現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 10万キロを超えた車をできるだけ高く売る方法は?ポイントと売れる理由を解説

売却ガイド

10万キロを超えた車をできるだけ高く売る方法は?ポイントと売れる理由を解説

10万キロを超えた車をできるだけ高く売る方法は?ポイントと売れる理由を解説

「走行距離が10万kmを超えた車は売れないのでは」と思っている方も多いのではないでしょうか。答えは「10万kmを超えた車でも売却可能」です。しかしなぜ売れるのか、どうしたら高く売れるのかを知りたい方もいるでしょう。
そこでこの記事では、走行距離が10万kmを超えた車をできるだけ高く売る方法についてご紹介します。諦める必要はありません。高く売れる理由をお伝えしますので、最後までご覧ください。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

なぜ10万キロを超えた車が売れるのか

なぜ10万キロを超えた車が売れるのか

走行距離が10万kmを超える車でもほとんどのケースで売却はできます。ただ売却できるだけではなく、高値で売れることもあります。売却を諦めていた方にとっては半信半疑かもしれません。

ここからは、走行距離が10万kmを超えた車が売れる理由を解説します。中古車の需要や車の状態など、売却可能となる要素はさまざまです。理由を知って、売却の準備を始めましょう。

中古車需要がある

走行距離が長い車でも、中古車としての需要は望めます。中古車の価格は需要によって変動しますが人気車種は需要が高いため、走行距離が長くても比較的高い値段で売れるでしょう。限定販売された車なども注目を集めやすい車種です。

維持費を安く抑えられる軽自動車や燃費の良い車は、中古車であっても価格が落ちにくいといえます。ミニバンも使い勝手の良さから、ファミリー層を中心に人気が安定しています。

年式が新しい、状態が良い

走行距離が長くても、年式が新しい車は中古車市場で人気です。特に安全装置などを搭載している車の需要は高く、業者も高値で買取する傾向にあります。カーナビ・ETC車載器・バックモニターなどの純正オプションも、満足のいく値段で売れる要素となります。

車の状態が良いことも重要です。査定の際に「メンテナンスを定期的に行っていたか」は重要なポイントになります。メンテナンスとはプロによる整備だけを指すのではありません。ユーザーによる定期的な清掃などもメンテナンスにあたります。清掃の済んだ清潔感のある外装や内装は車の印象を良くし、買取額アップの助けとなるでしょう。

海外需要がある

日本国内では売れにくい状態の車でも、海外での評価は異なることをご存知でしょうか。日本車は品質の高さから海外で信頼が厚く、人気があります。日本国内だけでなく海外にも販路を持った業者には、走行距離が長くても高く売れる可能性があります。

また車両だけでなく、日本車のパーツは海外でも人気があり需要が望めます。ひとつの業者で断られても、海外向けの販路を持つ業者を探すことで愛車の価値を上げられる可能性があるでしょう。

10万キロを超えた車を高く売る方法

10万キロを超えた車を高く売る方法

走行距離が10万kmを超えた車は「引き取ってもらえるだけで十分」と考える方もいるでしょう。「処分のための費用がかからなくて良かった」という考えです。

しかし、「走行距離10万km越えの車には価値がない」というのは誤解です。ここからは走行距離の長い車を高く売る方法についてご紹介します。いくつかの方法を覚えておいて実践するだけで、予想外に高い値段で売れるかもしれません。

下取りは避ける

車を買い替えるときに便利なのが下取りです。車をディーラーに売却して、その代金を新しい車の購入費用に充てられます。このとき高値が付きにくいことは留意しておくべきでしょう。ディーラーが下取りを行うのは、あくまでも新しい車を買ってもらうためのサービスだからです。

下取りでは価格が付かない、もしくは付いてもわずかな価格になることが予想できます。状態によっては処分費用を請求される場合もあります。多少の手間はかかりますが、買取専門の業者に相談するのがおすすめです。

中古車買取店に売る

中古車買取店では在庫をそろえる必要があるため、多くの車を買取します。中古車の需要は多種多様なことから、走行距離が10万kmを超える車も買取対象になりえます。

中古車買取店が査定をすると、走行距離が10万kmを超えた車でも30万円以上の買取価格が付くケースもあります。持ち込む場所が違うだけで結果は大きく変わるといえるでしょう。

中古車買取店の買取金額が高い理由は、中古車市場の価値を敏感に反映しているからです。中古車市場の価値は変動するため、査定士は最新の価格をチェックして査定額を決定します。市場価値の高い人気のある車に乗っている方は、走行距離が長い場合でも高値での買取が実現するかもしれません。

海外に販路のある買取店に売る

海外に販路のある買取店も探してみましょう。他の販売店では高い値段が付かなかった場合などは特におすすめです。国によって車の人気に違いが出ることもあり、海外であれば修理することで買い手が見つかることもあるでしょう。

国内向けの業者では廃車にするしかないケースでも、海外に販路のある買取店であれば売却のチャンスが生まれます。「廃車にするしかない」と落胆する前に、しっかりとチェックしてみましょう。

買い取ってもらえない場合はどうすれば良い?

水没車や塩害車などは、中古車を専門に扱う業者でも買い取ってもらえないケースがあります。これらの車は内部に深刻なダメージを受けている可能性があり、新たな顧客に販売するためには大掛かりな修理が必要となるからです。

修理して販売したとしても再び不具合を起こす確率は高く、業者にとってハイリスクといえるでしょう。結果、値が付かないのです。

通常の買取店で買い取ってもらえない場合は、廃車専門業者に相談しましょう。車の部品を再利用したり、鉄資源としたりするシステムによって、0円以上の価値を見出してくれることがあります。廃車費用を負担してくれることが多いので、お得に手放すことができるといえます。

10万キロを超えた車を高く売るためのポイント

10万キロを超えた車を高く売るためのポイント

10万kmを超えた車を少しでも高く売りたい方は、中古車買取店に査定を相談することをおすすめします。査定を依頼する際には、いくつかのポイントを意識することが大切です。

事前の準備や日ごろのお手入れ、車を購入する段階で気をつけるポイントもご紹介していす。走行距離の長い車を高く売るために、ぜひ参考にしてください。

必要な書類や部品を集めておく

査定や契約をスムーズに行えるように、車の売却に必要な書類や査定のときに有利になる部品があれば確認してそろえておきましょう。必須書類は下記のとおりです。

    車の売却に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 実印(軽自動車の場合は認印)
  • 印鑑証明書(軽自動車の場合は不要)
  • リサイクル券

取扱説明書・整備手帳も忘れずに準備しておきます。スペアキーやETC車載器なども純正オプションであれば査定額が上がりやすくなるため、社外品に付け替えている場合などは戻すか査定時に提出しましょう。

購入時に中古車需要の高い車種を選ぶ

購入時にあらかじめ高く売れそうな車種を選ぶのもおすすめの方法です。人気のある車種や燃費が良い車など、中古車需要の高い車種を選ぶと良いでしょう。

車のカラーやグレード、モデルなどに中古車市場は反応します。人気車種の上位グレードは、走行距離が長い場合でも需要があります。特別仕様車なども希少価値が上がり、買取価格が高くなる傾向です。車種によってはユーザー層に特徴がある点も考慮して車を選ぶようにしましょう。

車をきれいな状態に維持しておく

車の状態も重要です。査定時に清潔感のある状態にしておきましょう。洗車することで見た目が変わり、「大切に乗っていた車」ということをアピールしやすくなります。

ゴミやペットの毛などが付いていないか点検し、車内のシートやマットなどの掃除をしましょう。臭いも事前に対策できます。たばこやペットの臭いには、消臭剤やスプレーを使うのも有効です。

また、機械トラブルなどがあると査定額が下がります。走行距離が長い車でも、定期的にメンテナンスに出してコンディションを良好に保っていれば、業者の評価がアップするでしょう。

一括査定で価格を競わせる

一括査定は複数の業者に査定を依頼できるシステムです。業者の強みに応じて、できる限りの査定額を出してくれるでしょう。複数の業者の中からより高い査定額の店を選べます。

一括査定で得られた見積もり額は、価格交渉に利用しましょう。業者を競わせるのがポイントとなります。ひとつの業者が提示した査定額を見せて、他の業者と交渉するのです。交渉を続けることで査定額は上がり、上限を目指せます。

「車の寿命は10年」は嘘!?

「車の寿命は10年」は嘘!?

「車の寿命は10年」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。車は消耗品であり、長く乗っていると問題が発生しやすくなるものです。しかし、10年以上走っても問題のないケースもあります。

ここからは、「車の寿命は10年」という言葉が事実とはいえない理由を解説します。10年以上乗っている車にも価値は付き、売却も問題なく行える訳が見えてくるでしょう。

技術の進歩で車の寿命は延びている!

一昔前は長く乗っていると故障する車が多くありました。その結果として「車の寿命は10年」という言葉があるのでしょう。しかし、現在は技術が進歩して車の寿命も延びています。

たとえば、タクシーはおよそ50万km、一般車であればおよそ20万kmまでは走行可能といわれています。「思ったよりも長い」という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。車の状態によっては、走行距離が10万kmを超えていても走行に問題はないといえるのです。

メンテナンスを定期的にしていればさらに長く乗れる

メンテナンスによって車の寿命はさらに延びます。より高く売るためにもエンジンやブレーキの定期的な点検・整備をしましょう。特にエンジンの不具合は修理が難しくなることから、メンテナンスがとても重要となります。

エンジンを良い状態に保つために、エンジンオイルは定期的に交換しましょう。車種によって異なるものの、6か月や1年に1回、または走行距離が1万kmを超えたタイミングが交換の目安となります。

過走行車を高く買い取ってくれる業者は一括査定で見つけよう!

走行距離が長い車や過走行車を売る際は、一括査定を利用しましょう。業者によって販売経路が異なり査定額に違いが出ることから、複数の見積もりを取ることでより高く買い取ってくれる業者を見つけられます。

carview!中古車一括査定サービスならば、簡単に複数の業者に査定してもらうことが可能です。提携業者も300社以上で、その中には廃車専門業者も含まれます。通常の買取店で買い取ってもらえなかった場合も、適切な業者を見つけられるでしょう。

まとめ

まとめ

走行距離が10万kmを超える車でも、高値売却の可能性を秘めています。車種・カラー・グレードなどによって、愛車の需要は海外にまで広げられるのです。定期的なメンテナンスを行っていれば、さらに高い査定額を期待できます。一括査定によって価格競争を生み出し、査定額をアップさせましょう。

より高い査定額を目指すなら、お客様の条件に合った業者に査定を依頼できるcarview!中古車一括査定サービスをご利用ください。廃車専門業者とも提携していますので、愛車に合った1社を見つけてください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ