現在位置: carview! > 車買取・中古車査定 > 車買取査定お役立ちガイド > 売却ガイド > 車を売るなら知っておきたいこと|タイミングや高額買取のコツも紹介

車売却ガイド

車を売るなら知っておきたいこと|タイミングや高額買取のコツも紹介

車を売るなら知っておきたいこと|タイミングや高額買取のコツも紹介

車は、日常的に利用している人にとってとても便利なものです。しかし、相続や住宅環境・年齢・生活スタイルの変化などで車が不要になる場合があります。車が不要になってしまった場合、多くの人は売却を選択するでしょう。「売るなら少しでも高く売りたい」と願っている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、車を好条件で売るためのコツをご紹介します。「いつ」「どこで」「何年くらい」ならお得に売れるかを、自分で見極められるようになるでしょう。

マイカーの乗換えを検討中の方!愛車の現在の価値、気になりませんか?

車の買取相場を調べる

車を売るなら売却先の選び方が大切

車を売るなら売却先の選び方が大切

車の売却を検討するとき、どこで車を売ったら良いか迷ってしまう人も多いでしょう。車の売却先は、中古車買取店・ディーラー・個人売買など、いくつもの選択肢があります。そのため、どこで売却するのが一番適しているのか判断するのは難しいかもしれません。

そこで、ここではそれぞれの業者の特徴について解説していきます。それぞれの業者の特徴を押さえた上で、自分に合った売却先を決定しましょう。

中古車買取店

最初に思いつく売却先は、中古車買取店ではないでしょうか。中古車買取店には買取のみを専業にしている店と、買取・販売の両方を行っている店があります。

中古車買取店は中古車市場の最新の情報に接しているため、常に最適価格での査定を受けることができます。また、業者間ネットワークを生かした販売ルートを利用した高価買取も期待できます。

さらに、迅速な手続きによる素早い決済というのも、中古車買取店ならではの魅力です。中古車買取に特化しているため、査定から買取の判断まですべてのパートでスピーディな対応が期待できるでしょう。査定から買取成立まで、1日で済んでしまう場合もあります。

ディーラー

ディーラーに車を売却するのは、新車を購入するときが多いのではないでしょうか。新車購入の値引きとあわせて交渉すれば、高価買取の条件を引き出すことも可能です。また、古くて通常では値が付かないような車でも、新車購入の条件として買い取ってもらえることもあります。

新車の下取りとして売却する場合は書類の提出をはじめ、手続きをまとめてできるので手間がかからず時間の節約にもなります。新車の購入を検討している場合は他で売却せず、同じディーラーで買い替えを検討しましょう。

個人取引

インターネットの普及により個人間売買も簡単にできる時代になりました。売買をする人同士で合意を形成すれば仲介手数料も不要になり、市場の相場も関係なく価格を決定できます。

しかし、車のような高額な商品を個人間売買にするには大変なリスクを伴います。書類の手配や支払い手続きも大変な上、車の状態も現状引渡となる場合が多くあります。

車の個人間売買の際には、状態をしっかり契約条件に盛り込んでおかなければ、後々のトラブルにつながります。個人売買では、信用できる人と契約するのが賢明です。

車を売るなら一括査定の利用で情報戦に勝つ!

車を売るなら一括査定の利用で情報戦に勝つ!

車の売却には、いろいろな方法があることが分かりました。とくに、中古車買取店は業者の数も多く高額の買取も期待できます。しかし、買取業者ごとの買取価格を比較しようとしても、多くの買取店を回る手間と時間がかかり大変でしょう。

そこで利用したいのが、複数の買取業者の買取価格が一度に分かる「一括査定サービス」です。ここでは、一括査定について解説していきます。

査定の相場がわかる

中古車の買取価格は中古車市場の動向により日々変化しているため、現在の相場を知ることが重要です。ネットの情報だけで相場を調べることは難しいですが、一括査定を利用すれば複数の中古車業者の買取価格を一度に取得できます。

業者によって多少のバラつきはありますが、おおよそ市場価格と連動したものになっています。そのため、現在の買取相場の目安がわかるだけではなく、今後の売却交渉に生かすこともできます。

クチコミが紹介されている

一括査定サイトでは、実際の利用者からのクチコミが紹介されています。売却した車の車種別にクチコミが確認できるので、買取業者を選択するうえで大きな判断材料になるでしょう。

買取サイトを利用して、実際に買取業者に売却したユーザーの買取価格や査定方法・実体験・満足度などが記載されています。担当者の親切な対応や、業者を選択した決め手などの具体例が聞けるのはとても貴重です。

対応の良し悪しがわかる

一括サイトを利用して査定を依頼すると、電話やメールで買取業者からコンタクトがあります。電話の場合、話し方や態度から業者の質をある程度判断できるでしょう。メールの場合でも、文面から業者の対応や熱心さが見えてきますので業者選定の目安として利用できます。

とくに電話での対応では、ちゃんとこちらの意図を汲み取ってくれているか、信頼できる業者なのかなど受け答えから直接確認できます。顧客に配慮しているかどうかは、買取業者を選択するうえで重要なポイントになるでしょう。

高額査定を引き出せる

一括査定は、一度に複数の業者へ査定を依頼するシステムです。多くの投資をしてきた愛車の売却となれば、最も高額で買い取ってくれる業者に注目します。買取業者側としても1件でも多く成約させたいため、好条件を提示してくるでしょう。いわば買取業者による、競争入札のような状況になります。

ご自身でいくつもの買取業者を回って査定を受け、見積もりをとっていくのは時間や労力がかかります。しかし、一括査定を利用すれば手軽に相見積もりできるだけでなく、それぞれの業者が競争して高値を出してくれます。自分の好きな時間に自宅でできるので、とても便利なサービスといえるでしょう。

車を売るなら高額査定が期待できる時期を狙おう

車を売るなら高額査定が期待できる時期を狙おう

車には、売却しやすい時期というものがあります。また、モデルチェンジを控えた時期などは、大きく買取価格が変わることもあります。基本的に車というものは、新車登録をしたときから日々価値が下がります。高く売るには少しでも早いに越したことはありません。ここでは、いつ車を売ればお得に売却できるのかについて解説します。

新生活が始まる時期

車の売却におすすめの時期は、4月や9月といった新生活を控えた時期です。この時期は通勤や通学など、新生活に向けて新たな車の需要の増加が見込めるため中古車販売店も在庫確保に動き出します。

購入者は実際、新生活の始まる4月より前に購入するでしょう。そのため、1月~3月や7月~8月に売却すると普段の査定より割高な査定が期待できます。売却の時期に迷っている方は、1月~3月や7月~8月に査定に出してみると思わぬ高値で売却できるかもしれません。

会社の決算期

中古車販売店の決算期も、高値で売却できるチャンスです。決算期には実績をあげるため、通常よりも多く仕入れて利益を確保したいと考えます。多く売り上げるためには多くの在庫が必要となるため、在庫確保の目的で通常よりも高値での買取りが期待できるのです。

会社の決算期は3月末や6月末・9月末・12月末というところが多くあります。中でも3月決算と9月に決算を迎える会社の場合は、新生活に向けての需要も重なるため高値の査定が期待できるでしょう。

税金がかかる前

車の保有にかかる自動車税は、毎年4月1日時点での所有者に賦課されます。支払いは12か月分一括前払いです。そのため、4月1日を過ぎてから車を売ると、売却する車とこれから新規で購入する車2台分の税金を支払わなければなりません。還付金制度もありますが、戻ってくるまでに時間がかかります。

先にも触れましたが、需要の高まりが期待できる1月~3月の時期はかなり割高の査定が期待できます。税金の負担から逃れるためには、3月31日までに売却すると良いでしょう。

車検の前

車検の前に車を売るというのは、最も多い選択肢といえるでしょう。最初の車検の前なら車検費用もかからず、年式や走行距離の点でも査定に有利です。さらに、車検が長く残っている状態だと次のオーナーも得するので、価値をプラスして査定してくれるでしょう。

2度目の車検前も有力です。2度目の車検は車の使用状況によりますが、部品交換の費用が増加しはじめる時期になります。そのため、車検価格も高くなる可能性があります。乗り始めてから5年目ですとまだまだ車の価値も残っているため、車検費用の分をプラスすれば乗り換えの資金として補うことができるでしょう。

車売却に関するよくある疑問

車売却に関するよくある疑問

いざ車の売却となれば、さまざまな疑問が湧いてくるものです。そこで、車の売却時によくある疑問をまとめてみました。安心して手続きを進めるためにも、ぜひ参考にしてください。

査定額はどんな基準で決まる?

買取業者によって車の査定額は変わりますが、基本的にどの買取業者も査定基準は統一された標準査定シートをもとに行います。査定でチェックされる主な項目は、外装・内装・車の機能・年式・走行距離・事故歴・改造歴などです。これに加え、買取業者ごとに販路の大きさ(再販しやすさ)、流通ネットワークなどが考慮され買取価格が決定します。

ローンが残っている車は売却できる?

まとまった出費となる車をローンで購入されている人は少なくありません。ローンの返済途中であっても、所定の要件をクリアすれば基本的に車は売却できます。まずは自動車検査証に記載の「所有者の氏名または名称」がご自身の名前かディーラーの名前か確認しましょう。所有権がご自身の場合は、ローン完済前でも名義変更が可能、すなわち車を売却できます。

ローンのが残っている車の売却は、ローン残債確認や所有権解除など手続きが複雑になることもあります。必要な手続きについても事前に確認をしておきましょう。

古い車でも売却できる?

中古車の価値は、10年が一つの目安で中古車買取においても10年を超えたあたりから価格が下がることも少なくありません。しかし、年式が10年を超えるような古い車や修復歴のある車でも買取で値がつく可能性は十分あります。買取業者の中には、年式の古い車や多走行車、事故車を専門に扱っている業者もあるので、廃車と決める前に、まずは一度買取査定を依頼しましょう。

車を高く売るなら覚えておきたい6つのコツ

車を高く売るなら覚えておきたい6つのコツ

車を売るときは、少しでも高く売りたいと考える人が多いのではないでしょうか。業者の選定や時期も大切ですが、やはり最後は車の状態が重要になってきます。そこでここからは、売る前にこれだけはやっておきたいことをまとめました。少し気をつけておくだけで、買取価格が大きく変わることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ディーラーや個人取引より中古車買取店がおすすめ

車の買取額を重視するなら買取がおすすめです。ディーラーなどの下取りは新車購入が前提で、下取りに出す車の価値が評価されにくい面があります。個人取引は、手軽な反面いくつもの手続きを自分たちで行わなければならない煩わしさがあります。その点、買取は純粋に車の価値を評価され、車を売却できるのが特徴です。また、買取は同業他社の相見積もりによって価格を比較しやすく、より高価買取を狙えます。

2.走行距離が5万kmや10万kmになる前に売る

車は機械であり消耗品です。走る距離が少ないほうが、高い買取価格がつきます。物理的に5万kmを超えたからといって、急に車が故障するわけでもありません。しかし、健全車としての査定基準は年間1万km未満の走行なので、5万kmとなれば5年落ちと同じ価値です。

ただし、10万kmは部品の耐久性などから大台といわれています。メーカーの部品交換の目安が10万kmとなっているものが多くあるため、10万kmを超えると整備費用が増加すると考えられています。売却を考えているのであれば、走行距離が短いうちに検討しましょう。

参考: 『中古自動車査定基準』

3.純正オプションや付属品をアピール

車の買取には、グレードや装備も大きく影響します。後付けできない装備はとくにプラス査定を引き出すことになります。

純正のナビやETCなどの電装系・安全装備類・本革シートやサンルーフなどの快適装備は、メーカーのオリジナルで後付できないものです。そのため、査定には大きなプラスにつながります。これらの装備について積極的にアピールすることで、さらに高額な査定を期待できるでしょう。

もし純正オプションを外してしまった場合でも、残してあるのなら査定のときに持っていくと評価が違います。改造車はマイナス査定となりますが、純正品が残してあれば修復可能なためマイナスにはなりません。また、取り扱い説明書も査定のプラスとなる付属品のひとつです。忘れずに査定に持っていくようにしましょう。

4.車内をきれいにしておく

車の中をきれいにしておくことで、マイナス査定は避けられます。なぜなら、車内をきれいにしている人は日頃から車の手入れを丁寧に行っていると思われて好印象につながるからです。逆に汚い車だと査定士も警戒して、傷や故障がないかどうか念入りにチェックするでしょう。

ただし、きれいだからといって査定にプラスになることはありません。場合には、入念に清掃し過ぎてシミや傷をつくってしまうかもしれません。シミや傷がつくとそれはマイナスポイントになります。人が不快に感じない程度に清掃しておくと良いでしょう。

5.小さな傷は消しておく

車のボディーについた小さな傷は、目立つ場所にあると印象が悪くなり査定にも悪影響を及ぼしてしまいます。カー用品店やホームセンターへ行けば、傷を消すコンパウンドなどが並んでいます。それらを利用して消しておきましょう。

ただし、違和感がある仕上がりだと傷と同等もしくはそれ以上のマイナスになることがあります。自分で対処するときは、仕上げ具合に気をつけましょう。自信がなければ素直にマイナス査定を受けるほうが良い場合もあります。

なお、大きな傷や凹みなどは自分で修理できません。修理に出しても、査定額より修理代金が上回ってしまう可能性もあります。大きな傷や凹みはそのまま査定してもらいましょう。

6.価格交渉の準備をする

価格交渉するときは相場をチェックしているのではなく、本気で買取にのぞんでいることを積極的にアピールすると良いでしょう。具体的な金額の提示や売却する理由なども会話に盛り込むことで、買取業者に本気度を示せます。印鑑や必要な書類といった小物を事前に準備しておくのも良いでしょう。

売却を考えて査定をお願いしていることを示すと、買取業者にも本気度が伝わります。買取業者も見込み客は離したくないので、好条件を出してくるようになるでしょう。また、代車を借りるのを前提に買取を依頼したい場合も、最初から代車に関する話をすることはおすすめできません。交渉のはじめに伝えてしまうと、代車にかかる諸経費を引かれ買取価格を提示される可能性もあるので、代車の交渉は、契約寸前に行うと良いでしょう。

車を売るなら買取カービューの一括査定サービスがおすすめ!

先述のように、買取価格重視で車を売りたいなら、複数の買取業者の相見積もりがおすすめです。買取カービューの一括査定サービスなら、一度の入力で条件に合った複数の買取業者に査定を申し込めます。

    買取カービューのおすすめポイント
  • 入力フォームは9項目、最短45秒程で申し込み完了
  • 車一括査定サービスの中で一番の歴史と実績を持つ
  • 提携業者数は、安心のJPUC加盟業者も含め230社以上
  • 事故車や不動車などの買取も対応

まとめ

まとめ

車を売却するにはいろいろな方法がありますが、車を売るなら一括査定サービスがおすすめです。自分の好きな時間に自宅から簡単にできるため、手間や時間が節約できます。一度の入力で複数の買取業者の見積もりが取得できるほか、高価買取も期待できるでしょう。

一括査定サイトもいろいろありますが、買取カービューでは最大10社まで一括査定を申込みできます。提携業者も全国ネットワークのため充実しています。ぜひこの機会に買取カービューの愛車無料一括査定サービスをご利用ください。

利用実績450万人突破!!
見積額を比較できるから高く売れる!あなたの愛車を1番高く売ろう!
サービスの流れ
  • お見積もりを依頼
  • 買取店から電話か
    メールでご連絡
  • 査定を実施
  • 査定額を比較し
    売却先を決定

LINEヤフー株式会社は、一般社団法人日本自動車購入協会のウェブサイト監修を受けています。

中古車一括査定サービスご利用ユーザー様の声

買取カービューの愛車無料一括査定サービスを利用したユーザーのクチコミです。一括査定ならではの評判・体験談をチェックしましょう。

  • トヨタ プリウス
    実際の査定金額
    70.0万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    3.5
    ユーザーコメント

    オートバックスの担当者の対応や説明が良心的で、査定額を前提なしに短時間で提示し、大変信頼できると思った。当初はほぼこちらに決めていた。しかし、最後になってビッグモーターからさらに高い金額が示されたので、決めた。

  • ホンダ フィット
    実際の査定金額
    63.9万円
    見積り数
    5社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    一番高い値段を出して頂き、来て頂いた営業も とても感じのいい人であった。 後からクレームなど無し、という条件をのんで 頂いた上での交渉でしたが、価格決定後に、 無料でクレームガード保証も入れて頂き、とても安心したお取引が出来ました。 是非車を売却する際にはまたお願いしたい。

  • 日産 セレナ
    実際の査定金額
    75.0万円
    見積り数
    8社
    査定満足度
    5
    ユーザーコメント

    はじめて車を売却するので同時刻に合同査定をしていただきました。合計8社の中ダントツぶっちぎりの高値を出していただいたのがユーポスさんです。やっぱり値段で決まりですね。

最大10社の見積り額を比較できるから高く売れる!
3社以上の比較で平均20.2万円差が出る!※2

※  当社は、クチコミの内容およびこれを利用した結果について、何ら保証するものではなく、一切の責任を負いません。

※1 2019年4月時点 当社調べ