現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車は何年目で売るべき?売却に適したタイミングや高く売るコツ

売却ガイド

車は何年目で売るべき?売却に適したタイミングや高く売るコツ

車は何年目で売るべき?売却に適したタイミングや高く売るコツ

新車の購入後、何年目で売るのが最も良いタイミングなのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。「今はまだ売るのに早過ぎるのではないか」「古過ぎてもう値段がつかないのではないか」などと考えることもあるでしょう。
そこでこの記事では、車の売却に適したタイミングを分かりやすく解説します。最後まで読んでいただければ、車をできるだけ高く売却できる具体的な方法も確認できるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るのにおすすめの年数は?

車を売るのにおすすめの年数は?

車の売却時期を考える目安となるのが車検です。大きな出費が予想される車検の前に売れば、車検にかかる費用や手間を抑えられます。

ここからは、新車購入時から車検の時期ごとに、買い替えに対する考え方を紹介します。年数が経つにつれて車がどのように変化していくのかも、あわせて理解しましょう。

新しいモデルにすぐ買い替えたいなら3年目

車を新車で購入した場合、最初の車検は3年後です。車検費用は1回あたり約10万円かかることもあるため、負担に感じる人も多いでしょう。しかし、新車購入後最初の車検前に車を売却すれば、車検費用はかかりません。

購入時から車検まで3年も経過すれば、各メーカーから多くの新モデルが発表されていることでしょう。一般的に、新車は3年経過すると価値が半減するといわれています。多くのメーカーにおける保証期間も3年です。新車購入後3年目であれば、市場価値がまだ高い状態で売れる可能性が高くなります。

常に新しいモデルの車に乗りたいと考えている車好きな人にとっても、3年ごとの買い替えはおすすめです。

乗り換えの負担を減らしたいなら5年目

新車購入後2回目以降の車検は、2年ごとに行います。2回目の車検を受ける時期が、新車購入後5年です。

5年もの歳月が経過すれば、結婚や転職などによりライフステージが変化している可能性もあるでしょう。生活環境が大きく変わっているかもしれない5年目には、自分や周囲の状況にあわせて車を買い替える人が多くなる傾向にあります。今の車に飽きて「そろそろ新しい車に乗りたい」と考え始める人も多いでしょう。

このくらいの時期であれば、車の価値も大きくは下がりません。特に大きなトラブルがない状態で乗り続けていれば、5年経過しても新車購入価格の3割ほどの価格で十分売却できるでしょう。次の車を購入するために、ある程度の資金の足しになります。乗り換えの負担を減らす意味でも、5年目の売却はおすすめです。

売却価格が下がりきる前なら7年目

車を購入して7年目のタイミングは、3回目の車検を受ける時期です。購入した当時の新車に感じていた真新しさが、かなり薄れてくる時期でもあります。7年も経過すれば、世の中の車事情が大きく変化している可能性もあるでしょう。

購入後7年経過したころは、メーカーの保証期間もすでに終了していることがほとんどのため、部品の交換や故障への対応も無償では行ってくれません。年月の経過によって車のさまざまな部分でダメージが発生すると、車検やメンテナンス費用がかさむのも難点です。

一般的に、7年目を過ぎると査定額が大きく下落する傾向にあります。できるだけ車を高く売りたいと考えるなら、売却価格が下がりきる前の7年目が、買い替えの時期として適しているといえるでしょう。

車の寿命を意識し始める9年目

2019年の国内における乗用車の平均車齢は8.65年でした。4回目の車検を迎える9年目とももなると「古い車」の仲間入りを果たし、車の買い替えを検討する人が多いといえます。

購入後9年も経過すれば、外装は購入当時の輝きがほとんどなくなり、消耗品なども交換のサイクルが早まる時期です。たとえこまめなメンテナンスを続けていたとしても、車自体の経年劣化を封じ込めるのは難しいでしょう。

一方、9年落ちであっても買取を依頼すれば、まだまだ値段をつけてくれます。最近では低年式車も一定の需要がある上、日本車の評価が高い海外では問題なく売れるからです。4回目の車検は費用もかさみがちなので、その前に車を売却して、次の車の購入資金を少しでも増やすと良いでしょう。

10年目以降の車を売るときに知っておきたいこと

10年目以降の車を売るときに知っておきたいこと

中古車市場では、登録から10年がひとつの目安とされ、10年落ちの車は査定価格が一気に落ちてしまう傾向にあります。車の寿命を考えれば9年目の買い替えが適しているといえるでしょう。

また、13年目からの増税も大きな負担となります。10年目以降の車を売る際に注意したいポイントについて、理解を深めておきましょう。

13年目を超えると税金が増える

税金の問題は、新車購入後10年以上経過した車に関して、強く意識しておきたいことのひとつといえます。登録から13年以上経過すると、毎年支払う自動車税種別割と車検時に支払う自動車重量税がそれぞれ増税されるケースがあるからです。

自動車税種別割については、新車登録後13年以上経過したガソリン車、または登録後11年以上経過したディーゼル車は、普通車でおおむね15%、軽自動車でおおむね20%重課されます。ただし、電気自動車やハイブリッド車など一部車種は対象外です。

自動車重量税は、登録後13年を超えたエコカー減税対象外の車は普通車で約40%、軽自動車で約25%増税されます。登録から18年目以降は、さらに増税され、通常よりも普通車は約50%、軽自動車は約34%の重課です。

参考: 『自動車税種別割のグリーン化(重課・軽課)について』

参考: 『平成31年度税制改正に伴う自動車重量税の税額の基本的な考え方』

車としての価値がなくなる

新車を登録してから廃車にするまでの期間は、平均で約13年間という統計結果(一般財団法人自動車検査登録情報協会)があります。大半の車は登録後13年で、車としての価値がなくなるとも言い換えられるでしょう。

基本的に、車は古くなればなるほど、車としての価値は下落していきます。定期メンテナンスをしっかりと実施し、車になるべく負担をかけないような運転を心がけていたとしても、登録からの経過年数が多いだけで査定に影響することが一般的です。

年式が古ければ、素人には分かりにくい劣化が進んでいたり、交換部品などが用意しにくかったりすることも考えられるでしょう。売りどきを逃してしまうと、廃車にするしかなくなる場合もあります。

年数以外の車を売るべきタイミング

年数以外の車を売るべきタイミング

車の売却に適したタイミングを決めるためには、経過年数以外にもさまざまな要素が考えられるでしょう。よりお得に売却できる可能性が高まるタイミングを、ケース別に紹介します。

車を売りたいと思った際には、以下に挙げるタイミングが自分にあてはまるかどうか確かめてみましょう。

走行距離が大台に乗る前

車の価値には登録からの経過年数だけでなく、走行距離も大きく影響します。走行距離の大台とされているのは、5万kmと10万kmです。これらの大台に乗ると、査定額が下がる傾向にあります。

年間1万km程度走る場合、走行距離5万kmは2回目の車検を受けるタイミングとほぼ重なるでしょう。また、10万kmは4回目の車検を受ける時期にあたります。車の売却を検討する際は、年式とあわせて、走行距離もひとつの目安として考え、大台に乗る前に売却を考えると良いでしょう。

車検に通す前

車検にかかる費用は、車の維持費のなかでも負担が大きい費目です。車検を受けてすぐに車を手放してしまうと車検費用をかけただけの売却価格の反映が得られず、結果的に損をしてしまう可能性が高くなります。車検のタイミングは、車の買い替え時期を考える基本として押さえておきましょう。

車検費用を無駄にしないために、次の車検までなるべく長く乗る意識を持つことも重要です。車検が近づいてきた時期には、「あと2年乗り続けられるか」ということを考慮した上で、売るかどうかを検討しましょう。

モデルチェンジする前

車がモデルチェンジしたあとには、旧モデルが中古車市場に多く出回るため、旧モデルの査定額は下がる傾向にあります。時期が分かるようならモデルチェンジする前に売却し、相場下落の影響を事前に回避しましょう。

フルモデルチェンジの時期は事前に分かりにくく、業界関係者も知らないことが多いようです。しかし、モデルチェンジが実施される場合、ディーラーは発売日の1か月前にはユーザーに告知するように自主的に申し合わせています。こまめに情報をチェックしましょう。

不具合や故障があったとき

車に何らかの不具合や故障が発生した場合も、車を売却するタイミングと考えられるでしょう。特に、年数が経過した車の場合は、経年劣化により不具合や故障が続くことも予想されます。無理に乗り続けるより、売りに出したほうがお得です。

不具合や故障が発生した車を売る場合は、修理に出さずそのまま査定してもらいましょう。ダメージを抱えている車は査定額も下がる傾向にありますが、修理してしまうと修理代のほうが高くつき、結果的に損をしてしまう恐れがあります。

車のローンが終わったとき

ローンを組んでいる場合は、ローンの返済が完了したときも、車を売る良いタイミングといえます。車は年数が経過するほど価値が下がるため、ローン完済時に売却の意思があれば、できるだけ早く売ったほうがお得です。

ローン残債がある場合、車の所有者がローン会社であれば、原則として車の売却はできません。ただし、売却額や手持ちの現金で残債を一括返済できるのであれば、買取可能なケースが多くあります。まずは買取業者やローン会社に相談してみましょう。

ライフステージが変化したとき

金銭的な理由だけでなく、ライフステージの変化も、車の買い替えを考えるひとつのタイミングといえます。

たとえば、結婚や出産などで家族が増えた場合、ワンボックスカーなどの大型車に乗り換えたいと考えることも多いでしょう。引っ越し先の環境によっては、小回りのきく小型車が走りやすいケースも考えられます。

環境によっては、車は生活に欠かせない乗り物です。車を利用して、日々の生活をより良くするためには、環境にあわせて賢く乗り換えていくことも重要でしょう。

車を高く購入してもらうためのポイント

車を高く購入してもらうためのポイント

車をなるべく高い価格で売るためには、さまざまな角度からポイントを押さえることが重要です。どの業者に対しても有効な対策を、売る前にできるだけ多く行うと良いでしょう。

高く愛車を売るために気を配りたい、主なポイントを紹介します。査定時に少しでも高い評価をしてもらうための参考にしましょう。

査定前に車をきれいにしておく

車を売る前に車外や車内をきれいにしておくことは、売却時の査定額に大きく影響する要素のひとつです。査定前に洗車や車内清掃をしておき、荷物などがあれば片付けておきましょう。

特に、車内に残った汚れやにおいは、評価額を大きく下落させる原因となります。シートの食べ残しやタバコのにおいなどはできるだけ取り除き、これ以上きれいにする部分はないといえる状態まで清掃しておくのがおすすめです。

自分で直せる小さな傷を消しておく

不具合や故障のある車の売却を考える場合、想定される修理代を考えると、事前に修理に出す必要はないでしょう。しかし、自分でも直せるような小さな傷は、消しておくことでプラス査定につながる可能性があります。

何かで引っかいたような擦り傷やステッカーの跡などは、市販の研磨剤などを使えば、素人でもある程度はきれいにできるでしょう。一方で、板金修理が必要だと思われる大きなダメージは、修理費用が高くなるためそのまま売却することをおすすめします。

純正オプションのアピールをする

カーナビなどの純正オプションがある場合は、査定時にアピールすることで評価アップにつながります。取り外して使っていない純正オプションがあるなら、探し出して査定時に持参しましょう。

一方、非純正オプションに関しては、有名メーカー品でない限り査定額アップは望めません。取り外し可能な非純正オプションは、場合によっては査定前に取り外しておくのが無難です。

高く売れやすい時期に売る

1~3月と7~9月は、多くの業者にとっての決算時期であり、1年のなかでも中古車の販売台数が特に多い時期です。業者はこの時期にあわせて、できるだけ多くの中古車をそろえようとするため高額査定を狙いやすくなります。

また、締め日が月末の業者が多いため、月初めに比べて月末のほうがより高く買い取ってくれる傾向にあります。売れる時期を選べるなら、1~3月と7~9月を意識し、できるだけ月末に近い日を選択し査定してもらいましょう。

買取を優先して選ぶ

車を売る方法としては、買取と下取りの2種類に大きく分けられます。どちらも車を査定してもらい、車種やコンディションによって評価額が算出されることに違いはありません。

しかし、下取りは次の新車購入費との相殺を前提としているため、基本的に他店と価格競争する必要がなく、買取より査定額が低くなる傾向にあります。新しい車の購入費の実質的な割引にあてられるため、現金が手元に入ることもありません。できるだけ高く車を売りたいと考えるなら、買取業者への依頼を優先することが重要です。

複数の業者に見積もりを依頼する

買取業者はそれぞれ独自の査定方法を設けているため、同じ条件の車でも査定額に大きな差が出る可能性があります。複数の業者に査定を依頼すれば、最も高く評価してくれた業者を選んで車を売ることが可能です。

相見積もりも依頼する場合も、できるだけ高く売れそうな業者を選ぶようにしましょう。愛車と同タイプの買取に強い業者や、全国に広い販売網を持つ信頼度の高い業者がおすすめです。

一括査定サービスを利用する

複数の業者から相見積もりを取る場合は、自分で業者を選定し、それぞれの業者とやり取りする必要があります。しかし、依頼する業者が増えるほど手間がかかることはデメリットといえるでしょう。

そこでおすすめなのが、複数の業者へ一度に査定を依頼できる「一括査定サービス」です。必要な情報を1回入力するだけで、自動的に複数の業者へ相見積もりの申し込みができます。車を高く売りたいなら、一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

まとめ

まとめ

車を売るのにおすすめの年数は、何を重視するかにより異なります。経過年数以外の要素も考慮し、できるだけ高く売れるタイミングを見極めることが重要です。

複数の業者へ見積もり依頼を出すことも、車を高く売るために意識しておきたいポイントといえます。相見積もりを依頼する場合は、carview!中古車一括査定サービスがおすすめです。300の業者から最大10社までを選んで一括査定依頼ができるため、より高額で愛車を売却できるでしょう。売却をご検討の際はcarview!車買取をご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ