査定ガイド

10年落ちの車でも査定を受けられる?高く売るためのコツを紹介

10年落ちの車でも査定を受けられる?高く売るためのコツを紹介

車を売りたくても、10年所有した車に値段が付くのか分からない方もいるのではないでしょうか。また、10年落ちでもなんとか買取ってもらえる方法はないかとお悩みの方もいるかもしれません。
そこでこの記事では、10年落ちの車は査定で不利なのか、売却先はどのように選べば良いかについて紹介します。10年落ちの車でもプラス査定になるケースもあるので、諦めずに査定を受けてみることが大切です。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

10年落ちの車は査定で不利?

10年落ちの車は査定で不利?

10年落ちの車の一般的な認識から考えると、査定で不利になることは避けられません。しかし、買取のニーズは一定数以上あるのも事実です。最初に10年落ちの車の一般的な認識、および買取ニーズが存在する理由を解説します。

10年落ちの車の一般的な認識

10年落ちの車にもなると、エンジンやタイミングベルトなどが経年劣化してきます。タイミングベルトについては、各自動車メーカーが「10万km走行したら交換する」という目安を定めている程です。また、自動車メーカーがパーツを保証してくれる期間は約3〜5年・6〜10万kmといわれていて、10年落ちの車だと保証期間は終了していることが多いでしょう。

一般的な認識として、10年落ちの車は主要パーツの交換時期が近づいている状態といえます。そして、10万kmを大幅に超えるような走行距離の場合、故障のリスクや修理の必要性が出てくる可能性もあるのです。

それでも買取のニーズが存在する理由

10年乗り続けた車は、さすがに買取ってもらえないだろうと思う方もいるでしょう。10年といえば多くの車が走行距離10万kmを迎える時期で、買取価格が大幅に下がる目安でもあります。そのため買取を諦める方も多いのではないでしょうか。

しかし、年式が古くても買取ってもらえるかもしれません。走行距離が短かったり、しっかりメンテナンスされていたりするなど問題なく走行できる車であれば、買取ってくれる業者は存在します。

10年落ちの車を売る前に車の寿命について考えよう

10年落ちの車を売る前に車の寿命について考えよう

新車として販売されてから抹消登録されるか廃車にされるまでの期間を車の寿命といいます。過去には「10年落ちになったら廃車」と考えるケースが多かったようですが、近年では平均使用年数が伸びており、10年経っても乗り続ける方は多い傾向です。ここでは、車の寿命について考えてみましょう。

車の年式の寿命

一般財団法人自動車検査登録情報協会によると、令和3年3月末の軽自動車を除く乗用車の平均使用年数(新規登録ごとの保有台数の1年間での減少台数から算出)は13.87年でした。前年度より0.36年増加しており、10年前と比べて1.44年も増加しています。このデータから、10年落ちの車よりも実際は3.87年程オーバーして使用されている現状が分かるでしょう。

以上の点を踏まえると、一昔前と比べて自動車が自走可能な寿命は確実に延びているといえます。なお、ここで紹介した平均使用年数は一時抹消登録も含むため、純粋に新車から廃車までの期間を示しているわけではありません。

参考:わが国の自動車保有動向車種別の平均使用年数推移表 (平成27年〜令和3年)

車の走行距離の寿命

近年の車は耐久性が上がっており、走行距離が10万kmをオーバーしても問題なく走行可能な車が多数存在します。しかし、10万kmを超えるとメーカー保証が切れてしまう場合が多く、その時期にタイミングベルトやウォーターポンプなどが壊れてしまう恐れが出てくるのです。

そうなると多額の交換費用がかかってしまうので、走行距離の寿命は10万kmを目安として考えるのが良いでしょう。また、10万kmという大台を超えてしまうと買取価格が大幅に下がる傾向にあることも事実です。

ただし13年目は要注意!

10年落ちの車であればまだ良いのですが、13年目を超えると話が変わってきます。なぜなら、自動車は13年目を超えると自動車税と自動車重量税が高くなってしまうからです。

他にも新車の状態と13年目の車の状態を比較すると部品の劣化が激しくなり、交換せざるを得ないパーツが出てくる恐れもあります。車が13年目を迎える前には、次の車への乗り換えも検討しましょう。

10年落ちの車の売却先はどう選ぶ?

10年落ちの車の売却先はどう選ぶ?

10年落ちの車を売る場合、下取りか買取のどちらかを選ぶことになります。どちらにもメリットはありますが、乗り換えを優先するなら下取りを選び、高く売りたいなら買取を選ぶと良いでしょう。ここからは下取りと買取のメリットを紹介します。

乗り換え優先なら「下取り」

車を乗り換える際の手間を省きたい場合は、下取りがおすすめです。下取りの場合、売却と購入の両方の手続きを同時進行することが可能なので、最小限の手続きで済ませられる点がメリットといえます。

しかし、買取と比べて査定額が低くなってしまう傾向にあるので注意が必要です。さらに、下取りに出すのが10年落ちの車の場合、査定額はあまり期待できないでしょう。

以上の点から、主たる目的が「新車の購入」と「手続きの簡略化」の場合であれば、下取りを検討しても良いかもしれません。

1円でも高く売りたいなら「買取」

車を少しでも高く売りたいなら、買取がおすすめです。一般的には下取りよりも買取に出すほうが、高値で売却できるとされています。たとえ年式が古い車でも、他の要素でプラス査定を狙える場合もあるでしょう。

また、国内だけでなく海外に販路を持っている買取業者であれば、10年落ちの車でも高値で売却できるかもしれません。査定を依頼するというのは少し手間がかかるものの、売却手続きに関しては買取業者が代行してくれるため安心です。

10年落ちの車でも査定で値段が付くのはなぜ?

10年落ちの車でも査定で値段が付くのはなぜ?

10年落ちの車は人気が高いとはいえません。だからといって、買取を諦めるのは時期尚早です。10年落ちの車にも一定のニーズはあるため、買取ってもらえるケースは多くあります。ここでは、10年落ちの車に値段が付く理由を解説します。

パーツや部品に需要がある

10年も乗っていれば消耗品を交換する必要があり、経年劣化により状態がよくない車もあるでしょう。しかしパーツごとに見れば、まだ使えるものはあります。足回りやエンジン、ミッションなど再利用できるパーツはさまざまです。

10年落ちの車であっても、パーツに魅力を感じて買取りたいという買取業者は数多く存在します。中古車のほとんどはリサイクルができるため、鉄として再利用されることもあります。また、10年落ちの車の部品に関しても専門業者から需要があり、廃車寸前の車両だとしても、部品に値段が付く可能性があるのです。

海外への輸出経路を持っている

日本で需要がなくても、海外では需要がある場合もあります。日本では10年落ちの車は故障のリスクが高いと考えられているため、中古車購入を検討している方には避けられやすいようです。

しかし、海外では50万km以上走行した車も使用されています。海外向けの販路を持っている買取業者であれば、10年落ちの車でも買取ってもらえるかもしれません。海外では、日本車は故障しにくいという品質の良さが評価されています。日本には徹底した車検制度があることも、日本車が信頼される理由といえるでしょう。

中古車としてのコレクター需要が高い

10年落ちとはいえ、すべての方が魅力を感じないわけではありません。もう手に入らない人気車種ならコレクターからの需要があります。人気が落ちたモデルでも、中古で手に入れたいという方はいるでしょう。

価格が一番の決め手という方にとっては、10年落ちであっても欲しいと感じる可能性はあります。車のどのポイントに魅力を感じるかは人それぞれですが、コレクター需要の高い人気車種は特に売れやすいといわれています。そのため、中古車買取店に査定を依頼するとある程度の査定額が付くことが多いようです。

コレクター需要の高い人気車種なのか確かめるためにも、一度査定に出して確かめてみましょう。買い手が付くかもしれないため、諦めずに行動することが大切です。

10年落ちの車でもプラス査定になるケース

10年落ちの車でもプラス査定になるケース

10年落ちの車でも、買取ってもらえる可能性はあります。以下の項目に該当すればさらに高額買取を目指せるでしょう。車を査定に出す際には、10年という期間だけを見ているのではありません。車の状態は良いのか、中古車市場で人気があるか、修復歴がないかなどさまざまな要素から判断されます。

人気車種

中古車であっても、人気の車種であれば高い価格で取引されます。中古車市場には多くの車が出回っていますが人気車種は限られており、「新車では手が出なくても中古なら欲しい」という方や、「買い逃した人気車種を中古で購入したい」という方もいるためです。

さらに、人気車種であれば高額査定につながる可能性もあります。愛車が人気車種の場合、「10年落ちの車だから」と諦めずに査定に出すことをおすすめします。

走行距離が短い

10年落ちの車が敬遠されるのは、走行距離が10万kmを超えていることが多いためです。タイミングベルトなど消耗部品の交換が必要になるため、中古車としての価値も下がってしまいます。しかし走行距離が短ければ、10年落ちでも高く買取ってもらえる可能性があるでしょう。

なお、10年で走行距離が1万kmなど、極端に走行距離が少ない場合は要注意です。あまりに走行距離が少ないと部品がさびついている場合があり、査定額が下がることもあるため注意しましょう。

修復歴がない

車の修復歴の有無は、中古車の査定額に大きく影響します。修復歴のある車とは、フレームやルーフパネルなど車の骨格部分を損傷または修理したことがある車です。

修復歴があると故障のリスクが高まるだけではなく、故障しやすいというイメージが強くなるため購入検討者に敬遠されがちです。ユーザーはできるだけ修復歴のない車を探しています。愛車に修復歴がなければ、10年落ちの車であっても高額査定につながりやすいでしょう。

車の状態が良い

状態の良い車は、査定額が高くなるかもしれません。10年落ちの車であれば、経年劣化により故障するリスクは高いといえます。しかしきちんとメンテナンスがされていれば、リスクを最小限に抑えられます。

車のオーナーによっては、定期的にメンテナンスを行って大切に10年乗り続けたということもあるでしょう。査定時にメンテナンスノートを見せることにより、愛車を丁寧に扱ってきたことをアピールできます。

モデルチェンジ前

車はモデルチェンジを繰り返しながら進化を続けますが、モデルチェンジにはフルモデルチェンジとマイナーチェンジの2種類があります。マイナーチェンジは車の一部を改良する比較的小規模な仕様変更です。フルモデルチェンジは完全な新型車として発表されるため、旧型モデルとなった車は価値が落ちるのが一般的といえます。

そのため、フルモデルチェンジ前に査定に出すと高額査定が期待できます。一般的に約2年〜6年の周期でモデルチェンジは行われるため、その時期に合わせて査定に出すのもおすすめです。

10年落ちの車を高く査定してくれる買取業者は?

10年落ちの車を高く査定してくれる買取業者は?

10年落ちの車にも買取の可能性があることは分かりましたが、せっかくなら少しでも高く買取ってくれる買取業者を探しましょう。以下に紹介する買取業者なら、年式の古い車でも高価買取の可能性があります。

海外に販路のある買取業者や、廃車を専門に扱う買取業者に依頼すれば、想像以上に高い査定額が付くこともあるでしょう。

海外に販路を持つ買取業者

海外では、日本車はとても人気があります。走行距離が10万kmを超えると中古車としての価値が一気に下がるというのは日本国内の話であって、海外ではそのようなことはありません。日本車は品質が高いと評価されているためです。

海外で販売するために10年落ちの車を買取る買取業者も珍しくありません。海外への輸出販路がある買取業者では、年式の古い車も積極的に買取っています。日本車はアジアをはじめ中近東や北アフリカなどで需要が高く、ミニバンやSUV・トヨタ車や軽自動車などが人気です。このように、10年落ちの車でも買取したいという買取業者は多いといえます。

廃車専門の買取業者

見るからにボロボロで買取ってもらえないだろうというような車も、廃車専門の買取業者なら買取ってくれる可能性があります。廃車とは、事故で大破した車や古くなり動かなくなった車によく使われる言葉です。

廃車専門の買取店では、車の引き取りから解体・廃車手続きやパーツの生産・販売まで一貫して行うところがあります。どこか一部でも外注すると中間マージンが発生して買取価格に影響が出るため、一連の流れを自社で対応できる買取業者を選びましょう。車としては機能しなくても、パーツに分解すれば有効活用できるのが廃車の魅力といえます。

10年落ちの車は一括査定サービスがおすすめ

10年落ちの車は一括査定サービスがおすすめ

10年落ちの車で買取をするなら一括査定サービスがおすすめです。10年落ちの車だからこそ査定依頼数が重要ですし、買取業者間で競わせれば査定額の引き上げにも期待できます。ここでは、一括査定サービスのメリットを見ていきましょう。

10年落ちの車だからこそ査定依頼数が大切

査定を依頼する際には、最低3社以上から見積もりを取りましょう。1社だけだと見積もりの比較ができず、買取価格の高い安いが判断しにくいためです。このように、複数の買取業者に見積もりを依頼することを相見積もりといいます。

相見積もりを取ることで複数の査定額を比較できるので、ときには10万円以上の差が付くこともあります。最低3社間で査定依頼できる一括査定サービスを選べば、前述したような査定額の比較がしっかりとできるのでおすすめです。

買取業者間を競わせれば査定額の引き上げも簡単

買取業者によって車の査定額が違うのは当然です。なぜなら、買取業者によって買取が得意な車種や苦手な車種があるためです。例えば、売り手の所有している車がSUVで、SUVを専門に扱う買取業者に査定を依頼したら高額査定になりやすいというのはイメージしやすいでしょう。

買取カービューが行った調査では、3社以上の見積もり比較で平均17.6万円もの差が出るという結果が得られました(2011年9月〜2018年5月調べ)。このように、相見積もりを取ると査定額に十数万円の差が出るので、相見積もりで買取業者同士を競わせるのは大切だといえます。

10年落ちの車の査定も買取カービューにお任せ!

10年落ちの車の査定も買取カービューにお任せ!

10年落ちの車を売る際は、買取カービューの愛車無料一括査定サービスがおすすめです。買取カービューが加盟しているJPUCに関することや、廃車寸前の古い車をどうするかなども解説するので参考にしてみてください。

JPUC加盟だから信頼できる買取業者と出会える

一括査定サービスを利用する時に大切にしたいことは、信頼できる買取業者を選ぶことです。悪徳業者に査定を依頼すると10年落ちの車とはいえ、不当に安く買い叩かれる可能性もあります。

このようなトラブルを避けるためにも、JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)に加盟している買取店に査定を依頼するようにしましょう。JPUCに加盟している買取店なら、JPUCが規定するガイドラインを守っているので信頼できます。

買取カービューの愛車無料一括査定サービスはJPUCに加盟しているので、初めて一括査定サービスを利用する方でも安心して利用可能です。トラブルを避けて安心して10年落ちの車の査定を依頼するなら、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

古い車は事故車一括査定サービスの利用がおすすめ

もし愛車が10年落ちで廃車寸前という状態でも、買取カービューには事故車一括査定サービスがあります。事故車買取の名前の通り、仮に愛車が動かなくても買取可能な中古車買取店が見つかりやすい点がメリットです。

車が動かないなら廃車にしたほうが良いのではと思われるかもしれませんが、車を廃車にするには高額な費用がかかります。廃車を検討する前に、まずは買取カービューの事故車一括査定サービスをご利用ください。

まとめ

まとめ

10年落ちの車は売れないのではないかと、査定すら申し込まずに諦める方もいるでしょう。しかし10年落ちの車にはパーツに需要があったり、コレクターが求めていたりと値段が付くこともあるのです。車として価値があれば高価買取も期待できます。

買取カービューは300社以上の買取業者と提携していて、一度の申し込みで最大8社に相見積もりを申し込めるのが特徴です。海外輸出に販路のある買取業者や、廃車専門買取業者も選べます。これまで450万人以上に利用されてきた豊富な実績は信頼の証といえるでしょう。10年落ちの車にも高い査定額が付く可能性があるので、ぜひ買取カービューの愛車無料一括査定サービスや事故車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

ヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーの口コミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

トヨタ プリウス
実際の査定金額
70.0万円
見積り数
5社
査定満足度
3.5
ユーザーコメント

オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

ホンダ フィット
実際の査定金額
63.9万円
見積り数
5社
査定満足度
5
ユーザーコメント

一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

日産 セレナ
実際の査定金額
75.0万円
見積り数
8社
査定満足度
5
ユーザーコメント

はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

買取カービューについて

買取カービューの愛車無料一括査定サービスは、日本最大級のクルマ総合情報サイトcarview!クルマ専門SNSみんカラを運営するヤフー株式会社が提供しています。ヤフー株式会社のカービューサービスは、テクノロジーを活用して、カーライフをもっと身近で、もっと楽しく価値あるものに変えていくことをミッションとしています。

※1 2019年4月時点 当社調べ
TOP