現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 代理人が車を売る場合に必要な書類と手続きは?パターン別にくわしく解説

売却ガイド

代理人が車を売る場合に必要な書類と手続きは?パターン別にくわしく解説

代理人が車を売る場合に必要な書類と手続きは?パターン別にくわしく解説

原則として車は自分名義でないと売ることはできません。しかし「代わりに車を売ってほしい」と、家族や知人から依頼を受けたことのある方もいるのではないでしょうか。代理で車を売る場合、車の名義人との関係性によって必要な手続きや書類が異なります。
そこでこの記事では、代理人として他人名義の車を売るときに必要な書類や手続きについて解説します。自分が売却を委任された場合に備えて、きちんと理解しておきましょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

他人名義の車を売るときに必要な書類

他人名義の車を売るときに必要な書類

家族や知人が所有している車をあなたが代わりに売る場合は、「他人名義の車をあなたが代理人として売る」ということになります。この場合、代理人と車の所有者それぞれが必要な書類を準備しなければいけません。車の売却をスムーズに進めるためには事前準備が重要です。まずは、必要な書類の詳細を確認しましょう。

代理人が準備する書類

代理人が準備する書類は以下の通りです。

・委任状
他人名義の車を売ることはできないのが原則ですが、所有者から売却を委任された場合は代理人として代わりに売ることができます。その際に必要となるのが「所有者が代理人へ売却を委任した」と証明する委任状です。所有者(委任者)の実印の押印が必要なので忘れないようにしましょう。

・印鑑登録証明書
委任状には所有者の印鑑登録証明書を添付し、押印された印鑑が市区町村に登録した実印だと証明します。印鑑登録証明書は市区町村役所で取得できるので、発行から3か月以内のものを用意しましょう。

・身分証明書
車の所有者が売却を委任した人物かどうか確認するのに、代理人の身分証明書が必要です。顔写真付きのものが好ましいため免許証かパスポートなどを用意すると良いでしょう。

車の所有者が準備する書類

代理人に依頼して車を売る場合でも、車の所有者自らが準備すべき書類はたくさんあります。所有者が準備する書類は以下の通りです。

・車検証(自動車検査証)
有効期限内のものを用意します。紛失してしまった場合は、管轄の運輸支局で再発行の手続きを行いましょう。また、車検が切れている車を売却する場合にも車検証は必要です。

・自動車納税証明書
毎年5月末までに支払う自動車税を「納税済み」だと証明する書類です。紛失してしまった場合は、自動車税管理事務所や各都道府県の税事務所で再発行ができます。

・自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書)
自賠責保険は、車検を受ける際に強制的に加入する保険です。車検を受けるタイミングで更新するため、車検証が有効期限内であれば自賠責保険証の期限にも問題はないでしょう。紛失してしまった場合は、加入している保険会社に連絡し再発行を依頼します。

・リサイクル券
車の購入時に、自動車リサイクル法で決められたリサイクル預託金を支払ったことを証明する書類です。車を売却する際に、買取業者へ提出すると支払い済みのリサイクル料が還付されます。

・委任状
車を売る際には、車の名義変更をする必要があります。買取業者へ車を売る場合は、車の名義を所有者から買取業者へと変更しなければいけません。その名義変更の手続きを買取業者に委任するための委任状です。委任状には、所有者の実印を使用します。

・譲渡証明書
車の所有権を譲渡したことを証明します。買取業者のほうで用意するケースがほとんどですが、委任状と同じく所有者の実印の押印が必要です。

・印鑑登録証明書
所有者の実印を委任状と譲渡証明書に押印します。印鑑登録証明書は実印を確かめるものなので、それぞれに添付する必要があります。忘れずに2通用意しましょう。

できれば準備しておきたい書類

必須ではありませんが、プラス査定のために準備しておいたほうが良い書類があります。

・整備点検記録簿
これまでに受けた定期点検(法定点検)の内容と、その結果が記録してあります。点検を受けたにも関わらず記録が残っていない場合は、点検を行ったディーラーや整備工場に事情を話し、明細書の発行を依頼すると良いでしょう。

買取業者は、整備点検記録簿でその車が受けてきたメンテナンスを把握できます。その分プラス査定が期待できるでしょう。

・メーカーの保証書
保証期間内なら車を売るときの強い味方になるでしょう。保証内容は、たとえば5年間あるいは10万㎞以下ならメンテナンスやパーツ交換が無償になるなどさまざまです。

他人名義の車を売るときに必要な手続き

他人名義の車を売るときに必要な手続き

他人名義の車を売るときに必要な手続きは、車の名義人との関係性によって違います。場合によっては裁判所を通じた手続きが必要だったり、手続きが複雑化したりすることもあるでしょう。ここではパターン別にどのような手続きが必要なのかを確認します。

親名義の車を売るとき

親や配偶者、兄弟・姉妹など血縁関係者の車を売るのは比較的簡単でしょう。たとえば親名義の車を売る場合は、前項で説明した書類を準備します。車の所有者である親と代理人である子どもの、それぞれがそろえるべき書類を用意すればスムーズに売却できるでしょう。

新たに取得したり用意したりする必要があるのは「委任状(親と子どもの双方)」「譲渡証明書」「印鑑登録証明書」の3点です。その他の書類は所有者である親の手元にあるはずですが、万が一紛失していたら再発行の手続きをしましょう。

委任状と譲渡証明書には親の実印が必要です。譲渡証明書や委任状はウェブサイトから簡単にダウンロードできるので、実印の持ち出しが難しい場合は家で押印しておきましょう。

故人名義の車を売るとき

故人名義の車を売るときは、所有権の移転が必要です。相続してから売却するため、まずは車を自分名義に変更します。名義の変更をする移転登録は、陸運支局で行いましょう。

名義変更には被相続人との血縁関係が分かる戸籍謄本(または除籍謄本)と、自分の印鑑証明が必要です。相続人が自分ひとりの場合はそれほど手間がかかりません。しかし複数名いる場合は「遺産分割協議書」(相続人全員の実印が押印されているもの)を用意し、全員分の戸籍謄本と印鑑登録証明書が必要となるのでやや複雑になるでしょう。

所有権の移転が完了したら、自分名義の車として売却手続きを進めます。手続きの負担を軽くするには、買取業者に任せるのが良いでしょう。

正常な判断ができない方名義の車を売るとき

認知症の高齢者など正常な判断ができない方の名義の車を売るときは、成年後見人を立てて手続きを行います。通常は委任状が必要なところですが、この場合は委任状が本来持つ役割を果たすことができません。

家庭裁判所へ成年後見人の申し立てを行うと、誰に選任するか審判が行われて成年後見人を決定します。申し立てができるのは親とその配偶者、4親等内の親族です。

法務省で成年後見人だと証明する「登記事項証明書」を取得し、買取業者へ提出しましょう。売却に必要な委任状や印鑑登録証明書などの書類は成年後見人のものを用意します。

友人や親戚名義の車を売るとき

友人や親戚名義の車を売るときは、基本的には家族名義の場合と同じ委任状を用意すれば売却できると考えて良いでしょう。車の所有者である友人や、親戚と代理人本人がそろえるべき書類は上述した通りです。

ただし、血縁関係のない友人や親戚などの他人名義の車を売るときには明確な理由をもとめられるケースもあります。親や兄弟など家族名義の車を代理で売るケースは珍しくはありませんが、家族以外の名義の車を代理で売るのは稀だといえるでしょう。

海外にいる方名義の車を売るとき

住民票を抜いて海外に居住している方は、印鑑登録証明書を取ることができません。その場合、代わりになる書類を用意する必要があります。

海外にいる方の印鑑登録証明書の代わりとなる書類は、「署名証明(サイン証明)」です。本人が居住する現地の日本大使館で手続きを行えば取得できます。国によって詳細や手続きが異なるので事前に確認しておきましょう。

また海外転出した旨を証明する「住民票の除票」も用意しなければなりません。これは代理人でも取得できますが、取得するには「署名証明(サイン証明)」が必要です。

ローン会社名義の車を売るとき

ローンで購入した場合、車の名義(所有者)はローン会社になっていることがほとんどです。実際に車を使用している本人は「使用者」として車検証に名前が記載されています。そのため、ローン会社名義の車を売るときは所有権留保解除の手続きを行い、車の所有者を本人名義に変更しなければいけません。

しかし、所有権留保解除の手続きはローンを完済していることが前提なので、ローンを完済しない限りは車を売却できないのです。買取業者になるべく高い買取額を提示してもらい、そのお金でローンを完済しましょう。買取額で完済が見込めない場合は、現金一括払いやローンの組み直しなどを検討しなければならないでしょう。

名義変更をしてから売る方法もある

名義変更をしてから売ったほうが良い事例は、個人間で売買する場合や譲渡する場合が挙げられるでしょう。名義変更に必要な書類は以下の通りです。新旧所有者の実印も忘れずに用意しましょう。

    車の名義変更に必要な書類

  • 車検証 (自動車検査証)
  • 印鑑登録証明書(旧所有者・新所有者の両方)
  • 車庫証明書(新所有者)
  • 譲渡証明書
  • 委任状

手続きは管轄の陸運支局で行います。新所有者・旧所有者のどちらか一方が代理で手続きする場合は委任状が必要です。委任者となる側の実印を押印した委任状を作成しましょう。難しい手続きではありませんが、面倒な場合は買取業者へ依頼しても良いでしょう。

代理人として車を売るなら業者に相談するのがおすすめ!

代理人として車を売る場合、自分名義の車を売る場合に比べて手続きや必要書類が増えます。中には煩雑なケースもあるでしょう。そんなときは買取業者に相談するのが効率的でおすすめです。

買取業者は車の売却に関する知識のみならず、経験も豊富なので的確なアドバイスをもらえるでしょう。carview!車買取では、大手から専門店まで全国300店以上の買取業者と提携しています。一度に最大10社へ査定依頼ができるので、異なる買取業者からそれぞれアドバイスを受けられるのが強みです。

まとめ

まとめ

「他人名義の車を売る」といっても、家族名義から友人・親戚・亡くなった方・正常な判断のできない方・海外にいる方・ローン会社名義などさまざまなパターンがあります。家族や知人などから「代理で車を売ってほしい」と依頼された場合、必要な書類には何があるか、どんな手続きが必要なのかをきちんと把握し手続きを進めましょう。

carview!中古車一括査定サービスでは、わずか45秒の情報入力で最大10社の買取業者の査定額を比較・検討できます。代理人として車を売却する旨を伝えれば、的確なアドバイスがもらえるでしょう。高額査定で売却したいとお考えの方はぜひ一度、carview!中古車一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ