一時抹消手続きに必要な書類は?

一時抹消登録とは「自動車の使用を一時中止するための手続き」。長期間自動車を使用せず(=公道を走らない)、保管のみする場合に行う手続きです。所有者が長期出張や入院する場合、また中古車販売店が在庫として自動車を保管する場にこの手続きを行ないます。一時抹消登録すると、抹消登録証明書が交付され、再登録すれば再び公道を走ることができます。

自動車検査証(車検証)

自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。車検対象自動車に交付され、車検や街頭検査の際などに車両の状態が車検証の記載通りであるかどうか確認されます。
車検や各種手続きを行う上で最も重要な書類で、この記載内容次第で追加の書類が必要になったり手続きが受けられなくなることもあります。
特に「所有者」と「使用者」の欄に別々の名前が記されている場合には、手続きを行う際に両者の書類が必要になることがあります。

抹消登録申請書

一時抹消登録の際に、一時抹消登録証明書を発行するために必要な用紙です。
手続きの当日に運輸支局で購入することができます(100円程度)。
代理人が一時抹消登録を行う場合は、その方の氏名・住所を記載してください。

印鑑証明書

お住まいの市区町村役場に登録を行った印影の証明書です。
実印の押印が必要な手続きをする際に、この押印は実印であると証明するためのものです。
廃車手続きの際には必ず印鑑証明書が必要になります。

手数料納付書

一時抹消登録の際に手数料を納めるための書類です。
こちらに手数料に相当する金額の印紙を貼り付けて申請を行います。
手続きの当日に運輸支局で配布されます。

運輸支局での手続き

事前準備

運輸支局に行く前にあらかじめ準備しておくことは以下の2点です。

  • 自動車のナンバープレートを外す。
  • 運輸支局外で用意できる書類を揃える。

運輸支局内で書類を揃える

運輸支局に到着したら、まず支局内で手に入る書類を集めます。

  • 抹消登録申請書
  • 手数料納付書

いずれも運輸支局内の用紙販売所にて入手できます。

ナンバープレートを返却

外して持参したナンバープレートを返却します。返却すると、手数料納付書にナンバーを返却したと証明する確認印を押してもらえます。

書類の記入・提出

先ほど入手した抹消登録申請書、手数料納付書に必要事項を記入した上で、すべての書類を持って窓口に提出します。提出すると「抹消登録証明書」という書面が渡されて一時抹消登録は完了となります。この抹消登録証明書は、再度自動車を走れるように登録する場合や永久抹消登録(解体届出)をする際に必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

自動車税の抹消申告

廃車手続きが完了したら、運輸支局に隣接する自動車税事務所で自動車税の抹消申告を行います。
翌年度まで自動車を使用しない期間が続く場合は、これを行うことで次年度の自動車税納付書が送られて来ないようになります。また一時抹消登録を行った翌月から年度末までの分に相当する自動車税が返還されます(自動車重量税は返還されません)。

買取サービスの流れ

  1. ①WEBまたは電話でお申込み

    お車やご連絡先の情報をもとに、条件に合った査定会社を最大8社までご紹介。その中から実際に査定を受けたい会社を選んで(複数社選択可)ください。

  2. ②カービューより確認メール

    株式会社カービューより、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが送信されます。24時間以内にメールが届かない場合はよくあるご質問をご確認ください。

  3. ③査定会社よりご連絡

    各査定会社よりお客様に、2営業日以内にご連絡。電話もしくはメールにて、愛車の相場情報や出張査定のご案内などをお知らせいたします。