどの2つがあげられます。

「希望額に達した時点で売却したい」という場合は、後日あらためて商談の連絡がくる可能性を考慮しましょう。売りたい車と同じ条件のものを求めるユーザーが現れたとき、希望額での買取を了承するケースがあるためです。業者はすでに再販売が決まっているため、価格交渉が成立しやすくなります。

車買取の交渉に必要な準備

車買取の交渉に必要な準備

車を高値で買い取ってもらうために重要なポイントは、価格の交渉力だけではありません。査定を依頼する前からリサーチを重ね、車のコンディションを整えることも大切です。査定額に影響する要素を理解し、よい印象を与えられるように準備を進めましょう。交渉の準備段階で必要な工程を3つご紹介します。

買取相場を調べる

価格交渉を成立させるためには、自分自身が愛車の相場を理解しなければなりません。提示する金額が低すぎたり高すぎたりすると、業者から「車に関する知識がない」と認識される可能性が高まります。

中古車の買取金額相場は、インターネットからの検索によって情報収集が可能です。スマートフォンやタブレットといった端末でも気軽に調べられるため、隙間時間を活用して複数のサイトから情報を集めましょう。

相場を調べる際には、可能な限り愛車と条件の近い車を参考にするのがおすすめです。車種と年式だけではなく、走行距離・グレード・型式など詳細まで条件に加えると現実的な価格を把握できるでしょう。

洗車、車内の清掃をする

査定前の洗車と車内清掃も重要なポイントです。マイナス査定やプラス査定に大きく影響するものではありませんが、業者の印象を左右しやすい部分といえます。

査定以外のタイミングで他人の愛車を見る際も、汚れが目立つ車はよい印象を受けないでしょう。「購入時から現在まで丁寧な扱いを続けてきた」と認識してもらうために、車内の隅まできれいな状態にしておきます。

車内清掃と同時に、においの対策を行うのもおすすめです。タバコやペットのにおいは、業者に与える印象のみならず新ユーザーの購買意欲にも影響します。完全に消失させるのは困難ですが、においに敏感なユーザーが不快に感じない程度の空間を心がけることも大切です。

純正部品、整備手帳を保管しておく

純正部品や整備手帳(メンテナンスノート)を保管している方は、きれいな状態のまま提出しましょう。いずれもプラス査定が期待できる物品です。

ホイールやカーナビなどの純正部品を取り外した方は、査定の際に車とともに提出します。無理に購入時の状態へ戻す必要はありません。純正部品単体でもしっかり査定してもらえるため、取り外したあとも大切に保管していたことをアピールしましょう。

整備手帳には、これまで行われてきた点検や整備に関する情報が記録されています。整備歴が明確になるだけでなく、定期的にメンテナンスを行っていた丁寧さをアピールするためにも役立つものです。再販時にはコンディションを提示する材料として活用されるため、純正部品とあわせて提出しましょう。

まとめ

まとめ

車の買取金額をアップさせるためには、業者の営業担当者と交渉を重ねるのが有益な方法です。交渉が苦手な方でも、コツを複数点おさえることでお得な取引が実現できるでしょう。相場を把握するリサーチ力も交渉に有利といえます。

さらなるプラス査定を望むのであれば、一括査定サービスを活用して2社以上の査定額を比較する方法がおすすめです。carview!車買取では、全国に展開する多数の大手買取業者から希望に沿った店舗を選択できます。高価買取を希望している方は、ぜひこの機会にcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ