買取ガイド

車検切れの車は買取価格に影響する?知っておきたい注意点とは

車検切れの車は買取価格に影響する?知っておきたい注意点とは

生活環境の変化などで車に乗る機会が減り、車検を通さないまま所持しているという方もいるでしょう。とりあえず保管しておいたものの、今後も車に乗りそうもない場合、「売却」という選択肢も生まれます。しかし、車検切れの車であると、買取価格に影響するのか不安だという方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車検切れの車は買取価格に影響するのか、さらには知っておきたい注意点も解説していきます。正しく把握すれば、車検切れの車でもスムーズに売却可能です。ぜひチェックしてみましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車検切れでもマイナス査定にはならない!

車検切れでもマイナス査定にはならない!

結論からいうと、車検が切れている車であってもマイナス査定にはなりません。車検切れは気にせず、買取査定をしてもらいましょう。

単に車検が切れているだけであれば、車の価値が大きく下がることはありません。乗る機会がないのならば、売却した方がお得です。では、なぜ車検切れでもマイナス査定にならないのか、詳しく解説をしていきます。

わざわざ車検に通す必要はなし

車検が切れていても車の価値は大きく下がらないので、売却するためだけにわざわざ車検に通す必要はありません。

車検の費用は車種にもよりますが、10万円ほどすることもあり高額です。確かに売却時に車検の残期間があると、プラス査定にはなります。しかし、残期間でプラスされる額は1万円~2万円であることが多く、車検費用の方が高く付きます。費用対効果を考えると、車検に通さないで売却した方が利益は高くなると言えます。

マイナス査定にはならないが注意点はある

売却時に車検切れの状態でも、マイナス査定になりません。買取業者にとって買取後の影響がないからです。しかし、車検切れの車は許可なく公道で運転することができないので、買取に出す場合は出張査定サービスを利用するか、仮ナンバーの申請をして買取店舗へ持ち込む必要があります。

車検切れの車を買取に出す方法は3つある

車検切れの車を買取に出す方法は3つある

車検が切れている車を買取に出す場合、3つの方法があります。「下取り」「出張買取」「個人間売買」です。どれも車を売却するという目的は同じですが、売却方法が大きく異なります。それぞれの方法を把握し、ベストな方法で車の売却をしましょう。それでは、3つの売却方法を詳しく解説します。

下取り

下取りは、販売店で新たに車を購入する際に利用する売却方法です。現在所有している車を販売店に引き渡し、その査定額分を購入価格から差し引きます。

販売店でそのまま売却手続きができるため、他の業者に持ち込んで査定を受ける手間がかかりません。

しかし、新たな車の値引き額と下取り額が合算されることも多く、純粋な下取り額が分かりにくい傾向があります。買取専門業者ではないため、査定額が低めになりがちで、社外品はプラス評価を受けにくい場合もあるので注意しましょう。

出張買取

出張買取は、自宅や職場など、ユーザーが指定する場所まで買取業者が来てくれるサービスです。店舗まで車を持ち込む必要がないため、手間がかかりません。車検が切れていたとしても、仮ナンバー申請などの手続きをせずに査定を受けられるのもポイントです。

自宅というユーザーのホームタウンで査定士と話し合いができるので、希望の条件を自分のペースで伝えられるのもメリットと言えます。

しかし「せっかく来てくれたのに、断わるのは申し訳ない」と、遠慮してしまいやすいのがネックです。業者側は、断わられるのには慣れているため、あまり気にしないようにしましょう。

個人間売買

個人間売買は、間に業者を挟まず、車の売買を個人間で直接行う方法です。オークションサイトで出品されている車を落札して購入する方式などが一般的な取引方法となります。

中間マージンがかからないため、買取業者に売却するよりも高値で売却できる可能性があります。

しかし、個人間売買にはリスクがともないます。取引成立後に「お金が支払われない」「調子が悪いというクレーム」などのトラブルが発生することもあります。特に初心者の場合は、避ける方が無難かもしれません。

車検切れの車を買取するときに必要な書類とは?

車検切れの車を買取するときに必要な書類とは?

車検切れの車でも売却時に必要になる書類は、車検の有効期限が残っている車を売るときと変わらず、以下の6つの書類が必要になります。書類を早めに準備しておいて、もし不足しているものがあれば再発行の手続きをしましょう。

1.定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿は、12か月や24か月など決められた時期に点検がされているか確認できる書類です。これを見ると車の整備状況を把握できたり、消耗品の交換履歴が分かったりします。

定期点検整備記録簿があると、車を定期的にメンテナンスしてきたという実績の証明になるので保管しておくことを推奨します。売却するときにプラス査定される要素でもあるため、どこに保管していたのか今一度確認してみてはいかがでしょうか。

2.リサイクル券

リサイクル料金は新車、中古車を問わず車を購入したときに支払う料金ですが、この料金を支払った証明になるのがリサイクル券です。A券・B券・C券・D券の4種類で構成され、それぞれに異なった役割があります。A券が預託証明書、B券が使用済み自動車引き取り証明書、C券が資金管理料金、D券が料金通知書券発行者控えです。

また、リサイクル料金が使用されるのは車が廃車になったときなので、車を売却した際には預託金相当額が返金されます。もし、リサイクル券を紛失した場合は、車検証を準備してから自動車リサイクルシステムのWebサイトにアクセスし、自動車リサイクル料金の預託状況にて車体番号を入力してデータをダウンロードしましょう。プリントアウトしたものがリサイクル券の代わりになります。

3.納税証明書

納税証明書は、自動車税を納めていることを証明する書類です。車を売却する際に必要になるので、最新の納税証明書を保管しておいてください。ただし、クレジットカードで納税したときは証明書が発行されないので、その際はクレジットカードで納税したと業者に伝えましょう。納税証明書はサイズが小さく紛失しやすいので注意が必要です。

なお、自動車税の滞納があると車を売却できないことがあるため気をつけましょう。もし、納税証明書を紛失した場合は、お近くの自動車税事務所にて早めに再発行の手続きを行うことをおすすめします。

4.自賠責保険証明書

自賠責保険書は、正式名称を自動車損害賠償責任保険証明書といい、加入が義務付けられている保険です。車を売買するときに自分で車を運転しない(出張買取、積載車で買取店に運搬など)場合は、自賠責保険が切れていても問題ありません。

しかし、自分で車を運転して買取店まで持っていくのであれば、仮ナンバーを申請し、さらに自賠責保険に加入する必要もあります。自賠責保険が切れた状態で公道を運転すると違反になるので注意しましょう。自賠責保険は車検の期間分で加入することが多いので、車検が切れたら自賠責保険も切れていると考える方が無難です。

5.自動車検査証

車検証は、自動車が保安基準に合っているか証明する書類です。他には、使用者と所有者の情報や車の車体番号などが記載されています。車を運転するときは車検証を携帯する義務があるため、車内の収納スペースにて保管されていることが一般的です。

車を売却する際にも必要なので、無くさないよう大切に保管しておきましょう。もし、車検証を紛失した場合は、お近くの運輸支局で再発行の手続きができます。

6.その他の書類

「委任状」と「譲渡証明書」の2種類は、業者が用意してくれるケースが一般的と言えます。委任状とは、車の売買に必要になるさまざまな手続きを業者に委任したと証明する書類です。譲渡証明書は、自身が持っている所有権を業者に移行し、車の名義も業者に変更したことを証明する書類です。

基本的に業者がこの2つを用意してくれますが、手続きの内容としては、住所や氏名を記入して実印を押す(普通車の場合)だけなので手間はかかりません。

車検切れの車を買取する前にやっておくこととは?

車検切れの車を買取する前にやっておくこととは?

車を売却する際、事前の準備をしておくことで、より高く売却できる可能性が高まります。売却前にしておくべきこととして、「車の清掃を済ませる」「必要な書類を用意する」「信頼できる業者を見つける」の3つが挙げられます。少々手間がかかるかもしれませんが、より良い取引のためにも確実に行いましょう。それぞれを詳しく解説します。

車の清掃を済ませる

買取額を少しでも上げられるように、査定へ出す前に車の清掃をしておきましょう。車をきれいにしておけば、査定士の車に対する印象がよくなるのがメリットと言えます。

信頼できる業者を見つける

車を売却する場合、査定を信頼できる業者に依頼することが大切です。中古車業界においては、多くの業者が「中古自動車査定基準」にのっとって査定しますのでポイントは同じです。しかし、最終的な査定額は業者によって大きく変わることもあります。そのため、業者選びは重要です。

「業者の利益とは関係なく、親身になって対応してくれる」「気軽に相談できる」など、顧客を第一に考えてくれる業者を選びましょう。業者選びについては次項で詳しく解説します。

一括査定サービスを利用する

一括査定サービスとは、個人情報や車の情報を入力するだけで、複数の買取店に一括で査定依頼ができるサービスのことです。このサービスを利用すると、複数の買取店を競わせて査定額を高められる可能性が上がります。

複数の買取店から査定額が提示されて、その中から高額のところを選ぶだけなので簡単に利用可能です。また、大手の買取業者から地域密着型や専門店型など、さまざまな買取店を紹介してもらえることもあります。買取店によって車の得意分野が違うので、自分の車の買取が得意な買取店に査定依頼をすると良いでしょう。

車検切れの車を買取するときの業者選びのポイント

車検切れの車を買取するときの業者選びのポイント

現在では、さまざまな買取業者が車の買取業務を行っています。全国規模の業者、地域に根差した小さな業者など、実にさまざまです。多くの買取業者が存在しているからこそ、どこに依頼したら良いのか迷う方も多いでしょう。

ここでは、業者選びのチェックポイントを解説します。きちんと把握して、信頼できる業者を選びましょう。

取り扱っているメーカーが多い

取り扱うメーカーが多ければ、それだけ安心して買取を依頼できます。メーカーが限られている場合、取り扱いのあるメーカーとそうでないメーカーとの間で知識の面で差が出る場合があります。

対応が丁寧

顧客に対しての丁寧さも重要なポイントです。担当者が丁寧な対応をしてくれる業者とは安心して取引ができるでしょう。

業者の利益とならない質問をしても、快く答えてくれるかどうかも大切なポイントです。顧客のどのような質問にも丁寧に答えてくれる業者は、顧客第一の姿勢を持っていると言えます。顧客のためにいろいろと動いてくれるという期待がもてるので、「売ってよかった」という満足度も高くなるでしょう。

見積もりが無料

見積もりが無料であるかもチェックしておきましょう。見積もりが無料であれば、売却中止による顧客側の不利益は生じません。

出張査定も含めて見積もりが無料の業者は、見積もりで発生する人件費や手間代などを被っていることになります。顧客の不利益を代わりに被っているとも言え、顧客第一の業者であると言えるでしょう。

居住エリアに対応している

自分の居住エリアに対応している業者であるか、初めに確認しておきましょう。いろいろと調査をして「この業者が良い」と決めても、自分の居住エリアに対応していなければ査定依頼はできません。

特に出張買取を依頼する場合は、業者が対応しているエリアに限られます。地域に根差したローカル業者であると、業者が本拠を置く都道府県とその隣県しか対応していない、というケースも多くあるので注意しましょう。

車検切れの車を売るなら買取カービューを活用しよう!

車検切れの車を売るなら買取カービューを活用しよう!

車検切れ状態で車を買取に出すなら、買取カービューの「愛車無料一括査定サービス」がおすすめです。買取カービューの魅力を「簡単に申し込みができる」「事故車や不動車も査定ができる」といった2つのポイントからご紹介します。

どの一括査定サービスを利用したらよいか悩んでいるという方はぜひ、チェックしてみて下さい。

簡単に一括査定が申し込める!

インターネットから簡単45秒の査定申込みを一度するだけで、最大8社の買取店に同時に一括査定依頼ができます。8社の買取店から提示された査定額の中から、一番高い査定額を提示したお店を選ぶだけで簡単に最高値で車を売ることが可能です。

また、2000年5月に中古車査定仲介サービスを開始して以降、これまで450万人以上が利用しており、実績は業界でもトップクラスです。

ユーザーが安心して自動車を売却できる環境づくりを目指しており、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟しています。

事故車や不動車の査定もできる

車検切れとなってしまう原因のひとつに、事故や故障で車が動かなくなってしまったというケースもあるでしょう。買取カービューが提携している230社以上の買取業者の中には、事故車や不動車も取り扱っている業者があります。

そのため、値段が付きづらい車や他社で処分費用が掛かると言われた車でも、値段をつけて買い取ってくれる業者を見つけやすいのも特徴です。

まとめ

まとめ

たとえ車検切れの車であっても、車の価値が下がっているわけではありません。車検切れを理由に、マイナス査定になることはないので安心しましょう。

車検切れの車を売る場合だけでなく、車検の有効期限が残っている車を売る場合にも言えることですが、車を売る際はポイントを押さえたうえで価格交渉をすることが大切です。買取希望額を伝える、売りたい意思を業者に伝えるなど、この記事で紹介した2つのポイントを押さえて高額査定を目指しましょう。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP