査定ガイド

車の査定っていくらかかるの?気になる費用や買取査定の流れについて徹底解説します

車の査定っていくらかかるの?気になる費用や買取査定の流れについて徹底解説します

車を売却するうえで査定は欠かせない工程です。高額で売却するには複数の業者から査定を受けることが重要ですが、査定にかかる料金が気になる方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車の査定にかかる費用について詳しくご紹介します。どのようなときに費用がかかるのか把握しておけば、売却して受け取れる金額なども正しく計算できるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車の査定は買取業者に依頼すれば無料!

車の査定は買取業者に依頼すれば無料!

「車の専門家が時間を割くのだから、査定は料金がかかるのではないか」と思う方もいるかもしれませんが、買取業者に依頼すれば基本的には無料で査定をしてもらえます。査定を受けただけで費用を請求されることはまずない、と考えておいて大丈夫でしょう。

ただし、店舗に持ち込みで査定を受ける場合は無料でも、出張査定では費用がかかるケースはあります。どのサービスに費用がかかるかは業者次第なので、利用前に一度確認すると安心です。支払いはなくても、査定額から引かれているケースがあるので、査定額の明細も確認するようにしましょう。

車の査定から買取・下取りで費用がかかるケースって?

車の査定から買取・下取りで費用がかかるケースって?

車の査定は無料で行われることがほとんどですが、例外もあります。査定にともなう諸費用は、必要に応じて別途請求されることもあるでしょう。ここでは、どのようなときに、どのような料金が必要になるのかを説明します。

ディーラーによる下取りでかかる査定料

査定料は査定を行うために必要な人件費です。査定を行う際は、必ず業者にコストが生じます。業者はあくまでも「サービス」として無料査定しているだけで、コストはかかっていることを忘れないようにしましょう。

ディーラーに下取りに出す場合は、査定料が有料のケースも少なくありません。ディーラーによって違いはありますが5,000円~1万円ほどかかることが多いようです。

下取りは新車の購入が前提のため、査定に関わる費用は新車の見積書に含まれていることが多く、気がつかずに支払っている方も多いかもしれません。交渉次第で査定料の値下げに応じてもらえることもあるので、「他では査定料が無料だった」などと交渉すれば出費を抑えられることもあるでしょう。

下取り諸費用ってなに?

下取り諸費用の内訳は、車の名義変更や廃車手続きといった手続きの代行費用が多くを占めます。5,000円~1万5,000円ほどかかることが多いでしょう。下取り額から差し引かれていることがあるので、名目や金額を知りたい場合は明細で確認できます。

ただし、この下取り諸費用は以前からの慣習が現在も残っているだけと考えたり、これらの手続きは買った側が行う手続きで、売る側は支払う必要がない費用だという見方もあったりするようです。下取り諸費用が請求された場合は、無料にしたり減額したりしてもらえないか、交渉してみても良いかもしれません。

自走できない場合は運送費がかかる

車検切れや故障で自走できない車を売却する場合は、運送に必要なレッカー代などの費用を請求されるケースがあります。運送費は運転して業者まで移動できる車には必要ありません。費用は業者や運送距離などによって変わるため、事前に確認しましょう。

しかし、自走できない車を売るときに必ず運送費がかかるわけではありません。無料で行ってくれる買取業者も多いので、少しでもお得に車を売りたい方は運送費の有無も買取業者選びのポイントにすると良いでしょう。

車の譲渡料

ローン支払い中の車などは所有権の名義がローン会社やディーラーになっていることがあります。所有権のない車を勝手に売ることはできないので、売却するには名義変更の手続きをしなければなりません。自分でもできますが、業者が代行することも可能です。この手続きに必要な代行料や名義変更にかかる諸費用などが譲渡料に含まれます。

金額は業者によって異なりますが、無料で行っている業者も少なくありません。名義変更が必要な場合は、譲渡料がかかるのか、金額はいくらになるのかの確認も忘れないようにしましょう。

二重査定となった場合

引き渡した車に不備が見つかると、車の再査定が必要になります。初回の査定料は無料でも、再査定は有料であることが多いので注意しましょう。

二重査定を防ぐためには、売却する車の状態をきちんと把握しておくことが重要です。車に修復歴があっても、査定時にきちんと報告すれば二重査定は必要ありません。

新車で購入して自分が管理していた車なら修復歴があるかはっきり答えられるでしょう。しかし、中古で購入した車は以前のオーナーが修復歴を隠しているケースも考えられます。自分でも把握していない修復歴が指摘される可能性があることも覚えておきましょう。

車を売るなら知っておきたい!高額査定をねらうコツ

車を売るなら知っておきたい!高額査定をねらうコツ

車を売却するのであれば、できる限り高く売りたいものです。しかし、高く売るためには何を行えば良いのか、具体的な方法は分からない方も多いのではないでしょうか。ここでは、高額査定を狙うためのポイントを解説します。

純正パーツを完備

売りに出す車の純正パーツがそろっているかどうかでも買取額が変動します。純正パーツがそろっているほど買取額は高くなりやすいので、純正以外のパーツを取り付けて車を改造している方は、査定時に取り外した純正パーツを準備しておきましょう。

車を改造したときには、外した純正パーツを失くしたり、劣化させたりしないよう、保護してまとめて保管しておくことも大切です。

修復歴などを偽りなく申告する

車を高く買取ってもらいたいからといって、査定時に嘘をついて修復歴や故障を隠そうとするのはやめたほうが賢明です。

業者は車の取り扱いのプロなので、査定や引き取り後のチェックで嘘はばれてしまうでしょう。意図的に嘘をついて不都合なことを隠していたことが分かると、査定額の減額や契約解除、ときには瑕疵担保責任を問われて損害賠償を請求されることもあります。車の状態は良いことも悪いことも正直に申告することが、最終的に損をしない方法です。

売却のタイミングを考える

高額査定を狙うには、車を売却する時期を考慮することも重要です。決算期を控えた1月~2月や7月~8月は買取が強化されて中古車市場が活発化し、買取額が高くなる傾向があります。

またモデルチェンジも買取額を左右するタイミングです。モデルチェンジが告知されると、旧型モデルは市場価値が下がるでしょう。モデルチェンジ後は新型モデルへの乗り換えで旧型モデルが中古車市場で供給過多にもなるので、買取額は下がるのが一般的です。高額査定を狙うのであれば、モデルチェンジが発表される前に売るのがコツです。

走行距離が大台に乗る前

走行距離は車の劣化を計る大事な指標のひとつです。走行距離が長いほど車は使い込まれており、各パーツにダメージが蓄積しているでしょう。そのため、5万km、10万kmの大台に乗るごとに買取額は下落していきます。

走行距離9万9,800kmと10万kmでは買取額に差が出ることが多いので、こまめに走行距離をチェックして、大台を言われる走行距離になる前に売ることを心がけましょう。

安心して査定を依頼するための業者の選び方

安心して査定を依頼するための業者の選び方

安心して査定を依頼するには、買取業者選びも重要です。信頼できる業者か判断するためには、査定士の対応や交渉の方法なども重要な情報源になります。安全な取引をスムーズに行うためにも、信頼できる業者を見つける目を養いましょう。

査定内容を開示してくれるかどうか

査定内容の結果を開示してくれるかは、信頼できるかの判断基準のひとつになります。車のどこが高く評価され、なにがマイナス要素になったのかを査定項目ごとに明示してくれる業者なら安心して取引できるでしょう。

中古車の買取額の内訳にはさまざまな項目があるため、「査定額○○万円」といった結果の数字だけを見ても詳細な買取額の比較はできません。査定内容を開示してもらい、明細が確認できれば、手続きにかかる費用が買取額に含まれているのかといった内訳を確認し、手もとに入る金額を算出して正確な比較検討ができます。

スタッフの対応が丁寧かどうか

業者のスタッフの態度や対応も業者を判断するバロメーターのひとつです。横柄な態度を取るスタッフや、遅刻しても悪びれる様子がない印象の悪い査定士が担当になることも考えられます。利用者に直接応対する査定士の態度が悪い業者は、利用者を大事にしているとは言えないでしょう。

そういった業者は、車を買い取るために強引に買取契約を迫ってくる可能性もあります。気が弱い方は勢いにのまれて、意に沿わぬ契約をしてしまうかもしれません。

売却成立後に無理な減額交渉を行わないか

業者の中には高額な査定額を提示して車を売却させ、引き渡しが済んでから「車に不備が見つかった」と事実と異なる理由をつけて減額しようとするところがあるようです。査定で他の業者を圧倒するほどの高い査定額を提示する業者は、この減額交渉を前提にしているのかもしれません。

他と比較にならないほどの高い査定額を出す業者がいたら、即決する前にその金額にきちんと根拠があるのかなど、一度冷静になって考えてみましょう。高く売れそうだからとすぐに飛びつくと、思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。

納得の査定額を引き出すためには一括査定がおすすめ

愛車を納得のいく額で売却したいと考えている方は、一括査定を活用しましょう。一括査定は少ない手間で複数の業者から見積もりを取ることができ、愛車を高額で買い取ってくれる業者を探すのにうってつけなシステムです。

買取カービューが提供している愛車無料一括査定サービスは、230社以上の買取業者と提携しており、対応エリアは日本全国に及びます。登録されているのは厳格な審査をクリアした優良業者なので、悪質な業者にあたる心配もありません。どなたにも安心して利用していただける買取ネットワークが自慢です。

まとめ

まとめ

車の査定は買取業者に依頼すれば基本的に無料です。しかし、中には有料で行う業者があることや、出張費や運送費は別途必要になることもあるので注意しましょう。ディーラーの下取りでは査定や各種手続きに料金が発生するケースが多く見られます。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、利用実績450万人を突破した安心の全国買取ネットワークです。最大8社に同時に査定の申し込みができるので、愛車を高く評価してくれる業者を効率よく見つけられます。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

カービューは、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営する株式会社カービューが提供しています。Yahoo!JAPANグループのカービューは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP